小児科学講座

 

A. 研究課題の概要

1.思春期心身症等の早期発見のためのスクリーニング法の研究(平山清武,識名節子,島袋高子,劉 宜玲) 

 思春期心身症等の発症要因の解明と発症予防のため,小学校高学年,中学生,高校生を対象に「心身症予備群のスクリーニング」の確立を目的として,沖縄県内の学校等で試行を重ね,学校現場において生徒の不適応状態の把握に活用してきた。1996年は,高校3校,中学校5校,小学校1校の計約4,000名を対象に,心身の健康調査票を実施し,各学校の養護教諭や担任教諭と連携を図ることによる心身症予備群のスクリーニングの効果的な利用法について検討を行った。

 厚生省心身障害研究「効果的な親子のメンタルケア」に関する研究班の「小児心身症に関する研究班」の分担研究「学校での小児心身症の早期発見とその対応に関する研究」を報告した。その内容は(1)保健室頻回来室者の実態を把握するために養護教諭と本人に行った調査の3年間のまとめ(2)自覚症状からみた中学生の起立性調節障害について,起立試験も加えた結果の検討である。

 また,1995年からの台湾における中学生の不適応徴候についての研究では,従来より使用してきた心身の健康調査票を中国語に翻訳し,2度の予備調査の後,1996年10月〜11月にかけて台湾の中学校11校,男女計2,767人に本調査を行った。現在,各項目について沖縄の中学生との比較検討も含めて解析中である。

 1997年も引き続き上記の研究目的で調査検討をすすめてゆく予定である。

 また,保健学科大学院生(枦山幸恵)の修士論文「 思春期の不定愁訴に関する研究−起立性調節障害のスクリーニングの試み−」に対し研究指導を行なった。

 

2.琉球大学医学部小児科パソコンデータベース・バージョンアップ版 (UR-DBMSV4.0)の作成と公開(成富研二)

 UR-DBMSはV3画像版までに全国約250の大学および研究施設,基幹病院で利用されており,国内最大のマッキントッシュ対応の臨床遺伝性疾患データベースとなっている。1996年よりインターネットのOnline-MIMホームページより最新のデータと文献を取り込み,V4.0へのバージョンアップを完成させた。新しいV4.0は疾患・遺伝子総数約5,900,遺伝子変異記載総数650であり,本体の容量は33MBである。文献ファイルは毎日最新のものを追加したので,20.4MBとなった。また,新たに文献要旨ファイルをMEDLINE情報などから引用し,総計25,000文献分のファイル80MBを作成した。その他のファイルを加えると合計約140MBとなるので,230MBのMOディスクで1997年から公開している。使用した写真の著作権の関係で日本国内だけで利用できる。V4.0により1996年までに報告された遺伝性疾患や遺伝子変異の検索がさらに簡単になった。

 

3.Sotos 症候群の自然歴に関する研究 (成富研二,泉川良範)

 1994年からスタートした厚生省研究班(黒木班)では奇形症候群の自然歴を全国集計し検討する作業をおこなうことになった.琉大の担当は Sotos 症候群であり,1995年度は全国約60例について,成因,症状,検査成績,成長曲線の作成,就学状況などについてアンケート調査し,1996年度にSotos 症候群のトータルケアに必要な日本人の基礎データを集計し報告した。

 

4.染色体顕微切断によるFISH用DNAプローブ作成の研究(知念安紹,當間隆也,成富研二)

 マイクロマニピュレーターを使った染色体顕微切断法により,由来不明のマーカー染色体全体を顕微切断後,DNAプローブを作成し,染色体彩色法 (FISH)によりその由来同定を行う技術を完成させた。この方法により17p+と4p+のマーカー染色体で過剰部分の由来を同定し,臨床に応用した。

 

5.新しい疾患単位の発見 (成富研二,知念安紹,泉川良範)

 1996年度は,微細な2番染色体部分欠失の症例報告と神戸大学との共同研究によるThanatophoric dysplasia 症例の遺伝子解析報告を行った。Russell 症候群の遺伝子解析の共同研究が進行中である.また全国の Dysmorphologist が集まった Dysmorphology Conferenceで毎年1回症例検討を行っている。

 

6.小児呼吸器疾患に対するサーファクタント補充療法の臨床的研究(屋良朝雄,安里義秀,比嘉利恵子,祖慶良克)

 サーファクタント補充療法は,新生児呼吸窮迫症候群(RDS )に著効を示す。サーファクタントの質的欠乏を認める他の呼吸器疾患に対して,本療法を行ない,その臨床的効果および影響について研究調査している。RDS以外にすでに胎便吸引症候群,敗血症,肺炎および胎児循環症候群さらには乳幼児の間質性肺炎,ARDSに対しても比較的良好な臨床的効果を認めている。今後も,疾患の蓄積により本療法の治療効果さらに適応について,検討を加えてゆく予定である。

 

7.新生児未熟児の腎不全,心不全,先天性代謝異常疾患に対するCAVH(Continuous Arteriovenous Hemofiltration; 持続的動静脈血液漏過法)療法の臨床的研究(屋良朝雄,安里義秀,比嘉利恵子,祖慶良克)

 新生児の急性腎不全は,多種の原因で容易に生じさらにその予後は決して良好とはいえない。未熟児の中でも極小未熟児以下の症例では,腹膜透析もその合併症のため満足のいく成績を残していない。このような循環動態の不安定な重症急性腎不全に対して,CAVH療法を施行し本療法の適切な方法が確立されれば,新生児医療の発展に大いに寄与するものと予想される。実際,私たちは,急性腎不全の超未熟児例や先天性代謝異常症の症例等に対してパイロット的に本療法を施行し極めて良好な結果を得た。今後も,疾患の蓄積により本療法の有効な方法,治療効果について検討を加え確立を目指したい。

 

8.ファロー四徴症(TF)における,術前・術後の右室機能評価 =核医学を用いた非侵襲的評価法=(城間昇,呉屋良信)

 ファロー四徴症における術前・術後の心機能改善の指標として,右室圧の軽減度から評価する方法がある。正確には心臓カテーテル検査による実測であるが,非侵襲的評価法としては核医学が有用である。201T1による心筋シンチグラフィの正常像では,左室心筋のみ描出され,右室心筋は描出されない。しかしファロー四徴症においては,右室圧が左室圧と等圧なため,右室心筋が描出される。また心筋SPECT 検査を併用することで,心筋各部位のカウント比を求めて,半定量的に診断を行うことができる。心臓カテーテル検査と201T1心筋シンチグラフィを,術前・術後の同時期に行い,相関したデータが得られれば,将来的には核医学のみを用いた非侵襲的方法で,右室機能の評価は可能であると考える。

 

9.川崎病(MCLS)における冠血管病変の非侵襲的評価法(城間昇,呉屋良信,伊波徹,武富博寿)

 川崎病の冠血管病変の評価法として,201T1心筋シンチグラフィは心臓カテーテル検査に比して非侵襲的であり,コストも安価で,しかも外来で行える。ペルサンチン負荷を併用すると,心臓カテーテル検査では得られない,心筋の虚血性変化も評価できることがある。最近,99mTc-MIBI は半減期が短く撮像にも優れているとの報告があり,この検査法との比較も検討中である。

 

10.重症肺動脈弁狭窄症に対する経皮的バルーン弁形成術の効果(呉屋良信,伊波 徹,武富博寿)

 1982年Kan らによる経皮的肺動脈弁形成術の臨床報告がなされて以来,本邦でもこの治療法の報告が相次いだ。当教室でも昨年11月から3例に対して本治療を施行し,いずれも良好な結果を得た。特に生後3か月の乳児例は,弁形成術の前後で右室圧が90から21 mmHg と著明な改善を認め,心不全症状も消失した。重症肺動脈弁狭窄症に対する経皮的バルーン弁形成術は比較的非侵襲的で,その安全性や有効性から今後は開胸手術にかわるものと期待している(但し弁の形態など適応基準がある)。

 

11.小児癌の治療における末梢血幹細胞移植 (百名伸之,知名耕一郎,具志堅俊樹)

 白血病や固形癌などの小児癌は抗癌剤に対する感受性が高く,容量依存性に抗腫瘍効果が期待できる。しかし白血病のhigh risk 症例や固形癌の進行例では薬剤耐性に陥りやすく,長期生存率は5割に満たない。超大量の化学療法はこの薬剤耐性を克服しうることが期待されるが,骨髄機能が廃絶するため造血幹細胞の補充が必須となる。近年,抗癌剤による化学療法後の造血回復期に,顆粒球コロニー刺激因子を用いると一過性に末梢血中の造血幹細胞が増加することが明らかになった。自家末梢血幹細胞移植は骨髄機能の救済にこれを用いる治療法である。まず通常の化学療法後に増加した造血幹細胞を血液成分分離装置を用いて採取,凍結保存しておく。次いで超大量の化学療法を行い,保存しておいた末梢血幹細胞を解凍して輸注する。採種した幹細胞が十分が得られたかは1)コロニーアッセイ法によりCFU-GM 数を定量,2)フローサイトメトリーでCD34 陽性細胞数を定量,の2種類の方法で確認している。現在まで急性白血病5例,固形癌2例に対して施行したが,全例十分量の幹細胞が採種され,速やかに造血能の回復が得られている。今後,さらに症例数を増やし,後移植関連の短期,長期合併症,免疫能の回復,長期生存率の改善が得られるかどうかなどについて解析を行っていく予定である。

 

12.塗抹染色標本を用いた蛍光 in situ 分子雑種法による血液腫瘍の遺伝子解析の研究(百名伸之,成富研二,當間隆也)

 骨髄血塗沫標本において,メイ・ギムザ染色により細胞を形態的に同定した後,FISHを行う。すでに正常コントロールを用いて本手法の手技の確立と特異性を確認した。現在数的染色体異常を持つ急性白血病の検体について分析し,細胞の形態学的特徴と遺伝学的特徴との関連を解析している。さらに数的染色体異常は腫瘍の遺伝学的マーカーとなるため,残存腫瘍の検出を試みている。本研究により従来の細胞化学染色により蓄積されてきた腫瘍クローンの形態学的特徴と遺伝学的特徴の関連が,個々の細胞について容易に検討でき,腫瘍細胞クローンが,どの血液細胞系統に帰属し,どこまで分化しているのかが明らかとなる。この結果は,染色体異常と白血化の病態解明に繋がるものである。また,臨床的には白血病寛解期における微小残存腫瘍の検出が可能となれば,治療効果や予後の判定に応用される。

 

13.白血病および小児癌の診断および治療法の研究(百名伸之,具志堅俊樹,知名耕一郎)

 小児の白血病および固形腫瘍の診断法および予後因子の解析,治療法および合併症への対応法,二次癌の発生や内分泌障害などの晩期障害の予防法の臨床研究を多施設共同研究で行っている。また病名の告知や末期を含む患児への援助などの臨床心理学的研究を行っている。

 

14.洗浄血小板による非溶血性輸血副作用回避についての研究(百名伸之,知名耕一郎)

 非溶血性輸血副作用として,蕁麻疹は全輸血の1〜2%と比較的多い。重篤な合併症はまれであるが重症患者の場合輸血の中止を余儀なくされたり,併用薬剤のアレルギー反応との鑑別が問題となることもあり,可能なかぎり回避が望まれる。現在血液センターの協力の下に洗浄血小板による蕁麻疹の予防効果,およびその臨床的有用性について検討している。

 

15.慢性腎炎に対する種々の治療効果についての臨床的検討(金城紀子)

 慢性腎炎(IgA 腎症,紫斑病性腎炎)に対するステロイド療法と抗凝固療法や免疫抑制剤を加えた多剤併用療法との治療効果についての検討をその病理学的検討を加えながら行っている。

 

16.沖縄県における小児膠原病の調査研究(金城紀子)

 小児膠原病は成人例に比較して症例が少ないことから,現在,各膠原病について臨床的特徴や治療効果について検討している.また,小児膠原病についての詳細な実態調査報告がなく,今後,その診断技術の向上や治療プロトコールを確立するためには,まず,沖縄県内のその発生状況を把握するために疫学的調査を行う必要がある。離島を含めた全県下の実態調査を検討していく予定である。

 

 

B.研究業績

1.原著

G96001: Chinen Y, Tohma T, Izumikawa Y, Iha T, Goya Y, Naritomi K (1996) Small interstitial deletion of the long arm of chromosome 2 (2q24.3): further delineation of 2q medial monosomy syndrome. Jpn J Hum Genet 41: 323-328.

 

G96002: Pokharel RK, Alimasardjono H, Takeshima Y, Nakamura H, Naritomi K, Horie S, Onishi S, Matsuo M (1996) Japanese case of type 1 thanatophoric dysplasia exclusively carry a C to T transition at nucleotide 742 of the fibroblast growth factor receptor 3 gene. Biochem Biophys Res Commun 227: 236-239.

 

G96003: Hokama T, Hamamoto I, M Hlth Sci, Shizuhiro Takenaka, Kiyotake Hirayama, Asao Yara, Andrew Adjei, M Hlth Sci (1996) Throat Microflora in Breastfed and Formula-fed Infants. Jounal of Tropical Pediatrics 42 324-326.

 

G96004: Hokama T, Takenaka S, Hirayama K, Yara A, Yoshida K, Itokazu K, Kinjo R, Yabu Es (1996) Iron Status of Newborns Born to Iron Deficient Anaemic Mothers. J Tropical Pediatrics 42 75-77.

 

G96005: 成富研二 (1996) Dysmorphology data base 小児診療 59 1891-1897.

 

G96006: 屋良朝雄 (1996) 出生前診断された異常新生児の治療と予後. 第11回おきなわ新生児セミナーテキスト1-12.

 

G96007: 星加明徳, 宮本信也, 生野照子, 平山清武, 斎藤万比古 (1996) 本邦における小児心身症の実態調査成績−発症の背景因子と経過中の増強因子−. 小児科 37 853-858.

 

G96008: 大城聡, 比嘉利恵子, 屋良朝雄, 平山清武, 吉田馨, 徳嶺章夫, 外間章 (1996) 重症RH不適合性新生児溶血性貧血にMeconium diseaseを合併した1例. 小児臨 49 1647-1650.

 

G96009: 大城聡, 宮城清美, 屋良朝雄, 平山清武, 吉田馨, 仲宗根一彦 (1996) 難治性低血糖症に一過性高インスリン血症を合併した新生児仮死の1例. 小児臨 49 1703-1706.

 

2.総説

S96001: 成富研二 (1996) 9番染色体異常. 小児内科 28 86-90.

 

S96002: 成富研二, 知念安紹 (1996) Aicardi 症候群. 遺伝子病マニュアル下. Molecular Medicine (臨時増刊号) 33 314-315.

 

S96003: 星加明徳, 宮本信也, 生野照子, 平山清武, 斎藤万比古 (1996) 健康観察上での問題点と対応 心身症. 小児臨 (増刊号学校保健) 49 1463-1469.

 

3.著書

T96001: 成富研二, 平山清武 (1996) 琉球大学遺伝性疾患パソコンデータベースの開発とその臨床応用. 琉球大学医学部附属地域医療研究センター編, 九州大学出版会, 福岡, 69-76.

 

T96002: 成富研二 (1996) 22番染色体リング症候群. 臨床染色体診断法, 金原出版, 東京, 475-477.

 

T96003: 成富研二 (1996) 22q- 症候群. 臨床染色体診断法, 金原出版, 東京, 469-470.

 

T96004: 成富研二 (1996) 15qトリソミー症候群. 臨床染色体診断法, 金原出版, 東京, 418-420.

 

4.報告

H96001: 平山清武, 識名節子, 劉宜玲, 仲田行克 (1996) 学校での小児心身症の早期発見に関する研究. 厚生省心身障害研究 親子のこころの諸問題に関する研究 平成7年度研究報告書 137-143.

 

H96002: 成富研二 (1996) Sotos 症候群の自然歴に関する研究. 厚生省心身障害研究 親子のこころの諸問題に関する研究 平成7年度研究報告書 264-265.

 

H96003: 成富研二, 泉川良範 (1996) 重度心身障害児の病因診断におけるパソコン・データベースの応用. 厚生省精神・神経疾患研究委託費 重症心身障害児の病態・長期予後と機能改善に関する研究 平成7年度研究報告書 13-17.

 

H96004: 成富研二 (1996) パソコンデータベース(UR-DBMS)の先天異常外来患者への応用. 日小児会誌 100 267.

 

H96005: 知念安紹, 米納加代子, 池間尚子, 當間隆也, 泉川良範, 成富研二, 平山清武, 青木啓光 (1996) 男性仮性半陰陽を伴ったSRY陽性の isodicentric Y の1例. 日小児会誌 100 343.

 

H96006: 比嘉猛, 安里義秀, 劉宜玲, 渡久地鈴香, 比嘉利恵子, 屋良朝雄, 平山清武 (1996) 多発性硬膜下膿瘍を合併した新生児化膿性髄膜炎の1例. 日小児会誌 100 414.

 

H9607: 急性白血病に合併した真菌性肝膿瘍の2例−診断および治療に関する検討. 日小児会誌 100 461.

 

H96008: 知名耕一郎, 城間直秀, 比嘉猛, 百名伸之, 具志堅俊樹, 平山清武, 青木啓光, 山里将人 (1996) 先天性肝芽腫の1例. 日児がん会誌 33 418.

 

H96009: 安里義秀, 仲宗根元恵, 島袋浩勝, 屋良朝雄, 平山清武 (1996) 新生児期に高血圧で発症し腎不全にいたった両側腎動脈狭窄症の1例. 日未熟児新生児会誌 8 391.

H96010: 宮本信也, 星加明徳, 生野照子, 平山清武, 斎藤万比古 (1996) 小児心身症についての調査(I)−背景因子の検討−. 日小児会誌 100 215.

 

H96011: 星加明徳, 宮本信也, 生野照子, 平山清武, 斎藤万比古 (1996) 小児心身症についての調査(II)−対応および治療−. 日小児会誌 100 215.

 

H96012: 識名節子, 天願優子, 平山清武, 森忠繁 (1996) 思春期の学校や家庭に対する意識と身体症状や悩みについて−数量化II類による解析−. 日本学校保健学会講演集 264.

 

5.その他

M96001: パソコンデータベース Naritomi K (1997) University of the Ryukyus-Database for Malformation Syndromes (UR-DBMS) Ver. 4.0 Picture. Congenital Anomaly Research Group, Department of Pediatrics, University of the Ryukyus School of Medicine., Okinawa.

 

M96002: 天願優子 (1996) 思春期の学校や家庭に対する意識と身体症状や悩みに関する研究−数量化II類を用いての検討−. 琉球大学大学院平成7年度修士論文集.

 

M96003: 金丸貴美, 喜屋武砂月 (1996) 中学生の過敏性腸症候群(疑)の背景要因について.琉球大学医学部保健学科卒業論文集 23 101-104.

 

M96004: 喜屋武砂月, 金丸貴美 (1996) 保健室頻回来室者の追跡調査. 琉球大学医学部保健学科卒業論文集 23 105-108.