保健学科

 

保健生物学教室

 

A. 研究課題の概要

 

1. 腸管内細菌による胆汁酸変換

 我々の腸内には100種類, 100兆個もの菌が棲息している。これらの菌は腸内細菌と呼称され, 近年, 宿主の健康や疾病の発生との関連で注目されている。我々の研究室では, 腸内細菌の中から胆汁酸7?-脱水酸化菌を探索分離し, その特性について明らかにし, 腸内細菌が疾病発生にどのように関連しているかという問題の解決を目指している。

 研究課題 1) 胆汁酸7?-脱水酸化菌の分離・同定,

2) 胆汁酸7?-脱水酸化関連遺伝子の分子レベルでの解明, 3) 胆汁酸7?-脱水酸化反応酵素の解明および反応機構の解明, 4) 脂肪摂取量と本菌の関連

 

2. 沖縄県における黄色ブドウ球菌の生態

 ヒトや動物に常在菌として棲息する黄色ブドウ球菌は近年, 多剤耐性菌として, 臨床において問題のある菌として進化している。本教室においては過去に臨床, 老人保健施設入所者および健康成人から数年に渡って菌を分離し, 理化学的性状・薬剤感受性・ファージ型別・コアグラーゼ型別等について, MRSAおよびMSSAとに分けて比較検討し, 報告した。

 それにより, 薬剤感受性・ファージ型・コアグラーゼ型に遷移のあることを明らかにした。さらに詳しく各個人由来の菌型の経時的変化, 集団の特性 (例えば年齢, 地域など) による菌型の差異などについて追跡検討したい。また, 本菌の型別方法も比較検討したい。

 

 

B. 研究業績

 

1. 原著

G97001: Doerner KC, Takamine F, LaVoie CP, Mallonee DH, Hylemon PB (1997) Assessment of fecal bacteria with bile acid 7?-dehydroxylating activity for the presence of bai-like genes. Appl Environ Microbiol 63(3) 1185-1188.

 

4. 報告

H97001: 高嶺房枝, 今村禎祐 (1997) 腸内細菌による胆汁酸変換の分子生物学 -胆汁酸7?-脱水酸化反応-. 腸内細菌学雑誌 11 13-14.

 

H97002: 高嶺房枝, 今村禎祐 (1997) 胆汁酸7?-脱水酸化関連遺伝子 (baiE遺伝子) の糞便からの検出. 第19回胆汁酸研究会講演要旨集 9.