薬剤部


A.研究課題の概要

 1. 薬物相互作用に関する研究
 生体内に投与された薬物は吸収, 分布, 代謝, 排泄の過程を経て体外に放出される。 薬物相互作用はそれぞれの過程で生じ, その研究はすでに数多く報告されている。しかし, 特に新薬の相互作用はまだ明白になっておらず, 薬物個々においてそれぞれ実験に基づいて検討を加えなければ, まだ充分な薬物相互作用の実態はつかめられない。 また, 薬物の体内動態の多くの研究において動物実験のデータからヒトにおけるデータを推定しなければならないが, 吸収, 分布, 排泄に関しては, それ程大きな種差は認められないが, 代謝に関する種差は極めて大きいので特に注意が必要であると言われている。  高速液体クロマトグラフを使用してラットに投与された薬物の血清中から固相抽出法により敏速に薬物濃度が測定できる方法を開発した。 この方法を使用して, 先ずは実験動物による薬物相互作用は血中薬物濃度を測定することにより検討を加えたい。その実験データを基にしてヒトにおける薬物相互作用の検討が加えられ, その研究を促進したい。  使用する薬剤は, 新薬のβ-遮断剤カルベジロールとニューキノロン剤のフレロキサシン, スパルフロキサシンである。 カルベジロールは初回通過効果を受け, グルクロン酸抱合体で排泄され, 蛋白結合の強い薬剤である。 フレロキサシンは主に未変化体で尿中に排泄される。 スパルフロキサシンは肝臓で主に代謝され, 生体内でグルクロン酸抱合を受け尿中又は糞中に排泄される薬剤である。 これらの薬剤の血中濃度が他の併用薬剤によってどのように変化, 変動するか薬物動態パラメーター等を使用して比較検討を加えたい。
 2. 薬物血中濃度測定及びその動態解析
 薬理作用と血中濃度に一定相関があり治療有効濃度域が明確な薬物においては, 薬物血中濃度モニタリング (TDM) を行うことで個人毎の適切な投与設計が可能となる。 特に, 有効域の狭い薬物や投与量と血中濃度との相関性の悪い薬物などの使用時, 薬物による中毒が疑われる時, 抗てんかん薬やジギタリス製剤の使用時の症状コントロール, 予防目的で投与される薬物の治療効果の確認などのために薬物血中濃度測定とその動態解析を継続して行っている。 また, 何らかの生理的, 病態的要因, 薬物相互作用などによって個々の患者の薬物体内動態が特異な場合は, TDMの臨床的意義はさらに大きく, このような場合, 実際に薬理作用を発現する遊離型濃度の測定を行うことにより対応している。 この測定法を導入することにより的確な薬物療法が期待される。

B.研究業績

 1. 原著
G95013: 比嘉保, 芳原準男 (1995) 琉球大学医学部附属病院における抗癌剤の使用実態. 化療の領域 11 955-961.
G95014: 渡久山京子, 芳原準男, 池村政次郎 (1995) 琉球大学医学部附属病院のモルヒネ使用状況. 九州薬会報 49 53-56.
 3. 著書
T95001: 芳原準男 (1995) βーラクタム系抗生物質. 鎌田武信, 高杉益充, 編「新編診断・治療の進歩と新しい薬剤」, 医薬ジャーナル社, 大阪, 234-240.
 4. 報告
H95028: 比嘉小百合, 与那覇房子, 比嘉保, 大城進, 芳原準男 (1995) 本病院における薬剤管理指導業務について−メシル酸カモスタット含嗽液の使用経験と薬剤安定性. 琉球医会誌 15 45.
H95029: 亀谷浩昌, 外間惟夫, 大城進, 芳原準男 (1995) フレロキサシンの血漿中濃度迅速定量法と薬物相互作用の研究. 日薬会115年会講要 4 254.
H95030: 外間惟夫, 亀谷浩昌, 大城進, 芳原準男, 坂梨又郎 (1995) ラットにおけるカルベジロールの血漿中動態と薬物相互作用の研究. 日薬会115年会講要 4 254.
H95031: Itomine T, Matsuzaki T, Ohshiro S, Hobara N, Sakanashi M (1995) Comparison ofβ-adrenoceptor blocking and vasorelaxing effects among nipradilol and its optical isomers in isolated swine coronary artery. Jpn J Pharmacol 67 Suppl. 1 182.
H95032: 亀谷浩昌, 外間惟夫, 大城進, 芳原準男 (1995) フレロキサシンの血漿中濃度迅速定量法とアセトアミノフェン併用時の血中動態の研究. 琉球医会誌 15 48.
H95033: 外間惟夫, 亀谷浩昌, 大城進, 芳原準男, 坂梨又郎 (1995) ラットにおけるCarvedilolとNicardipine の相互作用 (第3報) . 第5回日病薬会年会講要 108.
H95034: 亀谷浩昌, 外間惟夫, 大城進, 芳原準男 (1995) ラットにおけるフレロキサシンとインドメタシン, シメチジンの相互作用. 第5回日病薬会年会講要 336.
H95035: 外間惟夫, 亀谷浩昌, 大城進, 芳原準男, 坂梨又郎 (1995) ラットにおけるカルベジロールとジヒドロピリジン系Ca拮抗剤の相互作用. 第11回沖縄県薬剤師会学術大会プログラム・講演要旨 7.
H95036: 大城進, 外間惟夫, 亀谷浩昌, 芳原準男 (1995) ラットにおけるスパルフロキサシンとシメチジン, インドメタシンとの相互作用. 第11回沖薬師会講要 8.
H95037: 亀谷浩昌, 外間惟夫, 大城進, 芳原準男 (1995) ラットにおけるフレロキサシンとプランルカスト水和物, アステミゾール, オザグレルの相互作用. 第11回沖薬師会講要 9.
H95038: 山城志津, 大城進, 芳原準男, 安次富哲雄 (1995) , PL法と院内製剤. 第11回沖薬師会講要 14.
H95039: 渡久山京子, 池村政次郎, 芳原準男 (1995) 琉球大学病院におけるモルヒネ使用状況. 第11回沖薬師会講要 17.
H95040: 大村央子, 諸見牧子, 砂川敦子, 与那覇房子, 宮里佐織, 池村政次郎, 芳原準男 (1995) 注射薬オーダリングシステムの構築と運用. 第11回沖薬師会講要 18.
H95041: 渡久山京子, 池村政次郎, 芳原準男 (1995) 当院におけるモルヒネ使用状況. 琉球医会誌 15 156.
H95042: 芳原準男, 上原正徳, 松山朝雄, 具志堅秀子, 池村政次郎 (1995) 高齢者における薬物療法. 第60回九山薬会講要 196.
H95043: 大城進, 外間惟夫, 亀谷浩昌, 芳原準男 (1995) ラットにおける加齢によるスパルフロキサシンの血中動態への影響. 第60回九山薬会講要 128.
H95044: 亀谷浩昌, 外間惟夫, 大城進, 芳原準男 (1995) ラット血漿中フレロキサシン動態への加齢の影響. 第60回九山薬会講要 129.
H95045: 外間惟夫, 亀谷浩昌, 大城進, 芳原準男, 坂梨又郎 (1995) ラット血漿中カルベジロール動態に及ぼす加齢の影響. 第60回九山薬会講要 130.
H95046: 与那覇房子, 比嘉小百合, 芳原準男 (1995) イソジン含嗽液の希釈方法の検討. 第60回九山薬会講要107.
H95047: 糸嶺達, 松崎俊博, 野口克彦, 仲宗根淳子, 宮城香奈子, 小山智之, 尾尻義彦, 加藤孝之, 芳原準男, 大城進, 樋口マキヱ, 坂梨又郎 (1995) 摘出ブタ冠動脈におけるNipradilol光学異性体の耐性発現の可能性について. 日薬理誌. 107 65.
 5. その他
M95005: 芳原準男 (1995) 求められる薬剤師の服薬指導. 漢方調剤研究63 No 60.