琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブを正式に公開いたしました。

2020年8月3日、旧デジタルアーカイブからのコンテンツ移行作業完了に伴い、琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブを正式に公開いたしました。


琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ
https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/


今後、旧デジタルアーカイブ以外で公開されてきた仲宗根政善言語資料データベースや矢内原忠雄植民地関係資料データベースや電子未公開資料の公開を進めていきます。なお、旧デジタルアーカイブ(http://manwe.lib.u-ryukyu.ac.jp/d-archive/)は、2020年9月25日をもって、閉鎖いたします。

新デジタルアーカイブでは、デジタル画像の公開・共有における国際的な標準、International Image Interoperability Framework(以下、IIIF)への対応を行っています。IIIFに対応した国内外のデジタルアーカイブで公開されている画像との比較が容易に行えます。また、IIIF向けに開発されたさまざまなツールを活用することも出来ます。


【当館所蔵の浦添家本伊勢物語と国立国会図書館所蔵の伊勢物語を比較した例】


加えて、正式公開にあたり、国立情報学研究所の学術機関リポジトリデータベースと連携しました。この連携により、国立国会図書館の国立国会図書館サーチでも本デジタルアーカイブのコンテンツが検索可能になっているほか、ジャパンリンクセンターを通じてDOIの付与も行っています。現在2コンテンツ([琉球人行列図錦絵]:10.24564/ot00101、[マッカーサー書簡]:10.24564/ot00201)のみDOIを付与していますが、対象コンテンツを拡大していきます。

今後も、コンテンツの拡充及び外部との連携を拡大し、琉球・沖縄関係資料の利用可能性と発見性の向上に努めて参ります。

新デジタルアーカイブの構築は、令和元年度学内研究環境整備費により実施したものです。


DOI
Digital Object Identifierの略称で、デジタルなオブジェクト(もの)に対して付与される識別子です。
今回のデジタルアーカイブのシステム改修でも生じてしまいましたが、URLはサーバ移行等で変更されることがあります。DOIを付与することで、DOIを通じてオブジェクトへ永続的なアクセスを行うことができます。

Published:2020/08/03
Last Updated:2020/08/03