法医学講座

 

A.研究課題の概要

1.死後体内薬物の再分布(宮崎哲次,福家千昭)

 剖検時に採取した血液中の薬物濃度は必ずしも死亡時の濃度を反映していないことが知られている。種々の薬物について,死後早期に時間経過に伴い血中濃度が著明に増加することが明らかとなってきた。覚醒剤乱用者の剖検例において,覚醒剤の血中濃度が採取部位により大きく異なることを報告したが,生前に一定の平衡を保ちながら全身に分布していた薬物が,死後に再分布することによるものであると考えられる。今後このような薬物濃度の死後変化がどのように生じていくのかについて今後検討を加えて行きたい。

 

2.薬毒物の定量分析法の開発とその応用(福家千昭)

 生体試料中の薬毒物を定量的に分析することは,中毒死例における死因の解明や中毒患者に対する治療方針の決定などに関して必要不可欠なものである。これまで,生体試料中の薬毒物やその代謝産物の簡易で迅速な定量分析法を開発し,実際例に応用するとともに,それらの体内動態や体内分布について動物実験にて検討を行なってきた。今後これらのことを継続し,データの蓄積を行うとともに動物実験の結果を実際例に応用することを検討して行きたい。

 

3.DNA多型を利用した個人識別 (玉城 尚)

 染色体上に散在するミニサテライトDNAを制限酵素で消化し,サザン法で検出される個人特異的なバンドで個人識別を行なうもので,特に親子鑑定に有用な方法になっている。この方法を導入することにより,従来の鑑定精度をより向上させることができた。さらに方法の開発に努めている。同時に,HLA抗原のDNAタイピングを行ない,個人識別に利用することをめざしている。現在,DQα遺伝子の多型を検出し,その遺伝子頻度を決める実験を行なっている。

 

 

B.研究業績

1.原著

G9601: 山中正美, 右田圭介, 小嶋 亨, 宮崎哲次, 安井 弥 (1996) 致死的後頭蓋窩急性硬膜下血腫の1例. 広島医学 49 522-524.

 

G9602: Fuke C, Berry C L, Pounder D J (1996) Postmortem diffusion of ingested and aspirated paint thinner. Forensic Sci Int 78 199-207.

 

G9603: Fuke C, Ameno K, Ameno S, Kinoshita H, Ijiri I (1996) Detection of two metabolites of diquat in urine and serum of poisoned patients after ingestion of a combined herbicide of paraquat and diquat. Arch Toxicol 70 504-507.

 

G9604: Pounder D J, Fuke C, Cox D E, Smith D, Kuroda N (1996) Postmortem diffusion of drugs from gstric residue - An Experimental Study. The American Journal of Forensic Medicine and Pathology 17(1) 1-7.

 

G9605: Ameno K, Fuke C, Ameno S, Kinoshita H, Ijiri I (1996) Application of a solid-phase microextraction techunique for the determination of urinary metamphetamine and amphetamine by gas chromatography. Can Soc Forens Sci J 29(2) 43-48.

 

G9606: Kinoshita H, Ijiri I, Amino S, Fuke C, Fujisawa Y, Ameno K (1996) Inhibitory Mecanism of Intestinal Ethanol Absorption Induced by High Acetaldehyde Concentrations: Effect of Intestinal Blood Flow and Substance Specificity. Alcoholism: Clinical and Experimental Research 20(3) 510-513.

 

G9607: Pounder D J, Adams E, Fuke C, Langford A M (1996) Site to site variability of postmortem drug concentrtrations in liver and lung. Journal of Forensic Sciences 41(6) 927-932.

 

4.報告

H9601: 福家千昭, 飴野 清, 木下博之, 飴野節子, 井尻 巌, D J Pounder (1996)胃内残存薬毒物の死後拡散について(第2報)−胃内容のpHの影響−.日法医誌 50 209.

 

H9602: 木下博之, 井尻 巌, 飴野節子, 福家千昭, 飴野 清 (1996) 電気けいれん療法による電撃ショック死の1例. 日法医誌 50 211.

 

H9603: 宮崎哲次, 小嶋 亨, 屋敷幹雄, 玉城 尚, 伊藤礼子 (1996) 腕による頚部圧迫事例. 日法医誌 50 221.

 

H9604: 伊藤礼子, 玉城 尚, 宮崎哲次, 永盛 肇 (1996) フィリピン航空機爆発事件の剖検例. 日法医誌 50 223.

 

H9605: 玉城 尚, 高江洲義寛, 宮崎哲次, 伊藤礼子 (1996) 二頭の大型犬に襲われ死亡した女児の剖検例. 日法医誌 50 224.

 

H9606: 木下博之, 井尻 巌, 飴野節子, 福家千昭, 田中直康, 飴野 清 (1996) In Situ一回潅流法によるエタノールの腸管吸収に関する研究(第5報). 日法医誌 50 101.

 

H9607: 伊藤礼子, 岩政輝男, 玉城 尚, 宮崎哲次, 永盛 肇 (1996) ウイルス性心筋炎による成人突然死の一剖検例. 日法医誌 50 188.

 

H9608: 玉城 尚, 高江洲義寛, 橋本正次, 宮崎哲次, 伊藤礼子 (1996) 二頭の大型犬に襲われ死亡した女児における咬傷の鑑定. 日法医誌 50 206.

 

H9609: 木下博之, 井尻 巌, 飴野節子, 福家千昭, 田中直康, 飴野 清 (1996) マイコプラズマ肺炎による乳児急死例. 日法医誌 50 226.

 

H9610: 飴野 清, 飴野節子, 福家千昭, 木下博之, 田中直康, 井尻 巌 (1996) パラコート中毒とインターロイキン8について. 日法医誌 50 238.

 

H9611: Ameno K, Fuke C, Ameno S, Kinoshita H, Tanaka N, Ijiri I (1996) Time course changes of Paraquat, Diquat and Two Metabolites of Diquat in serum and urine of Human Poisoning Cases. 14th Meeting of the International Association of Forensic Sciences 161.

 

H9612: Fuke C, Ito A, Tamaki N, Miyazaki T (1996) The Analysis of Cresols in Biological Materials from A Case of Cresol Poisoning by High-Performance Liquid Chromatography. 14th Meeting of the International Association of Forensic Sciences 191.

 

H9613: Ito A, Iwamasa T, Tamaki N, Fuke C, Miyazaki T (1996) An autopsy case of sudden adult death by viral myocarditis. The Third International Symposium Advances in Leagal Medicine 166.