寄生虫学講座

 

A.研究課題の概要

1.糞線虫症に関する研究

 久米島をフィールドとして,数年来実施してきた糞線虫症の集団対策を引き続き進め,当初10%あった感染率を2%程度までに低下させた.その成果と問題点をまとめつつある.また,ブラジルにおいて実施した糞線虫感染状況の調査結果を発表した.また,イヌに自然感染が認められる糞線虫のヒト糞線虫との異同について,遺伝子レベルの比較研究を開始した.科学研究費との関連では,感染者の HLAタイプ と病態,免疫応答能との関係について解析を進め,得られた結果を学会報告した.また,これまでの糞線虫症の研究成果をまとめ,著書の分担執筆を行ったほか,文部省の出版助成を受け「日本における糞線虫と糞線虫症」に関するモノグラフの出版を進めている.

 

2.国際医療協力における研究

 ドミニカ共和国アイバール病院消化器病センタープロジェクトやラオス国公衆衛生プロジェクトに参加し,現地で実施したマラリアや消化器寄生虫病の調査研究の成果を国際学会に発表し,論文報告も行った.

 

3.沖縄における百歳老人の免疫機能に関する研究

 百寿者と呼ばれる超高齢者を対象に,リンパ球サブセットの解析を行い,特に胸腺外分化Tリンパ球の動態と機能について検討した.また,これに関連していくつかの特別養護老人施設で施設職員を含めた入所老人の糞線虫感染状況の調査を行い,感染率や感染の度合,介護職員の感染の有無などについて検討した.

 

4.人体寄生虫の症例研究

 沖縄県内外から同定依頼のあった人体より検出される寄生虫類につき形態学的観察を行い発表した.その中には大複殖門条虫の沖縄県初例,弛緩虫体の頭節が初めて観察された米子裂頭条虫症例,昆虫の寄生線虫Mermis sp.が尿中に排泄されたと誤認された症例などがある.

 

5.寄生線虫類の系統分類学的研究

 チンパンジーから得られたEnterobiusにE. vermicularisとE. gregoriiを見い出し,詳細な観察によって両者がシノニムであるらしいことを報告した.またインドネシア産ネズミ類から線虫新属Bunomystrongylusの2新種,Syphacia属の1新種等を記載報告した.更にマレーシア産Batrachonema synaptospiculaのsynlopheを記載し,同虫がマレーから沖縄にかけて広く分布していることを報告した.

 

 

B.研究業績

1.原著

G96001: Kobayashi J, Sato Y, Toma H, Tasaki T, Takara M, Shiroma Y (1996) Sex-related different efficacy of chemotherapy on human strongyloidiasis in Okinawa, Japan. Jpn J Parasitol 45(5) 350-354.

 

G96002: Kobayashi J, Hasegawa H, Soares E C, Toma H, Correia Dacal A R, Brito M C, Yanamaka A, Foli A A, Sato Y (1996) Studies on prevalence of Strongyloides infection in Holambra and Maceio, Brazil, by the agar plate faecal culture method. Rev Inst Med trop Sao Paulo 38(4) 279-284.

 

G96003: Kobayashi J, Vannachone B, Xeutvongsa A, Manivang K, Ogawa S, Sato Y, Pholsena K (1996) Prevalence of intestinal parasitic infection among children in two villages in Lao PDR. Southeast Asian J Trop Med Public Health 27(3) 562-565.

 

G96004: Hasegawa H, Korenaga M, Kumazawa H, Imamura K (1996) Mermis sp. found from human urine in Kochi Prefecture, Japan. Jpn J Parasitol 45(1) 43-46.

 

G96005: Kikuyama I, Asato Y, Shimabukuro M, Shimabukuro N, Shimabukuro I, Hasegawa H, Sato Y (1996) A human case of Diphyllobothrium yonagoense infection found in Okinawa Prefecture, Japan, with special reference to the scolex morphology in the relaxed worm. Jpn J Parasitol 45(2) 93-97.

 

G96006: Kawakami Y, Shiroma K, Hasegawa H, Toma H, Shimabukuro I, Sato Y, Shiroma Y (1996) The first human case of diplogonoporiasis in Okinawa Prefecture, Japan. Jpn J Paraistol 45(2) 157-161.

 

G96007: Hasegawa H, Miyata A, Yong H S (1996) Synlophe of Batrachonema synaptospicula (Nematoda: Amphibiophilidae) collected from Malaysian frogs. J Parasitol 82(3) 508-511.

 

G96008: Hasegawa H, Kinjo T (1996) Human pinworms collected from a chimpanzee, Pan troglodytes, in a zoo of Okinawa, Japan. J Helminthol Soc Wash 63(2) 272-275.

 

G96009: Hasegawa H, Tarore D (1996) Syphacia (Syphacia) sulawesiensis n. sp. and S. (S.) muris (Yamaguti 1935) (Nematoda Oxyuridae) collected from Rattus xanthurus (Gray 1867) (Rodentia Muridae) in North Sulawesi, Indonesia.Trop Zool 9 165-173.

 

G96010: Hasegawa H, Mangali A (1996) Two new nematode species of Bunomystrongylus n. gen. (Trichostrongylina: Heligmonellidae) collected from Bunomys spp. (Rodentia: Muridae) of Sulawesi, Indonesia. J Parasitol 82(6) 998-1004.

 

3.著書

T96011: 佐藤良也,城間祥行(1996) 沖縄における糞線虫症. 琉球大学医学部附属地域医療研究センター編,沖縄の疾病とその特性,九州大学出版会,福岡市,163-180.

 

4.報告

H96012: 佐藤良也, 當眞弘, 小林潤, 島袋勲, 城間祥行 (1996) 沖縄における糞線虫症−その問題点と対策−. 第48回日本寄生虫学会南日本支部大会, 久留米市, 寄生虫学会誌45(1) 75.

 

H96013: 長谷川英男, 金城輝雄 (1996) チンパンジーから得られたヒト蟯虫雄成虫の形態. 第48回日本寄生虫学会南日本支部大会, 久留米市, 寄生虫学会誌45(1) 76.

 

H96014: 當眞弘, 高良政弘, 佐藤良也, 島袋勲, 小林潤, 大友弘士 (1996) 糞線虫症に対するアルベンダゾール及びアイバメクチンの治療成績. 第48回日本寄生虫学会南日本支部大会, 久留米市, 寄生虫学会誌45(1) 77.

 

H96015: 小林潤, 佐藤良也, 當眞弘, 島袋勲, 高良政弘, 城間祥行 (1996) 性差が糞線虫症の治療効果に及ぼす影響について. 第48回日本寄生虫学会南日本支部大会, 久留米市, 寄生虫学会誌45(1) 77.

 

H96016: 島袋勲, 長谷川英男, 佐藤良也, 喜久山至 (1996) 沖縄県で人から駆出された米子裂頭条虫の完全虫体. 第48回日本寄生虫学会南日本支部大会, 久留米市, 寄生虫学雑誌45(1) 77.

 

H96017: 佐藤正夫, 當眞弘, 城間祥行, 喜友名進, 高良政弘, 菊池三穂子, 佐藤良也, 平山謙二 (1996) 沖縄における糞線虫感染者のHLA調査結果. 第65回日本寄生虫学会大会, 福岡市, 寄生虫学会誌 45 (増) 80.

 

H96018: 島袋勲, 當眞弘, 長谷川英男, 佐藤良也, 喜久山至, 川上佑子, 城間祥行 (1996) 沖縄県で経験された興味ある裂頭条虫人体寄生の2例. 第65回日本寄生虫学会大会, 福岡市, 寄生虫学会誌 45 (増) 99.

H96019: Makiya K, Nambanya S, Sato Y (1996) Filtration technique for quantitative detection of helminth eggs. XIVth International Congress for Tropical Medicine and Malaria (Abstract) 167.

 

H96020: Nambanya S, Kobayashi J, Miyagi I, Amano H, Vanachone B, Manivong K, Keobouadianh T, Inthakone S, Sato Y (1996) Collection of mosquitoes in four villages of an endemic area of malaria in Khammouane, Lao P.D.R. XIVth International Congress for Tropical Medicine and Malaria (Abstract) 332.

 

H96021: Kobayashi J, Vanachone B, Nambanya S, Amano H, Manivong K, Inthakone S, Sato Y (1996) Malaria situation in Khammouane Province, Lao P.D.R. XIVth International Congress for Tropical Medicine and Malaria (Abstract) 347.

 

5.その他

M96001: 佐藤良也 (1996) 寄生虫感染と免疫. 臨床と微生物 23(2) 129-134.

 

M96002: Hasegawa H (1996) Notes on the morphology of three nematode species of the subfamily Nippostrongylinae (Heligmosomoidea: Heligmonel-lidae) collected from an endemic rat of Halmahera Island, Indonesia. Biol Mag Okinawa 34 13-21.