地域医療研究センター

 

A.研究課題の概要

1.地域医療及び老人医療計画策定に関する医療管理学的研究

 地域の包括医療推進を目的に、各医療圏における人、資金、情報、物などの必要量を考慮した医療の普遍的提供法を研究している。ことに沖縄高齢者の五医療圏におけるそれぞれの地域特性に合わせた医療ニードに応じた医療の提供形態を追求している。その中でも多くの遠隔離島を抱えた沖縄にとっては、離島医療は重要な課題である。現在久米島を離島モデルとして取り上げ包括的医療を適応した新規病院計画策定、展開を目論んでいる。この計画案が広く普遍的に東南アジアにも応用できると考え、ラオスのカムワン県をモデルとしてプライマリーヘルスケアの実践をかねて、発展途上国における支援・調査・研究をも行っている。

 また、現在は医療計画が老人医療へ適応されている。当講座が主催する医療科学研究会(平成9年学会昇格予定)でも、老人医療の現状と展望について発表し、医療関係者の研究や住民の啓蒙教育に寄与している。

 本年度の研究報告には、沖縄県の健常女性における骨密度−地域特性と関連要因について−、成人病アクシデントの発生と「基本健康調査」所見との関連について、高齢者生活実態調査、仲里村老人医療の現状〜老人医療費を中心として〜、沖縄高齢者の地域別disability free rateに関する縦断的研究、中高年時における骨塩量測定と労働歴と日常的運動量の調査、ラオス国カムワン県の公衆衛生における巡回診療の役割などがある。

 

2.超高齢者に関する医生物学的、社会学的研究

 高齢化社会を迎え、単に長生きするだけでなく生涯にわたる健康の保持と増進、生活の質(Quality of Life, QOL)の向上、生きがいのある生涯が望まれる。平均寿命が世界最高となった日本の中でも最長寿県であり、しかも活力の高い百寿者(百歳以上の長寿者)が最も多い沖縄県の健康長寿を解明するため、超高齢者に関する医生物学的、社会学的研究を行っている。

 本年度の研究報告には、超高齢者の免疫遺伝学的研究−家族歴と百寿者のヒト白血球型(HLA-DR)出現頻度の関連性−、百寿者の栄養調査および食生活調査、血漿アミノ酸などの栄養指標による栄養評価、超高齢者の寝たきり痴呆度調査などがある。

 

3.医療提供情報の管理システムと個人情報のデータベース化と管理に関する研究

医療機関同士、ことに中央と端末との連携を推進するために、人、施設の管理情報および個人の生態情報データのデータベース化、離島においてはデータ伝送と自動解析システムを駆使して連携を計るシステムを構築する。検診の迅速かつ正確な診断システムの確立を目的に、心臓検診の総合スクリーニングシステムの開発を行っている。マークシート方式を用いて問診、理学的所見、胸部レントゲン診断、心電図コードなどデータをコンピュータ入力して解析する自動スクリーニングシステム等がある。主な対象は沖縄県立高校生であるがその後の精密診断の組み合わせによる健康管理システムの完成させ、突然死の原因解明と予防を目指している。本年度の研究報告には、心臓突然死を予知するための心臓スクリーニングシステム(第二、三、四、五報)などがある。

 

 

B.研究業績

1.原著

G9601: 鈴木信, 安次富郁哉, 瑞慶覧涼子, 小倉正己, 秋坂真史, 野崎宏幸 (1996) 高校生の心臓突然死を予知するための心臓スクリーニングシステム(第二報)−高校生心臓病スクリーニングシステムにおける全員方式と選別方式ならびに心電図12誘導、省略誘導心電図記録方式に関する研究−. 病院管理 33 105-111.

 

G9602: 鈴木信, 安次富郁哉, 瑞慶覧涼子, 小倉正己, 秋坂真史, 野崎宏幸 (1996) 高校生の心臓突然死を予防するための心臓スクリーニングシステム(第四報)−高校生心臓病検診におけるコンピュータによる心電図バッチ解析のシステム化−. 病院管理 33 237-242

 

G9603: 鈴木信, 安次富郁哉, 瑞慶覧涼子, 小倉正己, 秋坂真史, 野崎宏幸 (1996) 高校生の心臓突然死を予防するための心臓スクリーニングシステム(第五報)−高校生心臓検診における組合せ診断によるスクリーニングソフト開発の試み−. 病院管理 33 311-316.

 

G9604: 鈴木信, (1996) 長寿村の経験. 老精医誌 7 159-166.

 

G9605: 野崎宏幸, 野原由美子 (1996) ラオス国カムワン県の公衆衛生における巡回診療の役割. 医と生物 133 5-9.

 

G9606: Akisaka M, Asato L, Chan YC, Suzuki M, Uezato T, Yamamoto S (1996) Energy and Intakes of Okinawan Centenarians. J Nutr Sci Vitaminol 42 241-248.

 

G9607: Akisaka, M (1996) Coronary-prone behavior pattern in Okinawan centenarians. Jpn J Behav Med 3 42-49.

 

G9608: Akisaka M, Asato L, Suzuki M, Iwamasa T, Yamamoto S (1996) Relationship between Bone Density and Nutrient Intakes Of Okinawan Centenarians. Osteoporosis Japan 4 503-509.

 

G9609: 秋坂真史, 野崎宏幸, 鈴木信 (1996) 血圧日内変動を観察できた百歳長寿者高血圧の1例. 日老医誌 33 43-46.

 

G9610: 秋坂真史, 野原由美子, 鈴木信 (1996) 超高齢者の免疫遺伝学的研究−両親の家族歴と百寿者のヒト白血球型(HLA-DR)出現頻度の関連性−. 日老医誌 33 180-185.

 

G9611: 安次富郁哉, 鈴木信, 瑞慶覧涼子, 小倉正己, 秋坂真史, 野崎宏幸 (1996) 高校生の心臓突然死を予防するための心臓スクリーニングシステム(第三報)−心電図コンピュータバッチ解析の精度に関する検討−. 病院管理 33 229-235.

 

G9612: 秋坂真史 (1996) 百歳人口比と心疾患および脳血管障害標準化死亡率との関連性. 医と生物 133 175-178.

 

G9613: 秋坂真史, 鈴木信 (1996) 沖縄の百歳長寿者における性腺刺激ホルモン分泌能の遺伝的影響. 医と生物 133 221-224

 

G9614: Hagihara M, Shimura T, Sato K, Genga K, Suzuki M, Tsuji K (1995) HLA and Tumor Necrosis Factorβ Gene Polymorphisms in Okinawa Lung CancerPatients: Comparative Study with Mainland Japan Lung Cancer Patients. Hum Immunol 43 95-100.

 

3.著書

T9601: 鈴木信 (1996) disable-free life (心豊かな自立人生)とユイマール. 太平洋戦争・沖縄戦終結50周年記念事業「記念誌」検討委員会、編集委員会, 長寿のあしあと, 沖縄県環境保健部予防課, 沖縄, 388-402.

 

T9502: 鈴木信, 比嘉政昭, 尚弘子, 比嘉國郎, 砂川恵徹, 稲福きみ子 (1996) 世界一の沖縄の長寿を考える. 太平洋戦争・沖縄戦終結50周年記念事業「記念誌」検討委員会、編集委員会, 長寿のあしあと, 沖縄県環境保健部予防課, 沖縄, 539-563.

 

4.報告

H9601: 鈴木信, 野崎宏幸, 秋坂真史, セン・ギンセイ (1996) 百歳老人と70歳老人のアミノ酸分析と栄養状態の比較.新しい技術開発シーズにつながる研究亜熱帯環境下高齢者の生体成分の分析と臨床検査的応用について 5-7.

 

H9602: 鈴木信, 藤山和恵, 保良昌徳, 上里良進 (1996) 高齢者生活実態調査平成7年度. 沖縄県生活福祉部 282pp.

 

H9603: 鈴木信, 安次富郁哉, 目取真富士乃 (1996) 仲里村老人医療の現状〜老人医療費を中心として〜 136pp.

 

H9604: 鈴木信 (1996) 沖縄高齢者の地域別disability free rateに関する縦断的研究. 長寿科学総合研究平成7年度研究報告 49-56.

 

H9605: Akisaka M, Suzuki M (1996) The Bone Density and Activity of Daily Living in Okinawan Centenarians. 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology Proceedings of Symposium 435-437.

 

H9606: Akisaka M, et al (1996) A Study on Bone-density and Healthy Lifestyles in Okinawan Centenarians, proceedings of International Symposium on Care for the Elderly 169-173.

 

H9607: 秋坂真史, 野崎宏幸, 野原由美子, 瑞慶覧涼子, 安次富郁哉, 小倉正己, 鈴木信 (1996) 介護女性の骨密度の関する検討. 民族衛生 62 239.

 

H9608: 秋坂真史, 鈴木信 (1996) 超高齢者における長寿規定因子と健康破綻因子に関する研究. 総合健康推進財団平成4年度助成事業研究報告書 16-34.

 

H9609: 秋坂真史, ほか (1996) 沖縄超高齢者のSuccessful Aging (サクセスフル・エイジング) に関する研究. 日本火災福祉財団平成6年度ジェロントロジー研究報告書 2 73-85.

 

H9610: 秋坂真史 (1996) 若年女性のライフスタイル改善による骨密度への短期的影響. 日本健康教育学会誌 4(Suppl.) 64-65.

 

H9611: 安次富郁哉, 野崎宏幸, 秋坂真史, 鈴木信 (1996) 成人病アクシデントの発生と「基本健康調査」所見との関連について. 全日病誌 7 56-57.

 

H9612: Chan YC, Suzuki M, Akisak M, Adjei AA, Yamamoto S (1996) Nutrient Intake of Okinawa Centenarians. 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology Proceedings of Symposium 444-446.

 

H9613: Vogel J.M, Suzuki M, Wasnich RD, Ross PD, Davis JW (1996) The Role of Bone Mass Measurements in Osteoporosis Prevention. 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology Proceedings of Symposium 441-443.

 

5.その他

M9601: 鈴木信 (1996) 高齢社会における高いWellnessを求めて−沖縄高齢者の地域別disable free rateに関する縦断的研究−. 全自病協雑誌 339 25-36.

 

M9602: 鈴木信 (1996) 高いWellnessを求めて. ホームヘルス機器 VOL25 No.283 3-13.

 

M9603: 鈴木信 (1996) 若者の腰痛と骨粗鬆症. かいぎん 第10号 22-23.

 

M9604: 鈴木信 (1996) 百寿者の診療に対する留意点. 日本医事新報 3718 143-144.

 

M9605: 秋坂真史 (1996) 沖縄における生と死をめぐる二、三の考察−健康教育及び長寿医学の観点から−. 琉球大学学報 331 10-14.

 

M9606: 秋坂真史 (1996) 沖縄に学ぶ健康長寿の栄養学. 治療78 3064-3066.

 

M9607: 秋坂真史 (1996) 百歳長寿とアイデンティティー. 第3回日本実存心身療法研究会シ

ンポジウム「有病で長寿をいかに創るか」抄録集 10-15.

 

M9608: セン・ギンセイ (1996) 百年樹木−琉球大学に留学して−. 日本医事新報「ジュニア版」 357 31-33.