病理学第一講座

 

A.研究課題の概要

1.癌細胞のエネルギー代謝に対する米糠由来抗腫瘍性分画RBFの作用の研究 (伊藤悦男,森岡孝満)

  1. 癌細胞はエネルギー代謝に際して発熱する。これを指標として既知の主な代謝阻害剤を用い,癌細胞のエネルギー代謝の変化を微小熱量計で測定し,RBFの発熱現象に与える影響を解析している。癌細胞のエネルギー代謝は正常細胞と異なり,急速で旺盛な解糖と呼吸抑制を特徴とする。また,グルコース添加時に熱を発生するが,この熱に対する既知の主要な代謝阻害剤の影響を検索した結果,これが主として呼吸と解糖によるものであることが証明された。また,RBFを添加した際の熱型の変化が脱共役剤DNPを添加した際の熱型と類似していることから,RBFはエネルギー代謝阻害作用を示す事が推定された。

 

2)癌細胞のエネルギー代謝時のATP量の変化の測定をし,熱量計による発熱反応に対応するATP量の変動も検索している。この結果,発熱反応とATP量の変動に並行関係がある事が証明出来た。また,抗癌性分画RBF添加によるATP量の変動を検索した結果,脱共役剤DNPと同様な変動と,それに引き続くATP産生抑制があることが証明出来た。

 

2.米糠由来抗腫瘍画分RBFの抽出法の検討と抗腫瘍作用機序の研究 (森岡孝満,大城吉秀)

米糠由来の脂肪酸とペプタイドからなる抗腫瘍画分RBFの抽出をし,エールリッヒ腹水癌細胞による固形癌の抑制,培養細胞株に対するアポトーシスの誘発を研究している。その結果,RBFは癌細胞の増殖阻止,殺細胞性を示し,固形腫瘍でのアポトーシス出現率は投与群では有意に高率に認められた。また培養細胞でもRBFの添加によりアポトーシスの増加が有意に増加しており,RBFの抗腫瘍性機序とアポトーシス誘発との関連が明らかとなった。

 

3.沖縄の泥岩(ジャーガル,クチャ)の粉末による塵肺症の研究 (伊藤悦男,嘉陽清美,宮城恵利子)

沖縄本島の土壌はジャーガル,島尻マージ,国頭マージと呼ばれる特殊土壌からなっている。これらに共通する成分は,その半量近くを占めるシルト岩である。泥岩とよばれるジャーガルは乾燥すると微細な粉末が固まったもろい岩状を呈し,容易に粉末となる。これが強風にあおられると微細な粉末になって空気中に浮遊し,沖縄での呼吸器障害の発生に関与している可能性が高いと考えた。これを実験的にマウスに吸引させ塵肺症を作る実験を継続し,曝露1カ月では軽微だった沈着量が,2カ月目から急激に増加し,肺病変が出現し始め,やがて異物性肉芽の像を呈することが証明出来た。

 現在は剖検例の肺を材料とした検索と,実験的に気道内注入をして急性及び慢性病変の作成,検索を進めている。

 

4.塗抹染色標本を用いた蛍光in situ分子雑種法による血液腫瘍の遺伝子解析の研究 (百名伸之,伊藤悦男)

 骨髄血塗抹標本において,メイ・ギムザ染色により細胞を形態的に同定した後,FISHを行う。すでに正常コントロールを用いて本手法の手技の確立と特異性を確認した。現在数的染色体異常を持つ急性白血病の検体について分析し,細胞の形態学的特徴と遺伝学的特徴との関連を解析している。さらに数的染色体異常は腫瘍の遺伝学的マーカーとなるため,残存腫瘍の検出を試みている。本研究により従来の細胞化学染色により蓄積されてきた腫瘍クローンの形態学的特徴と遺伝学的特徴の関連が,個々の細胞について容易に検討でき,腫瘍細胞クローンが,どの血液細胞系統に帰属し,どこまで分化しているのかが明らかとなる。この結果は,染色体異常と白血化の病態解明に繋がるものである。また,臨床的には白血病寛解期における微小残存腫瘍の検出が可能となれば,治療効果や予後の判定に応用される。

 

 

B.研究業績

1.原著

G9601: Morioka T, Simada K, Ariizumi M, Shinjo M, Ohshiro Y, Kato K, Yamamoto S (1996) Nutrient effects on acute gastric mucosal lesions under stress in rats. ACES 8 1-2.

 

G9602: Adjei A A, Morioka T, Ameho C K, Yamauchi K, Kulkarni A D, AL-Mansouri H M S H, Kawajiri A, Yamamoto S (1996) Nucleoside-nucleotide free diet protects rat colonic mucosa from damage induced by trinitrobenzene sulphonic acid. Gut 39 428-433.

 

4.報告

H9601: 伊藤悦男, 嘉陽清美, 新垣有正, 森岡孝満, 宮城恵利子 (1996) 沖縄のシルト岩(sillstone)粉末による塵肺症の実験的研究. 日病会誌 85 193.                             

 

H9602: 大城吉秀, 森岡孝満, 嘉陽清美, 島田勝政, 伊藤悦男 (1996) 固形腫瘤に対する抗腫瘍物質RBFの作用機序の組織学的検討. 日病会誌 85 287.                                                

 

H9603: 森岡孝満, 大城吉秀, 伊藤悦男, 新垣有正, 島田勝政 (1996) 米糠由来抗腫瘍性物質RBFによるEhrlich腹水癌細胞のエネルギー代謝への阻害効果の検索. 日病会誌 85 287.                                                                          

 

5.その他

M9601: 伊藤悦男 (1996) がん研究とマイクロカロリメーター. びょうりのバスケット 10 4ー5.

 

M9602: 宮城航一,銘苅晋, 新垣有正 (1996) 経蝶形骨洞下垂体腺腫摘出時の落下腫瘍組織片がトルコ鞍底に播種したCushing病症例. 脳神経外科速報 6 785ー789.