生理学第二講座

 

A.研究課題の概要

1.ハブ三叉神経節内の持続性機械受容細胞の生理学的特徴(朱艾青,寺嶋眞一)

 ハブ三叉神経節内の持続性機械受容細胞は低閾値の触ニューロン(M)と中間閾値の圧力ニューロン(P)に分類されている。本研究ではin vivoでハブの三叉神経節の細胞内に微小電極を刺入し,PとMニューロンのRFの生理学的特性,細胞体の能動的及び受動的な膜の電気生理学的特性を検討した。麻酔後不動化したハブは人工呼吸を用いた。3M塩酸カリウム溶液を微小電極につめた後,三叉神経節の細胞体内に挿入し,RF上の刺激に対する反応によりPとMニューロンを同定した後,細胞内に電流刺激を与えて記録を得た。ハブ三叉神経節内において圧受容ニューロンも触受容ニューロンもRFに一定の強さで持続した機械的な刺激に対して,連続的にインパルスを生じた。このインパルスの発生は冷刺激と温刺激によって影響されなかった。PニューロンのRFはMニューロンの比べて,面積が大きく,機械刺激の閾値も高かった。膜の能動的電気生理学的特性に対して,PニューロンはMニューロンより細胞内陽性電流刺激の閾値が高く,活動電位及び後過分極電位も大きくて幅も広かった。

 

2.脳神経組織における アデノシンによる保護作用(宮本孝甫、宮本忠臣[小倉記念病院研究部])

 虚血による神経細胞の死滅に対してアデノシンは保護作用を発揮することは知られている。その説明としてアデノシンはA1受容体を経由して神経細胞の過分極をもたらし、興奮性を抑制することによって興奮性伝達物質(グラタメート、アスパルテート等)の過剰な放出をおさえるとされて来た。我々はウサギの被殻、海馬、視床及び大脳皮質へのアデノシンの影響をmicrodialysis及びHPLC-ECDにて調べた。

各部位をアデノシンを加えたCSFにより灌流すると、その量に応じて抑制伝達物質として知られるタウリンが放出されるが興奮性伝達物質の放出には著名な変化は見いだされなかった。この事から中枢神経におけるアデノシンによる作用として知られて来たものには、アデノシンが直接作用するものと放出されたタウリンの効果によるものがあることを示唆している。

 

 

B.研究業績

1.原著

G9601: Jiang P-J, Terashima S (1996) Distribution of NADPH-diaphorase in the central nervous system of an infrared-sensitive snake, Trimeresurus flavoviridis. Brain Res 713 168-177.

 

2.総説

S9601: Miyamoto AT, Miyamoto JK (1996) Additional basis for the antinociceptive and protective effects of adenosine. Kokura Memorial Hospital Proceedings. 29; 1: 1-7.

 

4.報告

H9601: 寺嶋真一, 蒋彭佳 (1996)ハブの赤外線感覚核と体性運動核の高レベル cytochrome oxidase. 日本生理学会誌, 58 17.

 

H9602: Terashima S, Zhu A-Q (1996) The properties of presure neuron in the crotaline snake trigeminal ganglion. Jpn J Physiol 46.S 124.

 

H9603: Miyamoto AT, Miyamoto JK (1996) Effects of adenosine on taurine release in the central nervous system. Jpn J Physiol 46.S 179.