生化学第二講座

 

A. 研究課題の概要

 

1. ヘモグロビンの機能, 合成調節および進化について, タンパク質および遺伝子のレベルで研究 (武居洋, 池原強)

 鳥類および鰭脚類ヘモグロビンは複数成分で?鎖に差異があることが認められる。その機能的差異, 合成調節および進化的意義について研究するために, タンパクおよび遺伝子の解析を行う。

 

2. ヘモグロビン遺伝子およびミトコンドリアDNAの塩基配列よりみた爬虫類, および魚類の系統進化に関する研究 (武居洋, 江口知子, 大城稔)

 毒蛇類 (クサリヘビ科, コブラ科), および魚類 (スズキ目, 骨鰾類) のグロビン遺伝子の構成, cDNAとゲノムDNAの塩基配列を解明し, その分子進化を理解することを目的とする。微量血液よりグロビンcDNA塩基配列を決定する方法の確立をめざしている。

 ミトコンドリアDNAの塩基配列からも種の系統進化を理解する目的で, ヘビ類, 魚類のミトコンドリアDNAの塩基配列を決定し, 進化速度を比較している。

 

3. 東南アジアにおけるサラセミア症の分子病理学的研究 (武居洋, 安里剛)

 タイ北部のHb H病患者の?グロビン遺伝子変異を分析している。特にHb Constant Spring保因者のPCR法による検出法を確立した。一方?サラセミア症における?グロビン遺伝子異常の合併と臨床重症度についても遺伝子レベルで解析している。またサラセミア症にみられるグロビンの過剰蓄積が赤血球前駆細胞の致死を引き起こすメカニズムについても分析を始めている。

 

4. ヒトパピローマウイルス (HPV) について分子疫学的研究 (武居洋, 安里剛)

 当県の健常婦人におけるHPV感染率を把握するため, 子宮癌検診受診者を対象にPCR法によりHPV陽性者を確定し, 陽性率を割り出した。その結果HPVの感染率は約10% (n=3500, L1 consensus primerによる) であった。ハイリスクHPVのE6およびE7遺伝子の大部分に共通する構造を指標としてE6-E7遺伝子の検出される頻度を調べてみると, HPV感染例中23.6% (68/288) にE6-E7遺伝子の存在が確認され, その中にはすでに報告されているハイリスク型HPVと同定できないものも多く含まれる。E6-E7遺伝子の存在が認められる例では沖縄地方特有のハイリスクHPV感染症も含まれると考えられ, その型の同定を試みるとともにE7タンパクのRBタンパクとの結合モチーフを分子進化学的に追求したい。最近我々はRT-PCR法を利用して, 微量の細胞標本からHPV遺伝子のmRNAを検出するシステムを確立した。臨床標本中のHPV oncoproteinsのmRNAを検出することにより, 子宮頚癌をはじめHPVとの関連が疑われる悪性腫瘍の進行度, 治療効果, 再発の判定などに利用できるとともに, HPVの発癌への関わりについても重要な知見が得られると考える。

 

5. ハブ毒による腫瘍細胞の致死作用に関する研究 (安里剛)

 横紋筋肉腫細胞株Kym-1などにハブ毒を作用させ, アポトーシスの誘導, そのときに発現されてくる遺伝子のsubtractive hybridizationによる単離, およびその遺伝子の構造, 機能を研究することを目的としている。

 

 

B. 研究業績

 

1. 原著

G97001: Ikehara T, Eguchi Y, Kayo S, Takei H (1997) Isolation and sequencing of two α -globin genes αA and αD in pigeon and evidence for embryo-specific expression of theαD-globin gene. Biochem Biophy Research Commun 234 450-453.

 

4. 報告

H97001: 池原強, 江口幸典, 嘉陽進, 武居洋 (1997) ハトαAグロビン遺伝子の構造解析. 生化学 69 581.

 

H97002: 長井裕, 渡嘉敷みどり, 伊波忠, 諸見里秀彦, 前濱俊之, 東政弘, 金澤浩二, 安里剛 (1997) 子宮頸部異形成, 上皮内癌に対する治療的円錐切除術前後におけるHPV DNA検出の意義. 日産婦九連会誌 74.

 

H97003: 長井裕, 前濱俊之, 東政弘, 金澤浩二, 安里剛 (1997) 子宮頚癌の転移診断におけるHPV DNA検出の意義, 日産婦連会誌 49 supple 368.