学外者の利用について

1.はじめに

2.ご利用になれる方

3.利用の手続き

  1. 一時的に利用される場合
  2. 館外貸出を希望される場合
  3. 貸出申請のためのご注意
  4. 貸出申請のために必要な書類

4.ご利用の方法

  1. 開館時間・休館日
  2. 入館・退館
  3. 蔵書検索
  4. 閲覧
  5. 貸出
  6. 返却
  7. レファレンス・サービス
  8. 文献複写
  9. 図書館利用のマナー
1.はじめに

  • 琉球大学附属図書館は、本学における学習・教育・研究を支援する学術情報基盤であり、構成員に対するサービスを第一義的な目的として運営されています。 また、学校教育法等に示された理念に基づいて、本学構成員に支障のない範囲で学外の皆様の生涯学習や研究活動の利用にも対応しています。


  • 琉球大学附属図書館では当初から一般県民に広く開放しており、入館者記録簿に記録しますと、閲覧は自由に出来ます。平成9年からは学外者用貸出カード(以下貸出カード)を発行し、学外者への貸出も行っております。

このページのトップへ

2.ご利用になれる方

  • 県内に在住し、直接図書の貸出および返却が出来る方に限ります。
  • 他大学及び各種学校の学生は所属する図書館をとおしてILL(相互貸借)をご利用下さい。

3.利用の手続き

3.1 閲覧される場合

閲覧をご希望の方は、図書館入り口の学外者記録簿に、必要事項を記帳していただければ利用が可能です。

3.2 館外貸出を希望される場合

貸出が可能なのは本館のみです。医学部分館では学外の方に貸出は行っていませんので、ご了承下さい。貸出を希望される方は、「琉球大学 利用者登録申請書」に住所、氏名、利用目的等の必要事項を記入し、身分を証明するもの(免許証・パスポート・保険証等)を提示してください。
申請受付時間は閉館30分前までです。貸出できる貸出カードの発行は、後日受け取りに来館して下さい。

3.3 貸出申請のためのご注意

  • 貸出を希望されるときは、申請書中の「利用目的」欄に具体的に記述してください
  • 貸出希望者は、「貸出カード」に貼付する写真(3×2.5cm程度)1枚が必要です。
  • 以上により、登録後1年以内有効な「貸出カード」を交付します。ただし、申請書等に不備がある場合は、交付できないことがありますので、あらかじめご承知おきください。
  • 「貸出カード」の期限が切れたときは、4回(最長5年間)まで更新手続きがとれます。
  • 「貸出カード」は大切に保管していただくとともに、紛失や住所変更等の場合はすみやかに申し出てください。

3.4 貸出申請のために必要な書類等

  • 身分を証明するもの(免許証・パスポート・保険証等)
  • 利用者登録申請書必要です。
  • 写真(3×2.5cm程度)1枚

このページのトップへ

<利用手続一覧>

利用区分

利用者票

手続場所

必要書類

交付

貸出 発行(写真付) 本館館受付カウンター 身分を証明するもの
利用者登録申請書
写真(3×2.5p)
 

このページのトップへ

4.ご利用の方法

ご利用になる図書館の利用案内をご覧下さい。

問い合わせ先一覧

4.1 開館時間・休館日

ご利用になる場合は図書館の 開館カレンダーをご覧下さい。

このページのトップへ

4.2 入館・退館

入退館時は入退館ゲートのバーを押して入退出してください。
正規の貸出手続をせずに図書館資料を館外に持ち出そうとすると、警告音が鳴ります。 貸出手続を行ってください。

このページのトップへ

4.3 蔵書検索
図書館ホームページ蔵書OPACをご利用ください。
携帯電話からもWeb経由で蔵書検索ができます。携帯用OPACをご利用ください。

このページのトップへ

4.4 閲覧

本館、分館の閲覧室及び書庫にある資料は、各自で資料を探し所定の閲覧席で静かに閲覧してください。資料の場所がわからない場合は職員にお尋ね下さい。利用できる図書は館内所蔵の図書のみです。利用の終わった資料(文献複写時も)は必ず元の位置に戻してください。

このページのトップへ

4.5 貸出

4.5.1前述の「琉球大学附属図書館登録申請書」により館外貸出を希望して「貸出カード」を交付された方は、次の条件で貸出ができます。貸出希望図書と貸出カードを添えて、閉館30分前までにカウンターで手続きしてください。

  • 貸出冊数:3冊  貸出期間:14日

  • 貸出対象図書(次項)に限ります。

  • 借りたままの貸出期限更新(延長)はできません。必ず返却してください。期限内に返却されないときはペナルティがつき、利用が取り消されることがあります。

  • 資料を汚損または紛失した場合は、弁償していただきます。

  • 本学の学習・教育・研究上必要が生じたときには、貸出中でも返却を求めることがあります。

4.5.2 貸出対象図書

貸出の対象となる資料は館内所蔵図書に限ります。
ただし、次の資料は貸出できませんのでご注意ください。

  • 雑誌、新聞、新着図書、指定図書、参考図書、大型コレクション・法学関係資料、マイクロ資料、視聴覚資料

  • 沖縄資料(閉架)及び貴重書庫収蔵図書

このページのトップへ

4.6 返却

本館で直接帯出された図書は返却期限までに、開館中は貸出・返却カウンター、閉館後は玄関前の返却ポストにお返しください。

このページのトップへ

4.7 レファレンス・サービス

本館2階の参考図書室には、辞典・事典、便覧・ハンドブック、各種目録・書誌類、索引・抄録誌などを配架しています。
資料の所在、文献調査、事項調査等について不明な場合は、参考調査係のレファレンス・デスクの係員が調査方法をお教えします。

このページのトップへ

4.8 文献複写

本館、医学部分館に図書館資料複写のためにコイン式複写機を設置しています。 なお、図書館における複写は、法律の定めによって、営利を目的とせず、著作物の一部分を一人に1部複製するという範囲で許容されていますので、遵守願います。 本館のコピー機は2階玄関を入って左手、医学部分館は1階複写コーナーにあります。利用は閉館15分前までです。

このページのトップへ

4.9 図書館利用のマナー

  1. 静粛に。試験期の座席利用はご遠慮いただく場合もあります。

  2. 携帯電話はマナーモードで、使用は決められた場所で。

  3. 館内での飲食はできません。喫煙は図書館外の指定場所で。

  4. 情報機器や電子情報類の不正使用はやめましょう。

  5. 館内では貴重品等は放置せず必ず身に付けてください。

このページのトップへ

[戻る]