生体機能学教室

 

A.研究課題の概要

1.薬物代謝酵素の活性調節に関する研究

 グルタチオントランスフェラーゼ(GST)は,薬物や毒性代謝物のグルタチオン抱合を行う解毒酵素でペルオキシダーゼ活性をも有している。これまでGSTが,活性酵素,反応性の高い薬物代謝中間体の結合,およびプロテアーゼによる限定分解等で活性化されることについて検討してきた。特に,今年度は,GSTを特異的に分解するプロテアーゼを明らかにする目的でラット肝ミクロソームよりプロテアーゼを分離精製し,抗体作製を行い,プロテアーゼのGST分解機序について検討中である。

 

2.沖縄産薬草および伝統食品の薬理作用に関する研究

 沖縄には,古くから民間薬として使用されてきた多くの薬草があり,また,紅麹を用いた沖縄独特の食品がある。本研究では,これらの薬草,伝統食品の抗酸化作用,ラジカルスカベンジャー作用をチェックし,抗酸化作用を有するものについて,肝障害防止作用,種々病態改善作用の有無を検討中である。すでに,紅麹菌が肝保護作用を有することを明らかにし,その有効成分の分析を行っている。

 

3.アフリカ産薬草の研究

 アフリカで用いられている薬用植物の薬理作用については科学的な研究が少ない。本研究では,アフリカ産薬草を抗酸化作用の有無で評価し,ガーナで喘息の治療に用いられている薬草が実験的肝障害を抑制することを見い出した。さらに,抗酸化成分の分析および抗癌作用について検討中である。

 

4.中高年肥満女性に対する肥満改善教室の効果

 中高年の肥満傾向の女性を対象に,食事指導と運動トレーニングを主体として行われた肥満改善教室(10週間)の効果を2重エネルギーX線吸収法(DXA)による全身の体組成と骨密度の測定結果から検討を行った。その結果,運動トレーニングの回数増加に伴った体重の減少を示し,その大部分が脂肪により占められており除脂肪量の変化はみられなかった。また,骨塩量および骨密度はいくつかの部位でスリム教室の前後で減少傾向が認められた。

 

 

B.研究業績

1.原著

G9601: Aniya Y, Uehara N, Ishii C, Suenaga T, Wada N, Matsuzaki T, Sakanashi M (1996) Evaluation of nitric oxide formation from nitrates in pig coronary arteries. Jpn J Pharmacol 71 101-107.

 

G9602: Shimoji M, Aniya Y, Anders MW (1996) Preferential proteolysis and activation of oxidatively modified liver microsomal glutathione S-transferase of rat. Biol Pharm Bull 19 209-213.

 

G9603: Karasudani I, Omija M, Aniya Y (1996) Smooth muscle contractile action of the venom from the crown-of-thorns starfish, Acanthaster planci. J Toxicol Sci 21 11-17.

 

G9604: Karasudani I, Koyama T, Nakandakari S, Aniya Y (1996) Purification of anticoagulant factor from the spine venom of the crown-of-thorns starfish, Acanthaster planci. Toxicon 34 871-879.

 

G9605: Yonamine M, Aniya Y, Yokomakura T, Koyama T, Nagamine T, Nakanishi H (1996) Acetaminophen-derived activation of liver microsomal glutathione S-transferase of rats. Jpn J Pharmacol 72 175-181.

 

G9606: Noguchi K, Matsuzaki T, Shiroma N, Ojiri Y, Sakanashi M (1996) Involvement of nitric oxide and eicosanoids in platelet-activating factor-induced haemodynamic and haematological effects in dogs. Br J Pharmacol 118 941-950.

 

4.報告

H9601: 田中智美, 安仁屋洋子 (1996) 発ガン性化学物質の肝薬物代謝酵素に及ぼす影響. 第69回日本薬理学会年会, 長崎市, Jpn J Pharmacol 71 Suppl? 251.

 

H9602: 小山智之, 江口幸典, 坂梨又郎, 烏谷出, 安仁屋洋子 (1996) オニヒトデ(Acanthaster planci)棘皮から単離した抗凝固物質plancininの作用機序. 日本薬学会第116年会,金沢市,講演要旨集 3 136.

 

H9603: 安仁屋洋子, 田本佳寿江, 新垣あや子 (1996) 化学発ガン物質によるグルタチオン S-トランスフェラーゼの活性化. 第23回日本毒科学会学術年会,福岡市,J Toxicol Sci 21 400.

 

H9604: 安仁屋洋子, 池邊政嗣, 八幡照幸, 佐藤いづみ, 下地みゆき (1996) 肝ミクロソームに存在するGSH S-transferase分解酵素. 第69回日本生化学会大会,札幌市, 生化学 68 774.

 

H9605: 安仁屋洋子, 佐藤いづみ, 八幡照幸 (1996) 活性酸素およびプロテアーゼによる肝ミクロソームglutathione S-transferase活性の調節. 第11回日本薬物動態学会年会(シンポジウム), 金沢市, 薬物動態 11 Suppl 80-81.

 

H9606: 与那嶺正人, 天願博喜, 安仁屋洋子 (1996) ラット肝ミクロソームglutathione(GSH) S-transferaseのtransferase活性とGSH peroxidase活性の調節機序. 第11回日本薬物動態学会年会, 金沢市, 薬物動態 11 Suppl 232.

 

H9607: Maxwell Afari Gyamfi, 与那嶺正人, 安仁屋洋子 (1996) 抗酸化作用を有するアフリカ産薬草の肝保護作用. 第49回日本薬理学会西南部会,熊本市,日本薬理学雑誌 109 79.

 

H9608: 小山智之, 安仁屋洋子, 松崎俊博, 野口克彦, 仲宗根淳子, 宮城香奈子, 樋口マキヱ, 坂梨又郎 (1996) オニヒトデ棘皮毒から単離した血液凝固抑制成分プランシニンの作用機序について. 第49回日本薬理学会西南部会, 熊本市, 日本薬理学雑誌 109 79.

 

H9609: 野口克彦, 松崎俊博, 尾尻義彦, 糸嶺達, 坂梨又郎 (1996) サポニン誘発うっ血性心不全モデルにおけるnicorandilとnitroglycerinの作用. 第69回日本薬理学会年会, 長崎市, Jpn J Pharmacol 71 Suppl? 226.

 

H9610: 尾尻義彦, 吉川朝昭 (1996) 肥満傾向にある中高年女性における骨粗鬆症の積極的予防に関する研究. デサントスポーツ科学 17 197-204.

 

H9611: 宮城鐵夫, 大城幸枝, 大城喜一郎, 吉川朝昭, 尾尻義彦 (1996) 「いきいきスリム教室」における実践(第1報)-DEXA法による体組成と体力測定の検討-. 第51回日本体力医学会大会, 広島市, 体力科学 45 752.

 

H9612: 大城喜一郎, 大城幸枝, 宮城鐵夫, 吉川朝昭, 尾尻義彦 (1996) 「いきいきスリム教室」における実践(第2報)-DEXA法による体組成と医学的検査値の検討-. 第51回日本体力医学会大会, 広島市, 体力科学 45 753.

 

H9613: 尾尻義彦, 吉川朝昭, 宮城鐵夫, 大城幸枝, 大城喜一郎 (1996) 「いきいきスリム教室」における実践(第3報)-DEXAによる骨密度測定結果の検討-. 第51回日本体力医学会大会, 広島市, 体力科学 45 753.