麻酔科学講座

A. 研究課題の概要

 

1. 局所麻酔薬の薬物代謝

 「局所麻酔薬リドカインの肝における薬物代謝」をテーマとする研究が進められている。薬物およびその代謝産物の定量分析は, 高速液体クロマトグラフを用いて行っている。

 静脈麻酔薬プロポフォールの血中濃度を高速液体クロマトグラフを用いて測定する方法を確立し, 臨床における薬動力学研究を進めている。

 さらに, モルヒネ, フェンタニールの血液中濃度定量法を確立して「麻薬と痛覚」の領域へ研究をすすめるべく企画し, モルヒネについてはすでに実験に着手した。

 

2. 薬物の蛋白結合 (垣花脩, 照屋孝二)

 「局所麻酔薬リドカインの蛋白結合」の研究が, ゲル濾過法を用いて行われている。この方法は, 従来この分野で広く用いられて来た限外濾過法あるいは平衡透析法と異なり, pHと温度の変化がどのように蛋白結合に影響するかを定量的に厳密に測定できる。そのために, 得られたデータを用いてリドカインとアルブミンの結合状態を熱力学的に解析することが可能となった。この成果は, すでに雑誌「麻酔」に掲載され学位論文として発表されている。

 さらに, この方法を用いて, リドカインと?1-アシドグリコプロテインとの結合状態の解析が進められている。この結果に基づいて, ?1-アシドグリコプロテインとの結合状態は, アルブミンとの結合とはまったく様相を異にすることが, 熱力学的解析から証明されている。

 

3. 一過性大動脈遮断後の虚血性脊髄障害の発生メカニズムに関する研究 (平良豊, 垣花脩, 垣花学, 島袋泰, 渕上竜也)

【実験モデル】

 我々は, ラットの大動脈をフォガティーカテーテルを用いて遮断する独自の脊髄虚血モデルを開発した。このモデルでは, 10分間の大動脈遮断で両下肢の完全麻痺が生じる。

【くも膜下カテーテル埋め込み】

 ラットの大槽膜から腰髄膨大部近傍のくも膜下腔にカテーテルを挿入し, カテーテルの他端を頭頂部の皮下から体外に出して, 慢性的くも膜下カテーテル埋め込みモデルの手技を確立している。この方法によって, 自由に行動している動物に対しても, 非侵襲的に薬物をくも膜下腔に投与できるようになった。

【脊髄マイクロダイアリーシス法】

 ラットの大槽膜から腰髄膨大部近傍のくも膜下腔に自作のマイクロダイアリーシスカテーテルを挿入し, カテーテルの他端を頭頂部の皮下から体外に出して, 慢性的マイクロダイアリーシスカテーテル埋め込みモデルの手技を確立している。この方法によって, 自由に行動している動物に対しても, 非侵襲的に脊髄くも膜下腔に放出される物質の測定ができるようになった。

【興奮性アミノ酸の定量分析】

 高速液体クロマトグラフによる興奮性アミノ酸 (グルタミン酸, アスパラギン酸) の定量分析が確立している。以上の方法を用いて以下の研究が進行中である。

1) NMDA receptor antagonistの虚血性脊髄傷害の保護作用 (渕上竜也, 平良豊)

2) モルヒネくも膜下投与による虚血性脊髄傷害の増悪作用の成因に関する研究 (渕上竜也, 垣花学)

3) 虚血性脊髄傷害の機序におけるアデノシン受容体の役割 (島袋泰, 平良豊)

4) 大動脈遮断時の脊髄側副血行に及ぼすアデノシンagonistの影響 (平良豊)

これらの研究から, 虚血後に起こる脊髄神経細胞死の成因におけるNMDAレセプター, アデノシンレセプター, 一酸化窒素, 活性酸素の役割が明らかにされることが期待される。

 

4. 脊髄における痛覚過敏の成因に関する研究 (垣花脩, 平良豊, 徳嶺譲芳, 垣花学)

 侵害刺激が脊髄に入力すると, 脊髄後角細胞の興奮性が高まることが知られている (Central sensitization)。NMDAの脊髄くも膜下腔持続投与による痛覚過敏モデル作成に成功し, 1997年10月の米国麻酔学会議で発表した。さらにこのモデルを用いた以下の研究が進行中である。

1) NMDA誘発性の痛覚過敏に対するアデノシンA1アゴニストの作用 (垣花脩)

2) 脊髄における侵害受容における脊髄?アドレノセプターの役割 (垣花学)

 

5. Dysoxiaによる脳障害及びFree radicalsの関与 (湯佐祚子)

 Hyperoxia, hypoxia, anoxia 及び ischemia による障害に関与する因子の検討を研究課題としている。

 一過性脳虚血モデルとして急速減圧時発生気泡による脳障害を血液脳関門の破綻, 微小循環障害, 神経細胞の変性として経時的に検討し, これらの変化の早期の可逆性と後期のmaturation phenomenon について結果を報告した。

 脳虚血と再灌流後の脳障害についてはラット前脳虚血−再灌流モデルを使用し, 平均動脈圧, 脳血流量の変化と excitatory neurotransmittersであるglutamate の遊離をmicrodialysis biosensorを使用して海馬又は線条体で同時に in vivo, in situ で連続測定すると共に, NOの関与をNO synthase inhibitor (L-NAME) の投与とNOのend productであるnitrite, nitrateとしてmicrodialysisにより測定して検討している。

 ショックでのfree radicalsの関与については出血性ショックとエンドトキシン投与ラットモデルでNOの関与と高気圧酸素及びglucocorticoidの効果を検討して報告した。

 Hyperoxia による脳障害は高気圧酸素環境で発生するラットの中枢性酸素中毒モデルで検討し, 活性酸素発生増加が関与することは既に報告したが, 他のfree radicalであるnitric oxide (NO)の関与の可能性をマウスの中枢性酸素中毒モデルで証明し, 更にNO synthase細胞の存在をNADPH-diaphorase陽性細胞として組織化学的に検索している。

 

6. 海外における活動

 カリフォルニア大学サンディエゴ校に1年間留学している笹良剛史は, ラットの脊髄虚血後神経障害におけるc-fos発現に関する研究を行っている。今後この研究分野への貢献が期待される。

 

 

B. 研究業績

 

1. 原著

G97001: 野原敦, 湯佐祚子, 砂川昌秀 (1997) グルコースオキシダーゼ法による血糖測定値に及ぼす酸素分圧の影響. 日高圧医誌 30 209-216.

 

G97002: Nohara A, Yusa T (1997) Reversibility in blood-brain barrier,microcirculation, and histology in rat brain after decompression. Undersea Hyperbolic Med 24 15-21.

 

G97003: 砂川昌秀, 湯佐祚子 (1997) エンドトキシン投与ラットでの血中硝酸・亜硝酸の変動に及ぼす高気圧酸素の影響. 麻酔 46 1447-1453.

 

G97004: 大見謝克夫, 徳嶺譲芳, 伊波寛, 上原真人, 新田憲市, 奥田佳朗 (1997) “低流量リークテスト”のリークはどこにある?. 麻酔 46 1385-1389.

 

2. 総説

S97001: 湯佐祚子 (1997) 活性酸素・フリーラジカルとスカベンジャー. 日高圧医誌 31 153-167.

 

S97002: 湯佐祚子 (1997) Rhabdomyolysis. Anesthesia Today 6 68-75.

 

S97003: 湯佐祚子 (1997) 高気圧酸素療法の物理と生理. ICUとCCU 21 833-839.

 

S97004: 平良豊 (1997) 脊髄での侵害刺激の修飾. 日臨麻誌 17 357-365.

3. 著書

T97001: 伊波寛 (1997) ICUでの気道内異物の管理 症例検討: 気道内異物. LiSA メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 東京, 4 686-689.

 

4. 報告

H97001: 小橋川晃代, 徳嶺譲芳, 伊波寛, 垣花学, 平良裕子, 花城久米夫 (1996) 気管内挿管困難を予測し得なかったクッシング病の一例. 沖縄赤十字医誌 7 28-31.

 

H97002: 中村さえ子, 新垣澄子, 謝花万寿子, 西表由紀子, 石川章子, 伊波寛, 奥田佳朗 (1996) ベット上体動制限による身体的苦痛の緩和にストレッチングを用いて. 日集中医誌 3 S 264.

 

H97003: 湯佐祚子 (1997) 前脳虚血-再灌流の活性酸素 (hydrogen peroxide) 及びglutamateの細胞外遊離に及ぼす影響. J Anesth 11 344.

 

H97004: 中村清哉, 湯佐祚子, 上運天均 (1997) 人工心肺使用中の血中nitrite, nitrateの変動. 日臨麻誌 17 S149.

 

H97005: 湯佐祚子, 秦野直 (1997) 出血性放射線膀胱炎に対する高気圧酸素療法. 日高圧医誌 32 30.

 

H97006: 砂川昌秀, 湯佐祚子, 西川洋介 (1997) 出血性ショック及びその後の貧血に対する高気圧酸素の影響 -血中NO2−/NO3−及び動脈圧の変化-. 日高圧医誌 32 45.

 

H97007: 野原敦, 湯佐祚子 (1997) 中枢性酸素中毒に及ぼすNOの影響. 日高圧医誌 32 45.

 

H97008: 伊波寛, 石垣敬子, 奥田佳朗 (1997) 抜管後の過敏な気道反射に対し,プロポフォールによる鎮静を行った食道癌患者. 人工呼吸 14 162.

 

H97009: 島尻隆夫, 平良豊, 濱田哲, 島袋勉, 伊波寛, 奥田佳朗 (1997) 巨大顔面奇形腫合併新生児の気道確保. 臨床麻酔 21 247-248.

 

H97010: 平良邦子, 徳嶺譲芳, 佐久川和子, 嵩原美智子, 伊波寛 (1997) 術中看護における合併症別看護計画. OPE nursing 12 706-712.

 

H97011: 小禄範子, 佐久川和子, 與座浩次, 伊波寛 (1997) TUR術中における潅流液の廃液システムについて. OPE nursing 12 910-913.

 

H97012: 大塚康久, 伊波寛, 島尻隆夫, 大見謝克夫, 奥田佳朗 (1997) 術後早期にビタミンK欠乏による出血傾向を示した1症例. 日集中医誌 4 381-382.

 

H97013: 徳嶺譲芳, 伊波寛, 奥田佳朗 (1997) 局所麻酔下鎖骨骨折術におけるpatient-controlled sedation. 沖縄医会誌 36 32-34.

 

H97014: 徳嶺譲芳, 伊波寛, 富村賢志, 上運天均, 外間章, 奥田佳朗 (1997) 腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後疼痛 (Prospective Study). J Anesth 11 607.

 

H97015: 加治佐淳一, 徳嶺譲芳, 伊波寛, 外間章, 奥田佳朗 (1997) 腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後疼痛 (Retrospective Study). J Anesth 11 608.

 

H97016: 藤村泰三, 伊波寛, 小笠原隆行, 富村賢志, 木村崇, 奥田佳朗 (1997) カルバマゼピン大量服用後に発症した心因性多尿を伴うSIADHの1症例. 日集中医誌 4 S 151.

 

H97017: 渕上竜也, 伊波寛, 金城さくら, 垣花学, 富村賢志, 小笠原隆行, 奥田佳朗 (1997) 筋炎, 出血傾向, 重症肝腎障害を呈し救命出来なっかた原因不明の1症例. 日集中医誌 4 S151.

 

H97018: 木村崇, 伊波寛, 小笠原隆行, 富村賢志, 藤村泰三, 奥田佳朗 (1997) 長期人工呼吸管理の鎮静にプロポフォールを用いた1症例. 日集中医誌 4 S190.

H97019: 徳嶺譲芳, 伊波寛, 石垣敬子, 中村清哉, 照屋孝二, 奥田佳朗 (1997) 胃管挿入ガイド付きラリンジアルマスクの試作. 日臨麻誌 17 S219.

 

H97020: 佐藤公淑, 徳嶺譲芳, 伊波寛, 奥田佳朗 (1997) 右胃大網動脈を用いた冠動脈バイパス術の既往をもつ患者の開腹後に生じた心筋梗塞. 日臨麻誌 17 S 308.

 

H97021: 川端徹也, 高良到, 徳嶺譲芳, 伊波寛, 奥田佳朗 (1997) 高齢者にPatient-controlled Sedation は有用か? -硬膜外麻酔下膝関節置換術におけるPCS-. 日臨麻誌 17 S337.

 

H97022: 上原真人, 徳嶺譲芳, 伊波寛, 渕上竜也, 新田憲市, 奥田佳朗 (1997) 麻酔器内部回路におけるリークの検出法「FDA汎用陰圧リークテスト」と「内部回路低流量リークテスト」の比較. 日臨麻誌 17 S351.

 

H97023: 金城さくら, 濱田哲, 比嘉康敏, 垣花学, 奥田佳朗 (1997) 全身麻酔中に気管軟化症の存在を発見しえた症例. 麻酔 46 S144.

H97024: 高木地孝, 川島正章, 木村崇, 小橋川晃代, 藤村泰三, 濱田哲, 比嘉康敏, 奥田佳朗 (1997) Sotos症候群の麻酔経験. 麻酔 46 S286.

 

H97025: 徳嶺譲芳, 伊波寛, 奥田佳朗 (1997) 帝王切開術の術後疼痛管理におけるブプレノルフィン持続静脈内注入法の検討. 麻酔 46 S440.

 

H97026: 川島正章, 徳嶺譲芳, 富村賢志, 笹良剛史, 宮里聡, 島尻隆夫, 奥田佳朗 (1997) 振り子様扁桃による気管内挿管困難の1症例. 麻酔 46 S573.

 

H97027: 渕上竜也, 湯佐祚子, 富村賢志, 渕辺誠 (1997) 貯血式自己輸血症例の検討. 麻酔 46 S575.

 

H97028: 垣花学, 徳嶺譲芳, 島袋勉, 平良豊, 奥田佳朗 (1997) 脊椎麻酔中の鎮静にプロポフォールによるPatient-Controlled Sedationを用いたVon Gierke病の1症例. 日臨麻誌 17 S323.

 

H97029: Marsala M, Orendacova J, Wang V, Kakinohana M, Yaksh YL (1997) Transient spinal ischemia in rat: the time course of spinal fos protein expression and the effect of intraischemic hypothermia. Soc Neurosci A23 743 15.

 

H97030: Kakinohana M, Marsala M, Jun JH, Yaksh TL (1997) Intrathecal morphine triggers transient spastic paraplegia after non-injurious interval of spinal ischemia in rat. Anesthesiology 87 A647.

 

H97031: 照屋孝二, 垣花脩, 伊波寛, 奥田佳朗 (1997) モルヒネの蛋白結合 -平衡透析法による-. J Anesth 11 S334.

 

H97032: 平良豊, Marsala M, Jun JH, Yaksh T (1997) くも膜下スーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)の抗侵害作用. J Anesth 11 S593.

 

H97033: 垣花脩, 島袋泰, 渕上竜也, 平良豊, 奥田佳朗 (1997) ラット髄腔内NMDA (N-methyl-D-aspartate) 持続投与による痛覚過敏に対する2-Chroloadenosine (selective A1 adenosine receptor agonist) の効果. PAIN RESEARCH 12 159.

 

H97034: 笹良剛史, 平良豊, 藤村泰三, 濱田哲, 小橋川晃代, 奥田佳朗 (1997) 特発性三叉神経痛に対する上顎・下顎神経ブロック時の造影の意義. 日本ペインクリニック学会誌 4 232.

 

H97035: 笹良剛史, 平良豊, 藤村泰三, 比嘉康敏, 奥田佳朗 (1997) 特発性三叉神経痛に対する下顎神経ブロック時の造影の意義. 日本ペインクリニック学会誌 4 57.

 

H97036: Kakinohana O, Taira Y, Sasara T, Okuda Y, Yaksh T (1997) Continuous intrathecal infusion of N-methyl-D-aspartate (NMDA) produces thermal hyperalgesia in the rats. Anesthesiology 87(3A) A652.

 

H97037: Marsala M, Taira Y, Galik J, Yaksh T (1996) Transient spinal ischemia evokes a biphasic excitatory amino acid and taurin release: a potential role in the development of ischemia induced paraplegia. Society of Neuroscience 22 1940.

 

H97038: 徳嶺譲芳, 伊波寛, 奥田佳朗 (1997) Transcranial Dopplerによる脳分離体外循環の脳血流速度. Cardiovascular Anesthesia 1 155-157.