公費による資料の購入

雑誌の定期購読

研究室・教員個人の予算等で雑誌の定期購読をする場合の申込方法をご案内します。
図書館で購読している雑誌との重複は、蔵書検索サイト(OPAC)、電子リソースポータルでご確認ください。

新規申込

「雑誌購読依頼書」(Word)(PDF)に必要事項を記入し、学部会計担当に提出してください。
学部会計担当者は予算等を確認後、附属図書館雑誌情報係へ「雑誌購読依頼書」を送付してください(メール添付可)。書店への発注は附属図書館が行います。

対象となる雑誌の範囲

  • 教員が教育研究費で定期購読する逐次刊行物(冊子・電子ジャーナル※)
    ※電子ジャーナルについては、契約条件や価格体系が特殊な場合があるため、価格等を調査した後、発注可否を再度確認する場合があります。

【購入対象外となる雑誌】

  • 教育研究費で購入する雑誌であっても、事務部門が使用するもの
  • 新聞、ニュース類
  • 会費払いにより入手できる雑誌
  • 切り抜く、書き込むなど、研究材料として消耗することが予定される資料

使用可能な予算

通年及び複数年度に渡って予算を執行しますので、毎年継続的に配分され、年度当初及び年度末の時期でも安定的に利用できる運営資金(研究経費・教育経費等)、寄付金をご指定ください。
継続購読中の雑誌については、後述の年間スケジュールに従って次年度の購読予算を照会いたします。年度途中での予算変更には原則対応しておりませんので、ご留意ください。
また、洋雑誌は4~5月頃に一括前払(冊子体の場合は年間購読料金の90%、電子ジャーナルの場合は100%)いたしますので、その時点で使用可能な予算をご指定ください。

申込後の年間スケジュール
1.購読継続調査

8月 翌年の購読継続調査および予算の確認(洋雑誌)
2月 翌年度の購読継続調査および予算の確認(和雑誌)

2.購読期間・支払い
和雑誌

購読期間 4~3月
支払い 毎月の納入分を月締めで支払い

洋雑誌

購読期間 1~12月
支払い 4~5月洋雑誌の一括前払(冊子体の場合は年間購読料金の90%、電子ジャーナルの場合は100%) 3月冊子体の精算(90%を越えて納品された分の追加支払、または納品されなかった分の払い戻し)

※一部例外となる雑誌については個別に連絡します。

購読中止

購読継続調査の際に「中止」とご連絡ください。中止のご連絡がない限り、次年の購読は自動的に継続されます。
原則として年間契約の雑誌を中途解約することはできません。和雑誌の月毎支払の雑誌は解約が可能なものもありますので、中途解約をご希望の場合は個別にご相談ください。

雑誌の送付(冊子体購読の場合のみ)
図書館で検収の上、学内便にて研究室にお届けします。

よくある質問
雑誌のバックナンバーを購入したい
通常の図書と同じ扱いになります。MyLibraryから購入依頼を行ってください。
電子ジャーナルが利用できる雑誌の冊子体を購読したい
大学として電子ジャーナルのパッケージ契約を交わしている出版社(Springer等)の雑誌は、冊子版を新たに購入するとパッケージ全体の価格が上昇する場合があります。電子ジャーナルが利用可能な場合、冊子の契約をお断りすることもございますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
図書館に置く雑誌を新規購読してほしい
図書館備え付けの雑誌は、各部局等からの代表者によって構成される学術基盤資料選定委員会の審議により選定しております。予算が逼迫しているため、新規の購読は大変難しい状況となっておりますが、学部の委員を通して希望を出していただくことは可能です。
部局予算等で購入する雑誌を図書館に配置したい場合は、別途ご相談ください。
大学で契約していない電子ジャーナルを論文単位(Pay Per View)で購入したい
図書館を通した購入ではなく、立替払いとなりますので、各学部の担当窓口へお問い合わせください。
担当係

<担当係>
雑誌情報係
E-mail:tkzashi@acs.u-ryukyu.ac.jp

研究室備付図書の購入

運営費交付金・外部資金で図書を購入する場合は、一部を除き、MyLibraryから購入依頼を入力してください。立替払いや請求書払いで図書を購入した場合も、My Libraryから購入依頼が必要です。その場合はコメント欄に「購入済」と入力をお願いします。入力がない場合は図書館から業者に発注しますのでご注意ください。

図書の範囲

附属図書館で取り扱う図書は下記の通りです。

  • 財務会計システムで取り扱うもの以外すべて

財務会計システムで取り扱うものは下記の通りです。

  • 雑誌、新聞等の逐次刊行物
  • 逐次的、かつ累積的に内容が改訂される資料(追録等)
  • DVD、CD等の視聴覚資料
  • 事務用資料(事務担当部署で購入する資料)
購入の流れ
  1. 【教員】My Libraryから購入依頼を入力してください。
  2. 【図書館】図書を発注します。
  3. 【図書館】納品検収・受入・登録・支払いを行います。
  4. 【図書館】研究室備付処理を行い、学内便で所属部局等へ送付します。
立替払い・請求書払い購入の流れ

教員は、通常、自ら発注できません。ただし、用務先で急きょ必要となった場合や、その場でしか購入できない場合は立替払いが可能です(総額10万円未満)

  1. 【教員】My Libraryから購入依頼を入力してください。コメント欄には「立替払い済」や「生協で取り置き済」等の特記事項を入力してください。
  2. 【教員】図書とともに支払い書類(立替払いの場合は部局決裁済の「立替払い請求書」)を図書情報係へ送付してください。

→ 以下、 「購入の流れ」3以降と同じです。

図書の購入依頼方法

MyLibraryにログインし、「教員予算図書購入依頼」から申し込みを行い

  1. 書誌事項は書名やISBN等を正確、かつ、不備のないように入力してください。「入力補助」でCiNii Booksからの流用入力も可能です。
  2. ご希望の予算を選択してください。
    希望する予算が選択項目にない場合は、図書館システム教員予算設定申込書(エクセルファイル)のフォームに予算情報を入力のうえ、図書情報係へメール添付でお送りください。
  3. 「使用予定期間」を選択してください。
  4. 「コメント欄」には、「立替払い済」や「生協で取り置き済」等の特記事項を入力してください。
研究室備付図書の管理について

研究室備付図書は法人の資産であり、適切な管理が必要です。定期的に点検を実施していますので、ご協力よろしくお願いします。退職又は転出される場合は、研究室備付図書を図書館へご返却ください。
詳細は「研究室備付図書の管理について」をご覧ください。

注意事項
  • 発注から学内便送付まで、和書は10日~3週間程度、洋書は10日~5週間程度かかります(在庫状況により納期が異なります)。
  • 立替払いや請求書払いでの購入は、物品購入等と同じく総額10万円未満です。原則、納品から14日以内に図書とともに支払い書類(立替払いの場合は部局決裁済の「立替払い請求書」)を図書情報係へ送付してください。
  • 財務会計システムへ登録するまでにタイムラグがあります。予算管理の際は残高や使用期限等にご注意ください。
  • その他、図書の購入に関するお問い合わせは、図書情報係へご連絡ください。
担当係

<担当係>
図書情報係
E-mail:tktosyo@acs.u-ryukyu.ac.jp