生化学第一講座

 

A. 研究課題の概要

 

1. リボソーム蛋白遺伝子の発現調節機構 

 細胞内の蛋白合成を担っているリボソームは, 約80種の蛋白と4種類のRNAから出来ています。このリボソームを合成する際, 各成分が等量ずつ作られていますが, このような調節がどんなメカニズムで行われているかを研究しています。調節に関わる転写調節因子の分離精製を進めるとともに, そのcDNAクローニングも平行して行っています。

 

2. 人のリボソーム蛋白遺伝子の構造と先天性疾患との関係

 これまでリボソームが直接原因となっている病気は知られていませんでしたが, 最近リボソーム蛋白遺伝子の異常が先天性疾患の原因となるのではないかと考えられるようになりました。私たちはこのような可能性を検討するためにほとんどのリボソーム蛋白遺伝子の詳細なマッピングを完成させ, 各遺伝子の塩基配列の解析へと進んでいます。

 

3. 鶏遺伝子サーフェイト領域の解析

 高等動物の遺伝子には意味を持たない部分が多く, 蛋白をコードする遺伝子はこの中に互いに遠く離れているのが普通ですが, 最初, マウスの遺伝子の中で腫瘍化活性のある部分として分離されたこのサーフェイト領域では, 数種類の遺伝子が密に詰まっている事が知られています。このような遺伝子構成にどんな意味があるのか, この遺伝子がどんな蛋白をコードしているのかを調べています。

 

4. 低分子核小体RNA (snoRNA) の遺伝子構造

 高等動物の蛋白質やRNAをコードする遺伝子は各々独立しているものですが, snoRNAは, 蛋白質をコードする遺伝子のイントロンに含まれ, mRNA前駆体から切り出されて作られます。どんな蛋白質の遺伝子が宿主になっているのか, このような遺伝子構造にはどんな生理的あるいは進化上の意味があるのかなどを調べています。

 

5. 遺伝性球状赤血球症と赤血球膜タンパク

 遺伝性球状赤血球 (HS) は小球性の球状赤血球が末梢血中に出現する先天性溶血性貧血の内の一つです。先天性溶血性貧血の大部分はこのHSです。この疾患の病因が何処にあるのかは現在まで不明です。しかしこの赤血球膜タンパクを電気泳動的に分析した結果, バンド4.2タンパク (P4.2) の特異的な減少あるいは欠損が存在することを明らかにしてきました。この事実から, HSのP4.2の機能と, 赤血球の形態に及ぼす関係を調べています。

6. ヘリコバクター属菌の生化学

 ヘリコバクター属菌は現在までに十数種類が分類されています。この属菌の内ヒトを宿主とするH.pyloriについては, 潰瘍を誘導する必須条件であることが判ってきましたが, これ以外のファクターが存在しなければならないことが判っています。しかし, どのようなファクターは必要なのかは現在まで判っておりません。そこで, ヒト以外のネコ, ラット, フェレットを宿主とする属菌を用いて, これらの菌が備えている諸性質を比較生化学的に検討しています。

 

 

B. 研究業績

 

1. 原著

G97001: Kanzaki A, Hayette S, Inoue F, Matsuyama R, et al (1997) Total absence of protein 4.2 and partial deficiency of band 3 in hereditary spherocytosis. British J Haematol 99 522-530.

 

2. 報告

H97001: 松山玲子, 井上文英 (1997) マングース赤血球膜タンパクのヒトバンド4領域との比較. 生化学 69 855.

 

H97002: 前田紀子, 剣持直哉, 徳誠吉, 田中龍夫 (1997) 鶏リボソーム蛋白L7aを含む遺伝子クラスターの解析:L7a遺伝子下流の遺伝子のコードする蛋白. 生化学 69 852.

 

H97003: 徳誠吉, 前田紀子, 田中龍夫 (1997) 鶏リボソーム蛋白L7a遺伝子上流のETSエレメントに結合する因子の精製と性質. 生化学 69 789.

 

H97004: 剣持直哉 (1997) 疾患原因としてのリボソーム蛋白遺伝子同定の試み. 生化学 69 1419.

 

H97005: 吉浜麻生, 比嘉三代美, 剣持直哉, 田中龍夫 (1997) S13リボソーム蛋白遺伝子に内在するU14 snoRNA遺伝子の解析. 生化学 69 1420.

 

H97006: 比嘉三代美, 吉浜麻生, 上地珠代, 前田紀子, 田中龍夫, Lennon G, Page D, 剣持直哉 (1997) ヒト第19番染色体上のリボソーム蛋白遺伝子のクラスター構造の解析. 生化学 69 1420.

 

H97007: Kenmochi N, Kawaguchi TS, Rozen S, Davis E, Goodman N, Tanaka T, Page DC (1997) Mapping of 73 human ribosomal protein genes: relationship to chromosomal disorders. International Conference on "The Ribosome: Its (Nucleolar) Synthesis and Structure" (Noordwijkerhout, the Netherlands) Abst 14.

 

H97008: Tanaka T, Kenmochi N, Yoshihama M, and Higa S (1997) U14 snoRNA genes in the introns of human ribosomal protein S13 gene. International Conference on "The Ribosome: Its (Nucleolar) Synthesis and Structure" (Noordwijkerhout, the Netherlands) Abst 71.

 

H97009: 剣持直哉, 川口知子, Steve Rozen, 田中龍夫, Page D (1997) ヒトリボソーム蛋白遺伝子群の STS を用いた系統的マッピング: 疾患との関連を目指して. 日本人類遺伝学会第42回大会プログラム・抄録集 119.

 

H97010: Kenmochi N, Kawaguchi T S, Asakawa S, Yoshihama M, Higa S, Uechi T, Rozen S, Tanaka T, Shimizu N, et al (1997) Cloning and mapping of the genes encoding the human ribosomal proteins. Annual Meeting of American Society of Human Genetics (Baltimore) Am J Hum Genet 61 A237.

 

H97011: 吉浜麻生, 比嘉三代美, 剣持直哉, 田中龍夫 (1997) U14 snoRNAはS13リボソーム蛋白遺伝子のイントロンにコードされる. 第20回日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集.

 

H97012: 剣持直哉, 浅川修一, Page DC, 吉浜麻生, 上地珠代, 清水信義, 田中龍夫 (1997) ヒトリボソーム蛋白遺伝子群の系統的なマッピングおよび構造解析. 第20回日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集.

 

H97013: 比嘉三代美, 吉浜麻生, 田中龍夫, Lennon G, 剣持直哉 (1997) ヒト19番染色体上に近接して存在する2種類のリボソーム蛋白遺伝子. 第20回日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集.