保健医学講座

 

A. 研究課題の概要

 

1. 物理的環境刺激の生体影響

 振動・騒音等の物理的環境因子は, 職域あるいは日常生活の中においても重要な健康影響因子として注目されている。手持ちの振動工具の長年の使用によって引き起こされる振動障害は未だに職業病としての意義が大きい。また, 重機等の操縦者にも全身振動の負荷による, 脊椎への影響を始めとした障害が認められる。騒音による影響も種々報告されており, また従来耳には聞こえないとされていた低周波空気振動も問題視されているように, 新しい環境刺激に対応するためにも基礎的検討が肝要である。今年度は, 騒音刺激が生体の免疫・神経内分泌系に及ぼす影響に関して, 動物実験を中心に追究した。

 

2. 個人及び集団におけるライフスタイルの地域格差に関する調査研究

 生体内の栄養成分の地域較差について, 摂取栄養素成分及び栄養調査の結果と併せて, がんや循環器などの疾病の死亡率の地域較差との相関性について検討する。

 

3. 栄養疫学的側面から見た栄養評価法の開発とその応用

 人間―環境系の一部として考えられる食事環境が, 疾病の発生と, そのリスク要因について, どのような関わり合いを持つかを明らかにする目的で, 栄養評価法の妥当性の研究を行った。 本評価法を利用して, 沖縄の地域住民における, 食物摂取と疾病構造に関する栄養疫学的側面からの検討を行っている。

 

4. 沖縄県の疾病構造に関する研究

 沖縄県は, 気候・風土, 文化など他府県とは異なっており, 疾病構造においても肺がんによる死亡が高く, 胃がんによる死亡が低いなどの特徴を有する。これらに鑑み, 地理病理学的な観点も含め, 広く調査研究を行い, 公衆衛生学上の諸課題に取り組んでいる。

 

5. 国際保健に関する研究

 琉球大学医学部は, 平成4年からラオス国に対する医療協力を進めている。本講座では, プライマリ・ヘルスケアのシステムづくりを担当している。これを実践例として, 発展途上国の衛生環境の整備に始まる, 保健・医療・福祉の体系を追究している。

 

 

B. 研究業績

 

1. 原著

G97001: 秋坂真央, 座光寺秀元, 有泉誠 (1997) 女子高校生のライフスタイルと踵骨骨密度に関する研究. 日衛生誌 52 481-489.

 

G97002: Kinjoh K, Kosugi T, Koga T, Ueda T, Ariizumi M (1997) Removal of malodorous substances at an animal facility in a subtropical region equipped with COSA/ TRON(?) system. Ryukyu Med J 17 135-141.

 

G97003: 新城正紀, 有泉誠, 等々力英美, 恩河尚清, 金城英子 (1997) 戦後沖縄の結核対策に関する調査研究 -保健所活動を中心に-. 民族衛生 63 362-373.

 

2. 総説

S97001: 小川寿美子 (1997) ラオス国プライマリヘルスケア活動とその後. 日医新報 361 9-12.

 

4. 報告

H97001: 等々力英美, 有泉誠, 安次富郁哉, 鈴木信 (1997) 沖縄における食物摂取頻度調査表の作成. 日公衛誌44 1291.

 

H97002: 等々力英美, 有泉誠, 津金昌一郎, 渡辺昌 (1997) 5県地域住民の血清アミノ酸値と血清尿酸値との関係. 日衛誌 52 148.

 

H97003: 等々力英美 (1997) 高齢者の社会的支援と主観的幸福感について. 早稲田大学人間総合研究センターシンポジウム (東京)「医療に関わる技術の現状」.

 

H97004: 等々力英美 (1997) 沖縄の長寿者の健康要因. 長寿科学総合研究平成8年度研究報告 10 161-163.

H97005: Willcox BJ, Jenkins DJA, Fuchigami K, Willcox DC, Suzuki M, Todoriki H, Komatsu H, Nakahara S, Mibu R, et al (1997) The modern Japanese diet : Is it heart-healthy?. Proc 16th Int Congr Nutr 170.

 

H97006: 玉城清子, 賀数いづみ, 玉城三枝子, 波多野陽子, 新城正紀 (1997) 沖縄県の母児同室の実施状況と看護者の意識. 平成9年度九州地区看護研究学会集録 62-65.

 

H97007: 上地悦子, 吉川千恵子, 我那覇京子, 玉那覇菊恵, 新田美恵子, 山田都子, 真壁薫, 荻堂志那子, 新城正紀 (1997) 看護職者の余暇の実態 (第1報) -意識と余暇時間-. 平成9年度九州地区看護研究学会集録 211-214.

 

H97008: 玉那覇菊恵, 新田美恵子, 山田都子, 吉川千恵子, 上地悦子, 我那覇京子, 真壁薫, 荻堂志那子, 新城正紀 (1997) 看護職者の余暇の実態 (第2報) -余暇活動の現状-. 平成9年度九州地区看護研究学会集録 215-218.

 

H97009: 山田都子, 新田美恵子, 玉那覇菊恵, 真壁薫, 荻堂志那子, 上地悦子, 吉川千恵子, 我那覇京子, 新城正紀 (1997) 看護学生の余暇に関する意識と活動(第1報) -意識と余暇時間-. 第29回沖縄県公衆衛生学会発表抄録集 6-7.

 

H97010: 真壁薫, 荻堂志那子, 新田美恵子, 山田都子, 玉那覇菊恵, 吉川千恵子, 上地悦子, 我那覇京子, 新城正紀 (1997) 看護学生の余暇に関する意識と活動(第2報)-余暇活動と過ごし方の満足度-. 第29回沖縄県公衆衛生学会発表抄録集 8-9.

 

H97011: 吉川千恵子, 仲里幸子, 新城正紀, 金城忍, 上田礼子 (1997) 家族形態別による健康度と自己概念. 民族衛生 63 162-163.

H97012: 小林潤, Nambanya S, 佐藤良也, 宮城一郎, 新城正紀, Vanachone B, Xeuatobongsa A, Manivong K, Inthakone S, 天野博之, 野崎宏幸 (1997) ラオス国カモアン県におけるマラリアモデル村の作成. 日熱帯医会誌 25 108.

 

H97013: Nishida K, Watanabe E, Kinjo R, Sinjo M, Kono S (1997) A Study on contributing factors for retention of teeth among the elderly. International Symposium: Health-Related QOL and Health Care Assessment Program & Abstracts 46.

 

H97014: 我那覇京子, 上地悦子, 吉川千恵子, 玉那覇菊恵, 新田美恵子, 山田都子, 真壁薫, 荻堂志那子, 新城正紀 (1997) 看護職者の余暇に関する意識と行動. 日公衛誌 44 240.

 

H97015: 新城安哲, 新城正紀 (1997) 沖縄における海洋性危険生物による被害1 -ハブクラゲの被害を中心に- . 日公衛誌 44 540.

 

H97016: 新城正紀, 有泉誠, 小林潤, X アノン, S ソンペット (1997) ラオス国PHC活動の評価のための基礎調査. 日公衛誌 44 1460.

 

H97017: 新城正紀, 大城真一, 宮里綱成, 鄭奎城, 有泉誠 (1997) 架橋による生活状況の変化. 日本民族衛生学会沖縄地方会プログラム 3.

 

H97018: 新城安哲, 新城正紀 (1997) 平成8年度海洋性危険生物による被害調査. 海洋性危険生物対策事業報告書 沖縄県衛生環境研究所 1-22.

 

H97019: Boupha B, Dalaloy P, Ogawa S (1997) Health sector reform and health transition in Lao PDR. Proceeding of the international conference (in press).

 

H97020: 小川寿美子 (1997) 健康転換概念による保健医療需要ならびに援助計画の分析 -ラオスの健康転換とLLDC援助パッケージ試案 -Competition approachからDonor managementへ-. 国際医療協力委託研究平成9年度研究報告 (in press).

 

H97021: Ogawa S (1997) Absence of First Line Health Service and ill-distributed health manpower in Lao PDR -Analysis of the causes and possible solutions-, Term Paper of International Course for Health Development, Institute of Tropical Medicine in Antwerpen, Belgium.

 

H97022: 吉中麻樹, 長谷川敏彦, 小川寿美子(1997) 明治期日本の教育政策と保健衛生. 第8回日本国際開発学会全国大会.

 

H97023: 竹内百重, 長谷川敏彦, 北島勉, 小川寿美子(1997) 開発途上国の保健医療セクターにおける受益者負担 (User charge) の分析. 第8回日本国際開発学会全国大会.

 

H97024: 竹内百重, 小川寿美子, 長谷川敏彦, Bungnong, Ponmek, Nyamadawa, Cuong (1997) アジア移行経済国における保健医療セクター改革とDecentralization: ヴェトナム, モンゴル, ラオスにおける事例分析. 第8回日本国際開発学会全国大会.

 

H97025: 松村芳子, 鐘ケ江孝, 名児耶忠章, 嶋村政男, 三枝洋子, 塚本昭次郎 (1997) トルエン投与時のマウスの臓器中の遊離アミノ酸の変動. アルコールと薬物依存 32 384-385.