臨床生理学教室

 

A.研究課題の概要

1.成人T細胞白血病(ATL)の病態解析と治療法の開発

 1) ATLの病態の多様性の原因を血液免疫学的に解析するとともに、サイトカインの関与について検討する。

 2) ATL細胞関連モノクローナル抗体を作製し, 診断・治療への応用について研究する。

 3) HTLV-Iの活性制御に係わる物質の探索を行う。

 4) ATLの治療法について, CENOP-ENOP療法を考案し,症例の蓄積を行い,有効性を検討する.(本研究の一部は厚生省「がんの集学的治療に関する研究班」(班長:下山正徳)の援助を受けた。)

 

2.HTLV-I感染の疫学的調査とHTLV-Iキャリアの長期追跡

 これまでの疫学調査に加えて長寿とHTLV-I感染との関連を検討する。

 

3.抗HIV剤のスクリーニング

 HIV-1, HIV-2についての活性測定法を確立し、抗HIV剤のスクリーニングを行う。(本研究の一部は厚生省厚生科学研究費 「HIV感染者発症予防・治療に関する研究」(班長:山田兼雄)の援助を受けた。)

 

4.血液幹細胞の分化と成熟に関する研究

 多能性幹細胞のin vitro での増殖を目的として種々のサイトカインを用いた解析実験を行う。

 

5.AIDSカウンセリング、癌の告知、ホスピスケアあるいはターミナルケアに係わる医療従事者養成

 医師・看護婦を含めたHIVカウンセラー養成のための研修を実施している。(本研究の一部はエイズ予防財団「HIV感染者等保健福祉相談推進研究の援助を受けた。)

 

 

B. 研究業績

1.原著

G9601: Taguchi H, Kinoshita K, Takatsuki K, Tomonaga M, Araki K, Arima N, et al (1996) An Intensive Chemotherapy of Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma : CHOP Followed by Etoposide, Vindesine, Ranimustine, and Mitoxantrone with Granulocyte Colony-Stimulating Factor Support. J AIDS and Retrovirology 12 182-186.

 

G9602: T・Bリンパ系腫瘍研究グループ (1996) 第7次成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)全国実態調査の報告. 癌の臨床42 231-247.

 

3.著書

T9601: 川上和義, 兼島洋, 荒木弘一 (1996) 沖縄におけるHTLV-I感染と肺病変. 沖縄の疾病とその特性 琉球大学医学部附属地域医療研究センター(編), 九州大学出版会, 副岡市, 113-134.

 

4.報告

H9601: 宮城純一, 増田昌人, 大浜喜代人, 新城哲治, 平良直也, 大城一郁, 下地忠夫, 高須信行, 荒木弘一 (1996) EB virus associated hemophagocytic syndrome に対して同種骨髄移植を施行した1例. 第19回日本造血細胞移植学会総会,岡山市.

 

H9602: 大城一郁, 宮城純一, 新城哲治, 荒木弘一, 平良直也, 新垣均, 宮国毅, 他 (1996) ATL患者に対するCyclophosphamide, Prednisolone 及びEtopside による経口療法の試み(OLSG-1,Pilot Study). 第38回日本臨床血液学会総会, Jap J Clin Hemat 37(10) 1091.

 

H9603: 宮国毅, 長嶺由治, 古波倉正照, 荒木弘一 (1996) 寛解から10年後に無顆粒球症を契機として再発したCD7+, CD4-, CD8- 未分化型ALL. 第38回日本臨床血液学会総会, Jap J Clin Hemat 37(10) 1191.

 

H9604: Araki K (1996) Immunological abnormality in ATL patients and HTLV-I carriers. Seminor on Blood Transmitted Diseases- Special Reference to AIDS, ATL, and Hepatitis 94-97. JICA, Kumamoto.

 

H9605: 宮国毅, 内間久隆, 深山正久, 荒木弘一(1996) 県立那覇病院における非ホジキンリンパ腫の臨床病理学的検討.第87回沖縄県医師会医学会総会, 沖縄医学会雑誌 35(3) 84.

 

5.その他

M9601: 平良直也, 新城哲治, 新垣均, 宮城純一, 大浜喜代人, 荒木弘一, 宮国毅 (1996) ATLに対するCyclophosphamide, Prednisolone及びEtopsideによる経口Combination Chemotherapyの治療成績. 第4回九州造血器腫瘍懇話会, 博多.

 

M9602: 島袋恵 (1996) HIV-2感染実験系の確立. 第59回沖縄臨床血液研究会, 浦添市.

 

M9603: 照屋洋子(1996) ヒト腫瘍細胞から樹立した継代培養細胞の特性解析. 第59回沖縄臨床血液研究会, 浦添市.

 

M9604: 梁綱 (1996) 沖縄県におけるレトロウイルス(HIV-1, HTLV-I)感染の疫学調査 −性感染症の立場から−. 平成7年度保健学研究科修士論文1-36.

 

M9605: 照屋洋子(1996) ヒト由来継代培養細胞の樹立−その特性解析とHTLV−I 感染細胞の薬剤感受性の検討−. 平成7年度保健学研究科修士論文1-34.

 

M9606: 島袋恵 (1996) HIV-2感染実験系の確立と抗HIV-2剤のスクリーニング. 平成7年度保健学研究科修士論文1-24.

 

M9607: 荒木弘一 (1996) 抗癌剤・抗ウイルス剤・免疫賦活剤の開発- Chemopreventionに向けて- テクノウィーク沖縄 '96−産学連携による企業化を目指して. 那覇市.