「日本経済新聞CD-ROM」の使い方


[back][home]

検索を始める前に検索年代を選びクリックしてください。
プログラムが起動すると、アイコンの解説が表示されます。

 

 1.検索方法  

 メニューの「検索」→「記事検索」(または「記事検索」アイコン)をクリックして、キーワード入力画面を開きます。
 操作には、プルダウンメニューを使用する方法と、マウス操作でアイコンを使用する方法があります。


 

 「キーワード入力」 

  1.  キーワードの便利な入力方法として、「部分一致検索検索」を利用できます。
      (1)前方一致:文字列@、(2)後方一致:@文字列、(3)両端一致:文字列@文字列
  2.  部分一致検索を利用して、キーワードを一覧表示することができます。
  3.  論理記号を使った検索式による検索ができます。
      ()、AND、OR、NOTが使用できます。
      また、半角文字の場合は、大文字・小文字の区別はありません。


 「入力支援機能」として、シソーラス(用語集)を利用することができます。
 シソーラスの階層構造を利用して、上位語に%を付けることで下位語を含めた一括検索が可能です。
 シソーラスで検索語句を選択し[OK]ボタンをクリックすると、
  キーワード入力エリアに%付きのデータが自動的に入力されます。


 キーワード入力後、「検索」をクリックすると、見つかったデータ件数をを表示します。

 「検索の続行=AND,OR検索」 

 検索件数の結果によって、検索範囲を広げたり、絞り込んだりする場合は、「検索続行」メニューを開きます。
 検索続行には3つの機能があります。

  1.  キーワードを追加し絞り込む:検索式のAND検索と同じ効果がある。
  2.  キーワードを追加し広げる :検索式のOR検索と同じ効果がある。
  3.  特定の記事を除く :検索式のNOT検索と同じ効果がある。

 検索式との違いは、検索件数の結果を見ながらキーワード追加を行える簡便さにあります。

 

 

 「検索結果の表示」 

 「見出し一覧」をクリックすると、検索された記事の見出しが新しい順に一覧表示されます。
   (「ソート」ボタンで古い順、新しい順の切り替えが可能です)


 見出し一覧表示画面のデータにカーソルを合わせて、[Enter] キーを押すかクリックして反転表示させ、本文または抄録ボタンをクリックすると、記事本文、記事抄録が表示されます。


 2.印刷方法  

 印刷は見出し一覧/記事本文のどちらからでも行うことができます。

 見出し一覧からは、印刷対象として「記事見出し」「記事本文」「記事抄録」を選択して印刷できます。
 印刷の範囲として、次のいずれかが選択できます
 検索された記事すべてを印刷
 画面表示されている記事を印刷
 選択した記事のみを印刷


 

 3.ダウンロード(出力)

 記事本文または記事抄録の表示画面でダウンロードボタンをクリックするとダウンロードができます。
 出力できる件数は1回の検索に対して3件に制限されています。
 保存する場所としてFDを用意して下さい。
 ダウンロード先指定を行って「保存」をクリックします。


 
------------------------------------------------------------------------

  ※ 操作の詳細につきましては、冊子体のマニュアルをご参照下さい。


[back][home] [top]