文庫・コレクション一覧

文庫・コレクション一覧


コレクション名 受入年
(西暦)
コレクション概要 所在 利用方法
伊波普猷文庫 1955  沖縄学の先駆者、伊波普猷(1876~1947)の旧蔵資料である。昭和30(1955)年購入。161冊。『屋嘉比工工四』(昭和33年沖縄県有形文化財指定)、『おもろさうし』(田島本/仲吉本)、『喜安日記』など貴重な資料を所蔵する。 貴重資料室 こちらをご確認ください
George H.Kerr関係資料 1955~1987  Kerr(1911~1992)は『琉球の歴史』の著者で米国ハワイ在住の歴史学者。Kerr文庫は1955年からKerr氏の死去直前の1987年までに寄贈されたものの中から約200点の沖縄関係資料だけを抜き出したもの。
内容はカー氏の著書を含む沖縄・八重山の歴史、文化、民俗等の論文を含む資料である。
沖縄資料室(閉架)/一般配架
島袋源七文庫 1957  沖縄の土俗・民間伝承研究に大きな足跡を遺した島袋源七(1897~1953)の旧蔵資料の一部である。昭和32 (1957) 年購入・受入。115冊。民俗学関係資料、とくに山原(沖縄本島北部)地域の資料を多く所蔵する。 貴重資料室 こちらをご確認ください
E.R.Bull文庫 1959  E.R.Bull氏(1876~1974)は米国のメソジスト教会の宣教師。明治末から大正期頃九州・沖縄教区に10有余年滞在し、布教に尽力した。
信者とともに振興を通して沖縄の民間信仰およびキリスト教に関する資料を収集するかたわら、自らも沖縄の歴史、民俗、宗教など多岐にわたる研究を行った。とくにベッテルハイム研究に深い造詣をもった。
 昭和34年560余点が寄贈されたが、本文庫には、氏の研究をささえた資料がまとまって入っており、また戦前の沖縄を伝える貴重な写真などもふくまれる。
貴重資料室 こちらをご確認ください
宮良殿内文庫 1962  宮良殿内(みやらどぅんち)というのは、代々八重山の頭職を勤めた宮良家に対する尊称である。したがって宮良殿内文庫というのはこの家に伝来した資料を一括して総称した名称である。 貴重資料室 こちらをご確認ください
奥里将建関係資料 1965  沖縄県宜野湾市出身の奥里将建氏(1888~1963)は、国文学および方言学の研究に大きな功績を遺した学者である。
 氏の旧蔵資料の大半を占める4600余冊が昭和40年4月に購入寄贈として受け入れられた。
 同文庫の特色は、国語国文学および方言関係資料である。
貴重書室/図書書庫(和)/一般配架
仲原善忠文庫 1967  沖縄の歴史やおもろの研究に大きな業績を遺した仲原善忠(1890~1964)の旧蔵資料である。昭和42(1967)年受入。3288冊(うち寄贈916冊、沖縄関係図書463冊)。歴史・文化史関係の資料を多く所蔵する。 貴重資料室/図書書庫(和)/一般配架 こちらをご確認ください
松田貢関係資料 1976  沖縄近代史、とくに琉球王国時代の海外交渉史の研究に大きな業績を遺し、将来を嘱望されながらも若くして逝去した松田貢氏の旧蔵資料である。昭和51年1月に629点余が受け入れられた。
 文庫資料の特色は、ハワイ関係資料および外国人の日本研究資料、沖縄関係の資料などである。
一般配架
白鳥郁郎文庫 1978  白鳥郁郎氏の蔵書であったドイツ文学、日本文学等の蔵書。白鳥郁郎氏は東京帝国大学独文学科を卒業後、白百合短大講師、昭和女子大学助教授、慶感大学助教授を歴任した。 図書書庫(和)
宮里政玄関係資料 1982  昭和57年3月に琉球大学を退官された宮里政玄教授は、国際関係論および外交史の研究における20年間にわたって収集した沖縄関係の貴重な戦後資料を後学の研究者のためにと、昭和59年6月に寄贈された。文庫の中には、昭和17年から26年までの米国務省の沖縄関係行政文書や昭和22年から35年までの極東軍司令部の「沖縄の軍政計画に関する資料」、マッカーサーライブラリーの「G2の報告書」写しなど貴重な資料が多く含まれている。 図書書庫(和)/一般配架
平良文太郎文庫 1984 寄付された図書整備基金500万円より購入 図書書庫(和)
西脇昌治関係資料 1984 本学海洋学科の創設にかかわり、“クジラ博士”として知られた西脇昌治名誉教授の蔵書である。海洋関係の専門書、学会誌や「海の百科」等が含まれる。 図書書庫(和)
矢内原忠雄文庫 1988/1995  経済学者、教育者、伝道者(無教会派)として知られ、沖縄とかかわりの深い元東京大学総長矢内原忠雄(1893~1961)氏の旧蔵資料。昭和63年に約650冊、平成7年に199冊ご子息の矢内原勝氏より寄贈された。
 本文庫の資料は、矢内原忠雄氏の自著をはじめ宗教、歴史、社会科学分野の資料が主体で、なかでも自著『植民及び植民政策』、『南洋群島の研究』の原稿、それらを著すための樺太、満州、朝鮮、台湾、南洋群島といった戦前の日本の旧植民地・占領地についての原資料群はその中核をなしている。
図書書庫(和)/貴重資料室 貴重資料室の利用についてはこちらをご確認ください。
大濱晧文庫 1988  石垣市出身の大濵晧氏は、名古屋大学名誉教授で、定年退官後の1971年から4年間は琉球大学教養部教授として東洋思想、倫理学の講義を担当した。 専門は中国哲学で、伝統的な中国哲学研究にとどまらず、日本・中国における古典解釈のほかに、ヨーロッパにおける中国古典研究への言及、ヨーロッパ哲学との比較を行ったことが特徴として挙げられる。1988年3月に大濵氏の旧蔵資料が当館寄贈された。内容は唐本・和刻本の秩入刊で、内容も「老子」「荘子」や宋学関係と大濱の研究を象徴するものとなっている。 漢籍:沖縄資料室(閉架)/一般図書:図書書庫(和)
原忠順文庫 1989  原忠順(1834~ 1894)は、初代沖縄県令鍋島直彬(在任期間: 18791881)と共に、沖縄県の大書記官として琉球処分(1879)直後の沖縄県の初期県政を支えた人物である。文書は琉球評定所記録や江戸上り関連文書、辞令書、原忠順のメモ類の他、琉球処分をめぐる中央政府との確執が赤裸々に語られている書簡類数百通が含まれている。琉球処分に関する一次資料がこれだけ多量にふくまれている資料群は他に例がなく、歴史の空白部分を埋めるに足る貴重な文書類である。 貴重資料室 こちらをご確認ください
湧川清栄文庫 1989  湧川清栄氏(1908-1991)は沖縄県今帰仁村出身。日布時事(現布哇タイムス)の新聞記者、ハワイタイムス編集長を歴任し、シカゴ、ハ-バ-ド大学等でも教鞭を取っていた。1989年に寄贈された図書は大部分が洋書であり、政治。経済・社会学・文化人類学、歴史、地理等の分野が充実している。 図書書庫(和)
仲宗根政善文庫 1990  沖縄方言研究に大きな業績を残した元本学名誉教授故仲宗根政善氏の研究資料を同氏から譲り受けたもの。今帰仁方言辞典に関する方言研究、調査資料等のノ-ト類。 貴重資料室 こちらをご確認ください
崎原貢関係資料 2002  崎原貢氏は、1927年那覇市生まれ。元ハワイ大学教授、元ハワイ国際大学学長。寄贈資料は、図書、雑誌、複製本、パンフレット類あわせて約2400点。沖縄の歴史に関する資料が多いのが特徴である。 貴重書室/一般配架
奥田靖雄文庫 2008年  言語学者奥田靖雄氏旧蔵のロシア語で書かれた言語学に関する図書資料 図書書庫(和)
中山盛茂・満関係資料 2014  ノロや民俗史の研究分野で活躍した盛茂氏が1960年頃に各地の祭祀に関する資料を撮影した調査写真や、移民研究に携わった満氏の調査資料等 沖縄資料室(閉架) 整理作業中
喜舎場一隆関係資料 2016  元本学法文学部教授で、在職中は日本史・琉球史を担当した喜舎場一隆氏旧蔵である琉球史・日本史関係の書籍・研究ノート等 沖縄資料室(閉架) 整理作業中