活動制限指針「レベル2」における図書館サービスについて

2022年1月11日より本学の活動制限指針のレベルが「2」に変更されました。附属図書館におきましては、感染拡大防止対策を講じつつ、引き続き館内サービスを実施いたします。ただし、館内の状況によっては、入館制限等を実施する場合がございますのでご了承ください。サービスの詳細については下記をご参照ください。

1. 利用できる方

  • 琉球大学の学生・教職員

2. 館内サービス

  • 館内での資料の利用(閲覧・貸出・複写)及び、学修の場としての座席等の利用(座席数の制限や混雑時の入館制限等、三密を回避する感染拡大防止措置を講じる)
  • 本館ラーニング・コモンズ、多目的ホール、グローバル・コモンズ津梁、医学部分館ゼミ室での遠隔授業の受講及び、オンラインセミナー等の受講(発話を伴う遠隔授業等の受講も可とする。但し、グループディスカッション等複数人が集合しての発話については密が発生するため不可)
  • 新聞室マイクロ資料室貴重資料室の資料の予約閲覧
  • 大学院生TAによる学修相談
  • ラーニング・コモンズ等での講義での利用

3.オンラインサービス

4. 開館日・開館時間

5. 新型コロナウイルス感染拡大防止のための留意事項

  • 体調がすぐれない方は来館をご遠慮ください。
  • 入館の際は必ず手指の消毒し、館内滞在中もこまめに消毒を心がけてください。
  • 館内ではマスクを着用してください。
  • 館内では人との距離を保ち、密接を避けてご利用ください。
  • 館内では私語を慎み、滞在時間を必要最小限にしてください。

6.その他

  • 新型コロナ感染状況や学内状況等の変化に応じて、サービス内容の見直しを行う場合があります。