学校保健学教室

 

A. 研究課題の概要

 

1. 思春期における抑うつ症状と心理社会的要因との関連 (高倉実)

 学校嫌いや不登校の児童生徒が抑うつを訴えていること, 思春期の喫煙, 飲酒, 薬物乱用の予測因子として抑うつ症状が有効であることなどから, 抑うつ症状は思春期の精神保健を知る上で重要な指標になる。欧米では思春期の抑うつ症状に関する疫学的研究が多いが, 本邦ではこの種の研究はきわめて少ない。これまでに沖縄全域の高校生を対象として, 思春期後期の抑うつ症状の有症率はかなり高く, 人口統計学的変数によって異なること, 交絡因子を調整した後も抑うつ症状はいくつかの健康習慣と関連を示すこと, 生活ストレッサー, social support, self-esteem等の心理社会的要因と強い関連を示すことを明らかにした。平成9年度は抑うつ尺度にCES-Dを用い再び沖縄全域の高校生を対象に調査を行った。現在, アルゴリズムを用いたRDC-like depressionの推定, social skill, locus of controlを新たに加えた心理社会的要因等との関連性を検討中である。今後は小, 中学生について同様の調査を実施する予定である。また, 抑うつ危険因子, 防御因子について介入を試みる学校健康教育も検討する。(本研究は文部省科研費「思春期集団における抑うつ症状と心理社会的要因との関連」の補助を受けている。)

 

2. 青少年のストレス過程に関する研究 (高倉実)

 ストレス研究では, 個人がストレッサーを経験したときに, どのような過程を経てストレス反応を引き起こすのかというメカニズムを解明することが重要になる。先行研究の多くは横断的研究に基づくものであり, 因果関係については推測の域をでない。本研究ではprospective studyによりストレス過程を明らかにする。これまでに大学生を対象に一個学期間の縦断調査を行い, タイプA行動パターンと直面的対処行動がストレス反応を予測することを明らかにした。今後はより長期間の縦断研究, および他の予測変数, 特にスポーツなどの身体活動の影響を検討する。

 

3. 青少年の健康に関わる危険行動と関連要因について (高倉実)

 米国ではCDCのYouth Risk Behavior Surveillanceにより青少年の健康に関わる危険行動を全国規模でモニターし防止のために努力しているが, 本邦ではこのようなモニタリングシステムはまだ構築されていない。本研究ではこれらの危険行動の実態や関連要因を明らかにして, 学校における防止教育の基礎資料とする。これまでに高校生の喫煙行動には将来の喫煙意思, タバコ入手容易性, 友達の喫煙行動, 友達の期待が極めて強く関連することを明らかにした。今後は他の危険行動やライフスキルの関連について検討する。

 

4. 青少年の体組成と生活習慣, 自覚症状との関連 (高倉実)

 体脂肪率や骨密度には運動や食生活が大きく影響することがよく知られている。また, 成人では体脂肪率とよく相関するBMIと死亡率の関係がJ字型を示すことが指摘されている。本研究では児童生徒の体脂肪率や骨密度と生活習慣の関連を検討するとともに, 体脂肪率と自覚症状との間にJ字型の関連がみられるかどうかを検討する。

 

 

B. 研究業績

 

1. 原著

G97001: 高倉実, 崎原盛造, 秋坂真史, 尾尻義彦, 加藤種一, 當銘貴世美, 新屋信雄, 平良一彦, 三輪一義 (1997) 高校生の抑うつ症状と心理社会的関連要因. 学校保健研 39 233-242.

 

G97002: 秋坂真史, 尾尻義彦, 高倉実 (1997) スポーツ関連因子からみた女子高校生の骨密度に関する研究. 体力科学 46 375-382.

 

4. 報告

H97001: 尾尻義彦, 高倉実, 吉川朝昭, 大城幸枝, 宮城鉄夫, 大城喜一郎 (1997) 中高年女性における持久性運動と筋力運動トレーニングが骨密度に及ぼす影響. 体力科学 46 746.