耳鼻咽喉科学講座

 

A. 研究課題の概要

 

1. 末梢および中枢前庭機能障害の診断区分に関する研究 (宇良政治・安田忍・大輪達仁)

 眩暈は末梢前庭性および中枢性に大分されるが, 自発眼振の見られない症例ではその診断に苦慮することがよくある。さらに末梢障害でも検査時期によりすでに回復している場合や中枢性に代償されている場合もあり, 病期診断に於いても判定に苦慮することもしばしばである。

 電気眼振検査はこれらの診断・判定にとって有力な診断手技であるが, 重要な眼球運動の緩徐相速度などを定量的に正確に計測するには膨大な時間と労力とが必要となる。

 そこで本研究は以下の段階を経て効率の良いしかも正確な検査の確立と眩暈症例の的確な診断をめざすものである。

1) マイクロコンピューターによる眼振波形のon line処理

2) 検査結果の定量的評価と定性的評価の提示方法の工夫

3) 正常値の作成

4) 加齢の及ぼす影響の検討

5) 前庭機能障害の中枢性代償の検討

6) 検査結果の総合評価から, 疾患区分のために特に有用な検査の検討

7) 判別分析を用いた疾患区分の検討

 

2. モルモット蝸牛血流と聴覚機能に関する研究 (宇良政治・安田忍・大輪達仁・神谷義雅)

 レーザー血流計による蝸牛血流の変化と蝸電図, ABRを指標に各種難聴動物モデルにおける病態の研究を行なう。

1) 内耳道血管神経圧迫による聴神経腫瘍モデルにおける変化

2) Carbogenの及ぼす影響

3) 鼓室内薬物投与の及ぼす影響

4) 交感神経系の及ぼす影響

5) 騒音の及ぼす影響 等

 

3. 高度難聴における聴覚機能評価 (宇良政治・安田忍・真栄田裕行・大輪達仁)

 蝸電図と聴性脳幹反応は内耳機能, 後迷路機能の評価に有用である。しかしながら, 内耳機能が高度に障害されている場合では聴性脳幹反応は得られず, 従って後迷路機能の評価はできない。人工内耳が行なわれる現在では, 内耳機能の高度障害例での後迷路機能評価が重要となる。後天性の障害では通電による音感覚の有無による自覚検査があるが先天性聾小児では困難である。

 このため, 通電刺激によるアブミ骨筋反射や脳幹反応などの他覚的所見による評価法の確立が必要である。

 そのために, 種々の難聴動物モデルと人工内耳の症例により, 高度内耳障害例における後迷路機能の評価法の確立と臨床利用をめざす。

 

4. 皮弁血流の改善 (楠見彰・新濱明彦)

 1976年, Vane. J. Rらに発見されたPGI2は, PGE1以上に強力な抗血小板作用と血管拡張作用を併せもつ生理治性物質としてASOに対する臨床的有効性が期待されていながら, 極めて化学的に不安定なため, 臨床的使用が困難であった。しかし, このPGI2の強力な作用をもった誘導体が最近合成され, 臨床的に使用が可能となった。この誘導体物質の化学的安定性に注目し, 私共は皮弁血行改善及び外用薬としての効果の有無, 経皮吸収の程度について, レーザードップラー法により効果の検討を行っている。末梢血行改善作用による潰瘍等の組織修復効果についても検討中である。

 

5. 微少血管吻合器の頭頸部領域における利用 (楠見彰)

 現在, 頭頸部外科領域における再建にマイクロサージャリーによる組織移植が広く行われるようになった。一方で本県のように高齢患者の占める割合が高く, 手術時間の短縮が重要な課題である。この血管吻合時間を安全かつ短縮するために, 微少血管吻合器の利用に注目し, 平成5年7月より動物実験を開始, 現在, 臨床応用と適応範囲の拡大について検討を行っている。

 

6. 口腔粘膜の触圧覚低下の程度, 範囲と嚥下障害の機能回復との関係について (古謝静男)

 (研究内容) これまでに口腔粘膜の触圧覚の低下は限局的な強度の低下より弱くても広範囲な低下が嚥下機能に強い障害を及ぼすことがわかった。今回は手術によりいったん障害された嚥下機能が触圧覚の低下の程度, 範囲によりどのように, どの程度回復するかを検討する。

 (研究計画) 口腔や咽頭の手術後の触圧覚低下をSW知覚テスターで計測し, その程度, 範囲と患者の訓練による機能回復の経過を比較検討する。

(研究の特色) SW知覚テスターを用いた計測による知覚鈍麻の定量化と嚥下機能回復への示標化。

 

7. 鼻腔悪性リンパ腫の基礎的解析―免疫治療にむけて― (古謝静男・新濱明彦・糸数哲郎・松村純)

 悪性リンパ腫は一般に予後不良であり, 特に進行性鼻壊疽の形態をとる鼻腔の悪性リンパ腫は中でもさらに予後不良である。この疾患はPRを含めて未だその本態も明らかにされておらず, 病理診断さえも困難な疾患であり, 診断の遅れが予後不良の一因でもある。特に鼻腔のPRは世界的にも発生がモンゴロイドに限られており, 中でも韓国, 中国南部, 沖縄に多発する。この疾患の偏在する機序を解明すると同時に本態の解明を行う。このPRの組織形態を示すものはNK cell由来の悪性リンパ腫であり, ある特定あるいは限られたHLA に関連して生じることが予想される。

1) PR患者のHLAの解析

 PRの発生にEBVが関与していることからPR患者がある特定のHLA typeを持つ可能性があり, そのHLA typeを明らかにする。

2) 光顕病理上PRを示す組織のNK活性の測定

 PRの構成腫瘍細胞は最近NK cell由来であると指摘されている。これは細胞の持つ抗原を免疫染色して得られた所見である。われわれは生きた腫瘍組織を用いて腫瘍細胞のNK活性を測定し, PRの構成細胞がNK cell由来であることを明らかにする。

 

8. 頭頸部扁平上皮癌に対する特異的な細胞障害性T細胞の誘導とその応用 (古謝静男・新濱明彦)

(研究内容) 頭頸部扁平上皮癌に対する特異的な細胞性障害T細胞を担癌患者の自己末梢血の中のリンパ球から誘導し, 診断及び治療に応用する。概要は次の通り 1.頭頸部扁平上皮癌細胞の培養と分離 2.1の癌細胞に対するalloの特異的細胞障害性T細胞の誘導 3.2で誘導されたT細胞を用いた診断への応用 4.1の癌細胞に対する自己の特異的細胞障害性T細胞の誘導 5.4で誘導されたT細胞を用いた診断, 治療への応用

(研究の特色) これまでの研究で開発してきた特異的細胞障害性T細胞の誘導系を用いることによりかなり特異的な癌の診断, 治療の開発の可能性が期待できる。

 

9. 下咽頭癌術後頸部リンパ節再発の検討 (糸数哲郎・古謝静男・新濱明彦・松村純)

 下咽頭癌は頭頸部領域の悪性腫瘍の中でも, 予後の悪い疾患であり, その予後不良の原因として頸部リンパ節再発が挙げられている。下咽頭癌手術症例について頸部郭清術の術中所見と術後の頸部リンパ節再発部位との関連を検討し, 治療成績の改善と術後照射との関連について検討する。

 

10. マウスバックグランド遺伝子が細胞障害性T細胞 (CTL) へ及ぼす影響 (真栄城徳秀・田邊將夫)

 マウスの骨髄と脾臓を用いたリンパ球混合培養を行った。応答細胞として骨髄細胞, 刺激細胞として脾細胞, 標的細胞として応答細胞と異なる主要組織適合抗原遺伝子 (MHC) をもつ脾細胞を用いた。骨髄細胞 (3000個/well〜105/well) とマイトマイシン処理した脾細胞 (3×105/well) をConA (1μg/ml) とともに4日間混合培養すると骨髄細胞からCTLが誘導される。51Crをとりこませた標的細胞 (脾細胞) をCTLの誘導された各wellに103個ずつ添加し, CTLによる標的細胞破壊の有無を検討した。標的細胞破壊の有無は標的細胞から溶液中に遊離された51Crの量をγカウンターで測定することにより判定した。

応答細胞

刺激細胞

標的細胞       結果

(1)B10BR(♀)×Balb/c(♂)
(H-2k/d)

B10BR(♀)×Balb/c(♂)
(H-2k/d)

     B10    →     − 
    (H-2b)

(2) Balb/c(♀)×BIOBR(♂)
(H-2d/k)

Balb/c(♀)×B10BR(♂)
(H-2d/k)   

      B10     →     +
    (H-2b)

 
 ♂のF1マウスを用い上記の実験を行った所, (1)ではCTLの増強がみられず(2)では増強がみられた。(1)と(2)の実験系の違いはX染色体にある。(1)のマウスのX染色体はB10BR即ちB10由来で(2)のマウスのX染色体はBalb/c即ちnonB10由来である。
応答細胞側と標的細胞のX染色体が同じ場合, お互いのMHCが異なっているにもかかわらずCTLの抑制がみられ応答細胞側と標的細胞のX染色体が異なる場合CTLの増強がみられた。したがってX染色体の中にもMHCに匹敵する組織適合抗原遺伝子が存在することが示唆された。
 
B. 研究業績
 
1. 原著
G97001: Ogawa K, Toita T, Kakinohana Y, Kojya S, Maeshiro N, Sunakawa H, Arasaki A, Sawada S (1996) Prognostic value of tumor size for T2 oropharyngeal carcinoma treated with radiation therapy. Ryukyu Med J 16 171-174.
 
G97002: 真栄田裕行, 古謝静男, 糸数哲郎, 中村由紀夫, 大輪達仁, 野田寛 (1997) 骨外性と考えられた鼻腔Ewing's sarcoma1. 耳鼻と臨 43 34-37.
 
G97003: 真栄田裕行, 古謝静男, 糸数哲郎, 中村由紀夫, 大輪達仁, 野田寛 (1997) 声帯に発生した悪性線維性組織球腫の一例. 喉頭 9 68-71.
 
G97004: 大輪達仁, 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄城徳秀, 下地善久, 真栄田裕行, 中村由紀夫, 野田寛 (1997) 喉頭結核の1. 耳鼻と臨 43 200-203.
 
G97005: Kojya S, Itokazu T, Oowa T, Noda Y, Toda T, Al Muktafi Sadi, Kiyuna M (1997) A case report of carotid body tumor. Auris Nasus Larynx 24 211-216.
 
G97006: 糸数哲郎, 古謝静男, 幸地綾子, 野田寛 (1997) 悪性腫瘍が疑われた副鼻腔の炎症性偽腫瘍の1. 耳鼻・頭頸外科 69 228-231.
 
G97007: 糸数哲郎, 古謝静男, 真栄城徳秀, 大輪達仁, 下地善久, 野田寛 (1997) 当教室における舌癌T1T0,T2N0症例に対するレーザー切除術の検討. 耳鼻と臨 43 301-304.
 
G97008: 古謝静男, 糸数哲郎, 新濱明彦, 金城利彦, 野田寛 (1997) 口腔内触圧覚鈍麻と嚥下口腔期の自覚的障害. 口腔咽頭科 9 355-361.
 
G97009: 古謝静男, 糸数哲郎, 松村純, 新濱明彦, 大輪達仁, 稲嶺智広, 野田寛 (1997) 下咽頭癌患者の手術前後の細胞性免疫能の経時的変動. 耳鼻・頭頸外科 69 725-729.
 
G97010: 真栄城徳秀, 古謝静男, 安田忍, 神谷義雅, 諸見里安紀, 野田寛 (1997) 呼吸困難を呈した上咽頭奇形種の1症例. 耳鼻・頭頸外科 69 787-790.
 
G97011: 古謝静男, 糸数哲郎, 新濱明彦, 松村純, 大輪達仁, 稲嶺智広, 野田寛 (1997) 下咽頭癌肉腫の1. 耳鼻・頭頸外科 69 949-953.
 
G97012: 糸数哲郎, 古謝静男, 下地善久, 松村純, 稲嶺智広, 野田寛 (1997) 両側性耳下腺リンパ上皮性嚢胞の1. 耳鼻・頭頸外科 69 955-958.
 
G97013: Tomita Y, Ohsawa M, Mishiro Y, Itokazu T, Kojya S, Noda Y, Ikehara O, Aozasa K (1997) Non-Hodgkin's lymphoma of waldeyer's ring sa a manifestation of lymphoproliferative diseases associated with human T-cell leukemia virus type 1 in southwestern Japan. Mod Pathol 10 933-938.
 
2. 総説
S97001: 宇良政治 (1997) 掌蹠膿疱症の病因とその病態: プラスミン系線溶酵素の動態からみた病巣感染症. 口腔咽頭科 9 229-237.
 
S97002: 宇良政治 (1997) 癒着の強い埋没型扁桃の摘出術. JOHNS 13 247-252.
 
S97003: 野田寛 (1997) 高齢化社会の難聴・コミュニケーション障害 -補聴器適合の重要性-. 耳鼻臨 90 376-377.
 
S97004: 安田忍, 野田寛 (1997) 沖縄の花粉飛散状況と花粉症. アレルギー領域 4 514-518.
 
4. 報告
H97001: 安田忍, 宇良政治, 大輪達仁, 金城利彦 (1997) 一側性感音難聴を呈した神経線維腫の1. 日耳鼻会報 100 165.
 
H97002: 大輪達仁, 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄城徳秀, 下地善久, 真栄田裕行, 中村由紀夫, 野田寛, 知念信雄 (1997) 頸動脈小体腫瘍の1症例. 日耳鼻会報 100 167.
H97003: 幸地綾子, 楠見彰, 新濱明彦, 中村由紀夫, 下地美矢子 (1997) Blow out fracture整復後に生じた眼窩内嚢胞. 日耳鼻会報 100 169.
H97004: 糸数哲郎, 古謝静男, 幸地綾子, 野田寛 (1997) 副鼻腔悪性腫瘍が疑われた炎症性偽腫瘍の1. 日耳鼻会報 100 193.
 
H97005: 新濱明彦, 楠見彰, 幸地綾子, 嘉数光雄 (1997) Calvarial bone flapを用いた上顎再建. 日耳鼻会報 100 194.
 
H97006: 大輪達仁, 古謝静男, 糸数哲郎, 下地善久, 野田寛 (1997) 喉頭結核の1. 日耳鼻会報 100 196-197.
 
H97007: 伊志嶺了, 大輪達仁, 安田忍, 宇良政治 (1997) 過去3年間の琉球大学医学部附属病院耳鼻咽喉科における突発性難聴患者に対する高気圧酸素療法の効果とその検討. 日耳鼻会報 100 999.
 
H97008: 宇良政治, 安田忍, 大輪達仁, 伊志嶺了, 稲嶺智広 (1997) アブミ骨手術を施行したVan der Hoeve症候群の一例. 日耳鼻会報 100 999. 
 
H97009: 安田忍, 宇良政治, 大輪達仁, 伊志嶺了, 稲嶺智広 (1997) 蝸牛開窓を要した中耳奇形の一例. 日耳鼻会報 100 999.
 
H97010: 嘉数光雄, 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄城徳秀, 新濱明彦, 大輪達仁, 真栄田裕行 (1997) 誤嚥防止を目的に喉頭全摘術を施行した3症例. 日耳鼻会報 100 1000.
 
H97011: 山里将司, 真栄田裕行, 又吉重光 (1997) 上顎洞に発生したepidermoid cystの一例. 日耳鼻会報 100 1000-1001.
 
H97012: 渡口明, 松村純, 伊波博雄 (1997) 眼窩内側壁骨折の鼻内整復術の一症例 -cine mode MRIの応用について-. 日耳鼻会報 100 1001.
 
H97013: 大輪達仁, 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄田裕行, 楠見彰, 野田寛 (1997) 鼻腔原発無色素性悪性黒色腫の1. 日耳鼻会報 100 1001.
 
H97014: 松村純, 渡口明 (1997) トキソプラズマリンパ節炎の一例. 日耳鼻会報 100 1001.
 
H97015: 糸数哲郎, 古謝静男, 真栄城徳秀, 下地善久, 新濱明彦, 野田寛 (1997) 当教室における舌癌T1N0,T2N0症例に対するレーザー切除術の検討. 日耳鼻会報 100 1001.
 
H97016: 中村由紀夫, 神谷聰, 古謝静男 (1997) 病理学的に鰓性癌を疑った1症例. 日耳鼻会報 100 1001-1002.
 
H97017: 稲嶺智広, 大輪達仁, 下地善久, 糸数哲郎, 古謝静男, 野田寛 (1997) 頸部郭清術後に生じた乳び胸の一例. 日耳鼻会報 100 1002.
 
H97018: 幸地綾子, 楠見彰, 新濱明彦, 嘉数光雄, 山内昌幸, 江洲浩明 (1997) 鼻中隔粘膜採取部被覆材としてのテルダーミスの有用性. 日形成外会誌 17 197.
 
H97019: 山里将司, 真栄田裕行, 又吉重光, 古謝静男, 新濱明彦 (1997) 頭皮に原発した血管肉腫の一例. 7回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会プログラム 126.
 
H97020: 嘉数光雄 (1997) 眼球突出をきたした眼窩内多形腫の1. 日形成外会誌 17 398.
 
H97021: 新濱明彦, 楠見彰, 幸地綾子, 山内昌幸, 嘉数光雄, 山口慶一郎 (1997) 眼窩壁骨折を中心とした3DCT動画像による解析. 40回日本形成外科学会総会・学術集会プログラム/抄録集 176.
 
H97022: 幸地綾子, 楠見彰, 新濱明彦, 嘉数光雄, 山内昌幸, 中村由紀夫 (1997) MRSA保菌者における頭蓋底再建術の経験. 日形成外会誌 17 618-619.
 
H97023: 菅野祐幸, 山内忍, 橋本道子, 大澤政彦, 古謝静男, 青笹克之 (1997) Epstein-Barr virus (EBV) 陽性鼻腔リンパ腫患者のHLA-A allotypeの検討. 日本癌学会総会記事 476.
 
H97024: 真栄田裕行, 山里将司, 又吉重光, 久貝忠男 (1997) 初診時左反回神経麻痺を呈した弓部解離性大動脈瘤の2症例. 49回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会プログラム 153. 
 
H97025: 伊志嶺了, 楠見彰, 新濱明彦, 幸地綾子, 真栄田裕行, 嘉数光雄 (1997) 進行性鼻壊疽による鞍鼻再建の1. 日形成外会誌 17 795.
 
H97026: 宇良政治, 冨里則子, 高良苗子, 野田寛 (1997) 人工内耳埋め込み耳における残存聴力. Audiol Jpn 40 583.
 
H97027: 冨里則子, 宇良政治, 高良苗子, 真栄田博美, 野田寛 (1997) 人工内耳埋め込み術を施行したWaardenburg症候群小児の1. Audiol Jpn 40 571.
 
5. その他
M97001: 宇良政治 (1997) 高度難聴と人工内耳. 沖縄県医師会報 104.