Library Services Development Organization Statistics Collection FloorGuide Access

沿革
創立からのあゆみ
昔の図書館
昔の図書館
1950年 首里城址に琉球大学開学。図書館は琉球大学文化センター(250.8)として開館
1955年 志喜屋記念図書館(2,495)が落成、開館
1967年 図書館報「びぶりお」創刊
1972年 沖縄県本土復帰。琉球大学は国に移管され国立大学となる
1981年 琉球大学のキャンパス移転に伴い、千原団地に中央館新館(6,143)が落成、開館
1982年 閲覧業務を電算化。以後他業務を電算化
1984年 上原団地に医学部分館新館(1,403)が落成、開館
1986年 学術情報センターと図書館ネットワークを接続。
国連寄託図書館となる。
沖縄関係資料収集整備事業に対して国立大学図書館協議会賞受賞
   
今の図書館
今の図書館
1990年 オンライン蔵書目録(OPAC)検索サービス開始
1994年 CD-ROMサーバーを導入、ネットワークでのデータベース検索サービス開始
本館増築(3,016
1996年 ホームページを開設
図書館ボランティア制度導入
1997年 電子情報係を新設し、情報リテラシー教育を開始
1998年 自己点検評価報告書No2を発行
研究開発室発足(科研補助金で琉球語音声データベース作成。3年計画)
学術資料情報提供システムを稼働
海外衛星放送受信システムを稼働
1999年 DLS(デジタルライブラリーシステム)を導入し、サービス開始
本館積層書庫部分を増設
2000年 ホームページからのILL依頼や図書購入申込サービスを開始
自己点検評価報告書No3を発行
琉球大学附属図書館の将来構想策定
貴重書庫を設置
2001年 電子ジャーナルを導入
那覇市で貴重書展を開催
情報ラウンジを改装
琉球大学史展示コーナー設置
2002年 那覇市で貴重書展を開催
2003年 セルフ貸出機を設置
名護市で貴重書展を開催
2004年 西原町で貴重書展を開催
2005年 糸満市で貴重書展を開催
館内に無線LANを設置
2006年 延世大学中央図書館(大韓民国)と国際交流協定締結
北谷町で貴重書展を開催




ページTOPへ   琉球大学附属図書館概要TOPへ   HOME