耳鼻咽喉科学講座

 

A.研究課題の概要

1.末梢および中枢前庭機能障害の診断区分に関する研究(宇良政治・安田忍・大輪達仁・中村由紀夫)

 眩暈は末梢前庭性および中枢性に大分されるが,自発眼振の見られない症例ではその診断に苦慮することがよくある。さらに末梢障害でも検査時期によりすでに回復している場合や中枢性に代償されている場合もあり,病期診断に於いても判定に苦慮することもしばしばである。

 電気眼振検査はこれらの診断・判定にとって有力な診断手技であるが,重要な眼球運動の緩徐相速度などを定量的に正確に計測するには膨大な時間と労力とが必要となる。

 そこで本研究は以下の段階を経て効率の良いしかも正確な検査の確立と眩暈症例の的確な診断をめざすものである。

 

1)マイクロコンピューターによる眼振波形のon line処理

 

2) 検査結果の定量的評価と定性的評価の提示方法の工夫

 

3) 正常値の作成

 

4) 加齢の及ぼす影響の検討

 

5) 前庭機能障害の中枢性代償の検討

 

6) 検査結果の総合評価から、疾患区分のために特に有用な検査の検討

 

7) 判別分析を用いた疾患区分の検討

 

2.モルモット蝸牛血流と聴覚機能に関する研究(宇良政治・安田忍・大輪達仁・中村由紀夫)

 レーザー血流計による蝸牛血流の変化と蝸電図,ABRを指標に各種難聴動物モデルにおける病態の研究を行なう。

 

 1) 内耳道血管神経圧迫による聴神経腫瘍モデルにおける変化

 

 2) Carbogenの及ぼす影響

 

 3) 鼓室内薬物投与の及ぼす影響

 

 4) 交感神経系の及ぼす影響

 

 5) 騒音の及ぼす影響 等

 

3.高度難聴における聴覚機能評価(宇良政治・ 山内昌幸・安田忍・大輪達仁・中村由紀夫)

 蝸電図と聴性脳幹反応は内耳機能,後迷路機能の評価に有用である。しかしながら,内耳機能が高度に障害されている場合では聴性脳幹反応は得られず,従って後迷路機能の評価はできない。人工内耳が行なわれる現在では,内耳機能の高度障害例での後迷路機能評価が重要となる。後天性の障害では通電による音感覚の有無による自覚検査があるが先天性聾小児では困難である。

 このため,通電刺激によるアブミ骨筋反射や脳幹反応などの他覚的所見による評価法の確立が必要である。

 そのために,種々の難聴動物モデルと人工内耳の症例により,高度内耳障害例における後迷路機能の評価法の確立と臨床利用をめざす。

 

4.皮弁血流の改善(楠見彰・新濱明彦)

 1976年,Vane.J.Rらに発見されたPGI2は,PGE1以上に強力な抗血小板作用と血管拡張作用を併せもつ生理治性物質としてASOに対する臨床的有効性が期待されていながら,極めて化学的に不安定なため,臨床的使用が困難であった。しかし,このPGI2の強力な作用をもった誘導体が最近合成され,臨床的に使用が可能となった。この誘導体物質の化学的安定性に注目し,私共は皮弁血行改善及び外用薬としての効果の有無,経皮吸収の程度について,レーザードップラー法により効果の検討を行っている。末梢血行改善作用による潰瘍等の組織修復効果についても検討中である。

 

5.微少血管吻合器の頭頸部領域における利用(楠見彰)

 現在,頭頸部外科領域における再建にマイクロサージャリーによる組織移植が広く行われるようになった。一方で本県のように高齢患者の占める割合が高く,手術時間の短縮が重要な課題である。この血管吻合時間を安全かつ短縮するために,微少血管吻合器の利用に注目し,平成5年7月より動物実験を開始,現在,臨床応用と適応範囲の拡大について検討を行っている。

 

6.鼻腔悪性リンパ腫の基礎的解析 ―免疫治療にむけて―(古謝静男)

 悪性リンパ腫は一般に予後不良であり,特に進行性鼻壊疽の形態をとる鼻腔の悪性リンパ腫は中でもさらに予後不良である。この疾患はPRを含めて未だその本態も明らかにされておらず,病理診断さえも困難な疾患であり,診断の遅れが予後不良の一因でもある。特に鼻腔の PR は世界的にも発生がモンゴロイドに限られており,中でも韓国,中国南部,沖縄に多発する。この疾患の偏在する機序を解明すると同時に本態の解明を行う。この PR の組織形態を示すものは NK cell 由来の悪性リンパ腫であり,ある特定あるいは限られたHLA に関連して生じることが予想される。 

 

1)PR 患者の HLA の解析

PR の発生に EBV が関与していることから PR 患者がある特定の HLA type を持つ可能性があり,その HLA type を明らかにする。

 

2)光顕病理上 PR を示す組織の NK 活性の測定PR の構成腫瘍細胞は最近 NK cell 由来であると指摘されている。これは細胞の持つ抗原を免疫染色して得られた所見である。われわれは生きた腫瘍組織を用いて腫瘍細胞の NK 活性を測定し,PR の構成細胞が NK cell 由来であることを明らかにする。 

 

7.側頭骨ならびに蝸牛の解剖組織学的検討ならびにコンピューターによる3次元再構築(糸数哲郎)

 ヒト側頭骨より連続切片を作製し,HE染色後トレーを行いデジタイザ-にてコンピュ-タに入力,3次元再構築を施行した。蝸牛,三半規管,鼓室の形態について検討し,蝸牛外人工内耳と関連して,鼓室壁,卵円窓,蝸牛との関係について3次元的に検討した。鼓室壁より蝸牛までの距離を計測,最短部を検索し,卵円窓からのそれぞれの距離を測定。蝸牛基底板の対応について検討し,蝸牛外人工内耳との関連性について検討している。

 

8.頭頸部悪性腫瘍における化学療法の役割(糸数哲郎)

頭頸部悪性腫瘍の術後,局所再発ならびに遠隔転移に対する化学療法の役割について検討する。頭頸部悪性腫瘍の術後,カルボプラチンを点滴静注を2ないし3ク-ル施行し,局所再発,遠隔転移に対する効果を検討中である。現在喉頭癌4例,下咽頭癌2例、中咽頭癌3例については化学療法が終了しており,今後症例を重ねて検討する予定である。

 

9.骨髄細胞による細胞障害性T細胞誘導に影響を及ぼす因子(真栄城徳秀・田邊將夫)

 マウス骨髄細胞,脾細胞を用いたリンパ球混合培養を行いMHC以外の移植関連遺伝子(background)とconAとの関連について検索を行っている。

マウスのMHCはH-2である為同じH-2をもつマウス間でリンパ球混合培養を行えば標的細胞から51Crの遊離はおこらないはずである。しかし,H-2が同じでもbackgroundが異なるマウスを用いると( 例:骨髄細胞B10D2,脾細胞Balb/c),51Crの遊離がみられMHC以外のbackgroundが移植に関与する事がわかっている。H-2もbackgroundも同じマウスを用いれば当然反応はおこらない。我々はこの実験系にconAを加えているがそうすると逆の結果が得られる事がわかった。即ちH-2もbackgroundも同じであるにもかかわらず51Crの遊離がみられH-2が同じでbackgroundが異なる場合には51Crの遊離がみられず,backgroundが異なる場合でもconA添加により移植可能となりうる事が示唆された。conAの骨髄細胞に及ぼす役割,background遺伝子が常染色体あるいは性染色体のどちらに存在するのか,H-2が異なる実験系の場合どうなるのかについて検討中である。

 

10.頭頸部領域における3D-CT,MRIの応用(新濱明彦・楠見彰・古謝静男・幸地綾子・嘉数光雄)

 3D-CT,MRIによるシミュレイション手術,術前,術後の形態の立体的変化の把握が動画像などを用いてさらに容易になってきた。とくに頭頸部外科領域における応用が注目されている。

 現在以下のことについて臨床応用面での検討をおこなっている。

 

 眼窩壁骨折

これまでの成果により眼窩壁骨折における眼筋の形態的変化を画像的に描出することが可能となってきた。これによりこれまで遷延する眼球運動障害の原因解明や手術時期の判定により正確な評価がえられることが期待されている。

 

 頭頸部腫瘍

喉頭,咽頭の形態,術前の腫瘍の3次元的評価についても現在検討中である。

 

耳鼻咽喉科研究業績(H8)

 

B.研究業績

1.原著

G9601: Toita T, Nakano M, Ogawa K, Koja S, Maeshiro N, Kakihana Y, Yamaguchi K (1996) Prognostic Factors for Local Control in Hypopharyngeal Cancer Treated with Radical Irradiation.Strahlenther Onkol 172 30-33.

 

G9602: 糸数哲郎, 江洲浩明, 安田忍, 名渡山愛雄, 野田寛(1996) 喉頭アミロイドーシスの1例.耳鼻・頭頸外科 68 48-51.

 

G9603: 唐安洲, 宇良政治, 山内昌幸, 野田寛(1996) 蝸牛虚血と蝸牛複合活動電位(CAP)の変化.日耳鼻会報 99 320-326.

 

G9604: 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄城徳秀, 幸地綾子, 山内昌幸, 楠見彰, 野田寛, 戸板孝文, 小川和彦 (1996) 当科における下咽頭癌の治療成績.耳鼻と臨 42 349-353.

 

G9605: 唐安洲, 宇良政治, 山内昌幸, 野田寛 (1996) モルモット内耳道神経血管束の圧迫による蝸牛血流と聴性脳幹反応の変化.日耳鼻会報 99 370-378.

 

G9606: 唐安洲, 宇良政治, 山内昌幸, 野田寛 (1996) レーザードップラー血流計を用いた蝸牛血流の計測.耳鼻と臨 42 373-377.

 

G9607: 宇良政治, 糸数哲郎, 古謝静男, 楠見彰, 野田寛,岩政輝男 (1996) 上顎巨細胞腫(Giant Cell Tumor)の1症例.耳鼻・頭頸外科 68 414-418.

 

G9608: 糸数哲郎, 古謝静男, 楠見彰, 宇良政治, 野田寛(1996) 翼口蓋窩に発生した神経鞘腫の1例.耳鼻と臨 42 579-583.

 

G9609: 古謝静男, 神谷聰, 崎原幸美, 大嶺稔, 野田寛 (1996)外傷性咽後血腫の1例.耳鼻・頭頸外科 68 604-606.

 

G9610: 糸数哲郎, 古謝静男, 真栄城徳秀, 下地善久, 真栄田裕行, 大輪達仁, 野田寛 (1996) 初診時頭頸部,上部消化管重複癌症例の検討.耳鼻・頭頸外科 68 710-712.

 

G9611: 古謝静男, 名渡山愛雄, 野田寛 (1996) 下咽頭腔外魚骨異物の1例.耳鼻・頭頸外科 68 714-716.

 

G9612: 下地善久, 古謝静男, 糸数哲郎, 野田寛, 金城利彦 (1996) 篩骨洞に発生した異所性髄膜腫の1症例.耳鼻・頭頸外科 68(9):802-805.

 

G9613: 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄城徳秀, 下地善久, 大輪達仁, 野田寛, 田盛広三, 上原隆 (1996) 沖縄県の頭頸部癌の罹患率−癌登録からの統計的観察−.耳鼻・頭頸外科 68 878-880.

 

G9614: 大輪達仁,古謝静男,糸数哲郎,真栄城徳秀,下地善久,真栄田裕行,中村由紀夫,知念信雄,野田寛(1996)頸動脈小体腫瘍の1例.耳鼻と臨 42 1048-1053.

 

G9615: 糸数哲郎, 古謝静男, 安田忍 , 真栄田裕行, 楠見彰, 野田寛 (1996) 同時性三重癌の1例.耳鼻と臨 42 1063-1066.

 

G9616: 新濱明彦, 楠見彰, 山内昌幸, 真栄田裕行, 山里将司, 金城利彦 (1996) 額頭蓋皮弁(NEWの変法)による前頭蓋底再建の経験.耳鼻と臨 42 1067-1071.

 

G9617: 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄城徳秀, 松村純, 戸板孝文, 小川和彦, 野田寛 (1996) 当科における節外性non-Hodgkinリンパ腫72症例の統計的観察.耳鼻と臨 42 1076-1081.

 

G9618: 楠見彰 (1996) 外鼻再建におけるBi-lobed flapの応用.耳鼻・頭頸外科 68 623-627.

 

2.総説

S9602: 野田寛 (1996) 沖縄の花粉症の実態.Prog Med 16 73-76.

 

S9603: 野田寛 (1996) 沖縄県の補聴器の現状.耳鼻・頭頸外科 68 344-345.

 

S9604: 古謝静男, 野田寛 (1996) 耳鼻咽喉科における抗菌薬療法.臨と研 73 583ー587.

 

S9605: 宇良政治 (1996) 病巣扁桃−掌蹠膿疱症−.JOHNS 12 953-958.

 

S9606: 古謝静男 (1996) 口腔底蜂窩織炎.JOHNS 12 1747-1751.

 

3.著書

T9601: 楠見彰 (1996) Bilobed flap.荻野洋一,「鼻の修復と再建」,克誠堂出版,東京,29-35.

 

T9602: 荻野洋一, 楠見彰 (1996) Z形成術とこれを応用した手術法.荻野洋一,「鼻の修復と再建」,克誠堂出版,東京,55-62.

 

T9603: 荻野洋一, 楠見彰 (1996) 前額正中皮弁.荻野洋一,「鼻の修復と再建」,克誠堂出版,東京,91-108.

 

T9604: 古謝静男 (1996) アフタ性口内炎の病因,病態,治療法.野村恭也 他,「耳鼻咽喉科・頭頸部外科クリニカルトレンド」,中山書店,東京,180-182.

 

T9605: 荻野洋一, 楠見彰 (1996) 唇顎口蓋裂における外鼻,鼻腔の再建.荻野洋一,「鼻の修復と再建」,克誠堂出版,東京,190-225.

 

T9606: 楠見彰 (1996) 外傷後外鼻孔狭窄.荻野洋一,「鼻の修復と再建」,克誠堂出版,東京,226-232.

 

T9607: 宇良政治 (1996) 呼吸困難が急に起こったが気管切開ができない.どういう処置をとるか.野村恭也 他,「耳鼻咽喉科・頭頸部外科クリニカルトレンド」,中山書店,東京,240-241.

 

T9608: 宇良政治 (1996) 扁桃炎,アデノイド.水島裕(監),「今日の治療と看護」,南江堂,東京,1117-1120.

 

T9609: 宇良政治 (1996) 再発性アフタ.水島裕(監),「今日の治療と看護」,南江堂,東京,1120-1121.

 

4.報告

H9602: 山里将司, 楠見彰, 山内昌幸, 新濱明彦, 真栄田裕行 (1996) 吹き抜け骨折に伴う眼瞼下垂症例の検討.日形成外会誌 16 361.

 

H9603: 新濱明彦, 楠見彰, 山内昌幸, 真栄田裕行, 山里将司 (1996) 胸鎖乳突筋による耳介挙上法.第39回日本形成外科学会総会・学術集会プログラム 336.

 

H9604: 真栄田裕行, 糸数哲郎, 中村由紀夫, 古謝静男,野田寛 (1996) 声帯に発生した悪性線維性組織球腫の1例.第8回日本喉頭科学会プログラム72.

 

H9605: 宇良政治 (1996) 先天性高度難聴小児の人工内耳.日耳鼻会報 99:1604-1605.

 

H9610: 中村由紀夫, 楠見彰, 新濱明彦, 大輪達仁 (1996) 鼻腔に生じた無色素性悪性黒色腫の1例.日形成外会誌 16 733.

 

H9614: 糸数哲郎, 古謝静男, 真栄城徳秀, 下地善久, 大輪達仁, 野田寛, 田盛広三, 上原隆 (1996) 沖縄県の頭頸部癌の罹患率.口腔咽頭科 9 130.

 

H9615: 安田忍, 宇良政治, 大輪達仁, 伊志嶺了, 野田寛 (1996) 振子様扁桃を呈したAdenosquamous carcinomaの1例.口腔咽頭科 9 139.

 

H9616: 饒波正吉, 長田紀与志, 新濱明彦, 楠見彰 (1996) DP皮弁基部利用による術後性咽頭皮膚瘻再建の1例.口腔咽頭科 9 151.

 

H9617: 山里将司, 真栄田裕行, 又吉重光, 楠見彰 (1996) 治療に難渋した術後性下咽頭狭窄の1例.口腔咽頭科 9 153.

 

H9618: 真栄城徳秀, 古謝静男, 神谷義雅, 安田忍, 野田寛, 諸見里安紀 (1996) 呼吸困難を呈した乳児上咽頭腫瘤(奇形腫)の1例.口腔咽頭科 9 165.

 

H9619: 渡口明, 松村純, 名嘉村博 (1996) 当院におけるUPPPの治療成績.口腔咽頭科 9 169.

 

H9620: 神谷義雅, 名渡山愛雄, 宮城淳 (1996) 咽頭痛を主訴とした咽頭・縦隔気腫の1症例.口腔咽頭科 9 175.

 

H9621: 神谷聰, 古謝静男 (1996) Retropharyngeal hematomaの1例.口腔咽頭科 9 182.

 

H9622: 宇良政治, 冨里則子, 高良苗子, 野田寛 (1996)人工内耳埋め込み術を行ったUsher症候群の1例.Audiol Jpn 39 329-330.

 

H9623: 中村由紀夫, 宇良政治, 大輪達仁, 安田忍 (1996) Usher症候群の同胞例.Otol Jap 6 415.

 

H9624: 大輪達仁, 古謝静男, 糸数哲郎, 真栄田裕行, 楠見彰, 野田寛 (1996) 鼻腔原発Amelanotic type悪性黒色腫の1例.日鼻科会誌 35 105.

 

H9625: 幸地綾子, 楠見彰, 新濱明彦, 嘉数光雄, 山内昌幸, 野田寛 (1996) Blow-out fracture整復後に生じた眼窩内嚢胞の1例.第14回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会抄録集 136.

 

H9627: 楠見彰, 幸地綾子, 新濱明彦, 嘉数光雄, 山内昌幸, 野田寛 (1996) 3D-CTによるblow-out fracture症例の眼筋の検討.第14回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会抄録集 137.

 

H96s01: 宇良政治 (1996) 掌蹠膿疱症の病因とその病態.口腔咽頭科 9 10.

 

H96s02: 古謝静男 (1996) 口腔内触圧覚鈍麻の嚥下口腔期におよぼす影響.口腔咽頭科 9 22.

 

H96s03: 楠見彰 (1996) 口蓋再建法.口腔咽頭科 9 26.

 

5.その他

M9601: 野田寛 (1996) 補聴器 UP DATE-補聴器適合運動を実施して感じること-.第10回日耳鼻専門医講習会テキスト 11-13.