臨床生理学教室

 

A. 研究課題の概要

 

1. 成人T細胞白血病 (ATL) の病態解析と治療法の開発

1) ATLの病態の多様性の原因を血液免疫学的に解析するとともに, サイトカインの関与について検討する。

2) 新鮮ATL細胞に対して増殖抑制に作用する物質の探究。

3) HTLV-Iの活性制御に係わる物質の探索。

4) ATLの治療法について, CENOP-ENOP療法を考案し, 症例の蓄積を行い有効性を検討する。(本研究の一部は厚生省「がんの集学的治療に関する研究」(班長: 下山正徳)の援助を受けた。)

 

2. HTLV-I感染の疫学調査とHTLV-Iキャリアの長期追跡

 これまでの疫学調査に加えて, 長寿とHTLV-I感染との関連について検討中である。

 

3. 抗HIV剤のスクリーニング

 HIV-2についての活性測定法は確立し, 抗HIV-2剤のスクリーニングは軌道に乗った。HIV-1の活性測定法も確立すれば抗HIV-1剤のスクリーニングも可能となる。(本研究の一部は厚生科学研究費「HIV感染者発症予防・治療に関する研究」(班長: 福武勝幸)の援助を受けた。)

 

4. 血液幹細胞の分化と成熟に関する研究

 多能性血液幹細胞のin vitroでの増殖を目的として, 種々のサイトカインを用いた解析実験を行う。

 

5. AIDSカウンセリング:癌の告知、ホスピスケアあるいはターミナルケアに関わる医療従事者養成

 医師・看護婦を対象としてHIVカウンセリングのための研修を実施している。(本研究の一部はエイズ予防財団「HIV感染者等保健福祉相談推進研究」の援助を受けた。)

 

 

B. 研究業績

 

4. 報告

H97001: 宮国毅, 荒木弘一, 金城修, 上原元, 宮里不二彦 (1997) 当院における成人T細胞白血病 (ATL) についての検討 -とくに経過中意識障害をきたした症例について-. 第236回内科学会九州地方会.

 

H97002: 宮国毅, 荒木弘一 (1997) 当院における非ホジキンリンパ腫の臨床病理学的検討. 日内会誌 86 臨増 291.

H97003: 宮国毅, 荒木弘一 (1997) 絶対的リンパ球増多症8症例の検討. Jpn J Clin Hemat 38 910.

 

5. その他

M97001: 宮里ひろみ, 宮国毅, 座覇美智代, 具志堅秀子, 喜村裕子, 荒木弘一 (1997) 後天性免疫不全症候群 (AIDS) の薬物療法における服薬指導のあり方 -通院および服薬コンプライアンスの改善をめざして-. HIV看護研究会沖縄ブロック連絡会議.