保健生物学教室

 

A.研究課題の概要

1.腸管内細菌による胆汁酸変換

 胆汁酸は食物中の脂質の吸収に重要な役割を演ずるのみならず、それ自身も吸収されて胆肝循環を行っている。一方、腸管内に入った胆汁酸は腸管内細菌による代謝変換を受ける。胆汁酸の細菌代謝産物デオキシコール酸とリトコール酸に大腸癌の発癌促進作用(プロモーター作用)があることが知られ、またcocarcinogen作用も有することが明らかにされている。しかし、腸管内に棲息するどの細菌がそのような反応を行うのか明らかでない。そこで、我々は腸管内容物より7α-および7β脱水酸化反応を触媒するEubacterium spp.およびClostridium spp.の菌株を単離し、報告した。また、これらの菌株はBacteroides spp.の菌株との混和培養により脱水酸化反応が促進されることを報告した。

 一方、胆汁酸7α-脱水酸化反応陽性菌群に影響を与える諸因子、特に脂肪摂取量との関連が注目されている。そこでこれら菌群を評価するための迅速な方法の開発が望まれている。本教室では1) 7α-脱水酸化反応菌種の定量を7α-脱水酵素遺伝子(baiE gene)をプローブとしてPCR法を用いて検討 2)胆汁酸7α-脱水酸化酵素遺伝子(bla gene)の分子生物学的研究 3)胆汁酸7α-脱水酸化反応機構の解明についての研究を行っている。

 

2.沖縄県における黄色ブドウ球菌の生態

 ヒトや動物に常在菌として棲息する黄色ブドウ球菌は近年、多剤耐性菌として、臨床において問題のある菌として進化している。本教室においては過去に臨床、老人保健施設入所者および健康成人から数年に渡って菌を分離し、理化学的性状・薬剤感受性・ファージ型別・コアグラーゼ型別等について、MRSAおよびMSSAとに分けて比較検討し、報告した。

 それにより、薬剤感受性・ファージ型・コアグラーゼ型に遷移のあることを明らかにした。さらに詳しく各個人由来の菌型の経時的変化、集団の特性(例えば年齢、地域など)による菌型の差異などについて追跡検討したい。また、本菌の型別方法も比較検討したい。

 

 

B.研究業績

1.原著

G9601: 高嶺房枝、新城澄枝、仲松郁子、宇座美代子、當山富士子 (1996) 食事・腸内フローラ・健康に関する研究. 浦上財団研究報告書 5 11-18.

 

4.報告

H9601: 高嶺房枝、今村禎祐 (1996) 脂肪摂取量と7α-脱水酸化酵素産生菌との関係について. 日細菌誌 51 664.

 

H9602: 湧田博子、仲松郁子、高嶺房枝、今村禎祐 (1996) 免疫抑制状態マウスにおける腸内フローラのTranslocation. 沖縄感染症研究会抄録集 12