動物実験施設

 

A. 研究課題の概要

 

1. 動物由来Helicobacter属菌に関する研究

 ネコ由来のH. felis CS1株, ラット由来H. muridarum ST1株, フェレット由来H. mustelae 4298株, そして臨床分離H. pylori株を対象としてSDS-PAGE用いての菌体タンパク質の分析, Western Immunoblottingを用いての共通抗原タンパク質の分析等を行っている。また, 病原性との関係からウレアーゼの構成タンパク質の発現についてPCRを用いて遺伝子レベルで検討を行っている。

 

2. 動物実験施設の環境統御に関する研究

 亜熱帯環境下にある当施設の維持と飼育管理データは, 熱帯あるいは亜熱帯地域での動物実験施設の維持・管理上重要な学術的情報を提供するものである。これまでのデータは学会誌等に発表しており, 次年度以降も動物実験施設の適正な環境統御を実現するために, さらに研究を継続する予定である。

 

 

B. 研究業績

 

1. 原著

G97001: Hanashiro K, Tamaki N, Koga T, Nakamura M, Kinjoh K, Kosugi T (1997) Inhibitory effect of azelastine hydrochloride and suplatast tosilate on airway responses in sensitized rats following exposure to antigen. Int J Tiss Reac 19 163-169.

 

G97002: Kinjoh K, Kosugi T, Koga T, Ueda T, Ariizumi M (1997) Removal of malodorous substances at animal facility in a subtropical region equipped with COSA/TRON( system. Ryukyu Med J 17 135-141.

 

4. 報告

H97001: Hanashiro K, Tamaki N, Koga T, Tokeshi Y, Suganuma M, Nakamura M, Kosugi T (1997) Relationship between the airway responses and the IgE level in sensitized rats. Jpn J Physiol 47 Suppl s105.

 

H97002: 小杉忠誠, 上田智之, 古閑敏徳, 佐藤良也, 井上文英, 有泉誠, 古田賢治 (1997) 琉球大学医学部における「実験動物」教育の現状. アニテックス 9 111-114.