歯科口腔外科学講座


A.研究課題の概要

 1. 口唇裂口蓋裂に関する研究
 当科では, 口唇裂口蓋裂患者に対して一次形成手術のみならず, 術後の言語治療, 歯科矯正治療を含めたチーム・アプローチを行っている。
 口蓋形成術の術式として当科では, 約10年前より顎発育抑制の少ない粘膜弁変法を採用し, 長期的な観察を行って顎発育に関して従来の術式との比較検討を行っている。 また, 最近の術後の言語成績についても調査を行い, 概ね良好な結果であることを報告している。 さらに, 最近盛んに行われるようになってきた顎裂部に対する二次的自家骨移植の術後評価に関して, 裂型や手術時期, 移植骨種別に比較し, これらの因子と術後成績との関連について検討している。
 疫学的研究では, 沖縄県における口唇裂口蓋裂の発生頻度の調査ならびに母体環境要因に関するケース・コントロールスタディなどの研究を行っている。
 2. 口腔癌の臨床病理学的研究
 口腔癌のうち最も頻度の高い扁平上皮癌を対象に根治性を重視し, かつ顎顔面形態と口腔機能の温存を図る目的で, 昭和60年より, 各症例の臨床病理学的悪性度に基づいたinduction chemotherapyを行い, 化学療法効果と悪性度に応じた外科的切除を行う体系的治療法を採用している。 これら症例について臨床病理学的に研究を行っている。
  1)口腔癌に対するinduction chemotherapyの効果に関する臨床病理学的研究
 当科で悪性度に応じてinduction chemotherapyを行った口腔扁平上皮癌症例の化学療法効果について臨床的, 組織学的に検索し, 化学療法効果が予後と密接に関連していることを明かにしてきた。 さらに, レジメン別に化学療法効果を検索し, レジメンの再評価, 再検討を行っている。
  2)口腔癌の頚部リンパ節転移の診断に関する研究
 頚部リンパ節転移に関して, 初診時の頚部CT, エコーの画像所見と原発巣の病理所見および頚部郭清術施行時の病理所見等を検索し, 比較研究している。 具体的な比較項目は, CT上のリンパ節大きさ, 形態, エコー所見における内部エコー, 境界エコー, 原発巣の病理標本上での分化度, 癌細胞浸潤様式, 臨床病理学的悪性度, 郭清リンパ節の転移個数, 転移Level, リンパ節における癌の占拠範囲, 転移パターン, 節外浸潤等である。
  3)口腔癌の頚部リンパ節転移巣に対するinduction chemotherapyの効果に関する研究
 頚部リンパ節転移巣に対するinduction chemotherapyの効果の可能性について研究を行っている。研究方法としては, 化学療法前後のCT画像上のリンパ節の変化の比較, 化学療法効果と予後との比較, 他報告との比較等である。
  4)口腔癌切除後の言語機能に関する研究
 口腔癌の術後の構音障害は, 々讐撒’修忘任盍慷燭靴討い訐紊隆鐚租な欠損による形態や機能の障害。⊇儻紊令躡収縮による残存舌の可動性の障害により左右されることが, 100音節語音発語明瞭度検査および超音波診断装置を使った残存舌可動性の検査により解明された。このことにより術前に患者に対して術後の機能障害の程度を十分に説明できること(インフォ-ムドコンセント)が可能になった。
  5)口腔癌患者のQOLに関する研究
 口腔癌患者の術後のQOLを評価するために, 患者自身による術後機能 (言語および経口摂取) 自己評価と生活状況のアンケート調査より満足度を求め, さらに100音節語音発語明瞭度検査で求めた言語機能の他覚的評価と比較検討し, 口腔癌患者の術後のQOLについての評価の確立をめざしている。
 3. 顎・顔面外傷に関する研究
 昭和48年より平成4年までの20年間で顎顔面外傷症例は1595例であった。 10歳代の患者が多く, 受傷原因では交通事故が最も多いが, このうちの約6割は二輪車による事故であった。受傷は夜間に多発していた。骨折の種類としては骨体骨折965例(61%), 歯牙脱臼・歯槽骨骨折326例(20%), 歯牙破折95例(6%), 軟組織損傷209例(13%)であった。 平成7年は78例であり, その内訳は骨体骨折41例(53%), 歯牙脱臼・歯槽骨骨折18例(23%), 歯牙破折4例(5%), 軟組織損傷15例(19%)であった。 処置として骨体骨折においては顎間固定による非観血的整復固定術に代わり, 昭和60年頃のステンレス金属プレ-ト (A-Oプレ-ト, シャンピ-ミニプレ-ト) の導入をきっかけに, 現在ではチタンミニプレ-トによる観血的整復固定術を行っている。 この結果, 強固な固定が得られるとともに顎間固定期間が短縮され, 且つ患者の精神的・肉体的苦痛を軽減でき, 早期の社会復帰が可能となった。
 4. 歯性感染症に関する研究
 口腔内の培養可能な細菌の種類は50菌属以上, 菌種では数百に達し, その総数はおおまかに口腔全体で1013〜15個と考えられている。 また, 歯垢1g (湿重量) 中には1010〜11個の生菌が存在し, 初期は連鎖球菌が多く時間の経過とともにグラム陰性の嫌気性菌が出現してくるという。 一方, 歯周ポケットの内容物1g (湿重量) 中には5×1010個の生菌が計測され, その約80%が嫌気性菌であったという。 これを踏まえて平成4年より平成6年までの外来における歯性感染症で, 細菌検査を行った症例62症例について検討した。 対象症例は歯周組織炎26例, 智歯周囲炎5例, 顎炎31例であり, 抜歯後の感染症は9例であった。 検出・同定された菌数は109株で, 94株が22種の好気性菌, 15株が8菌種の嫌気性菌であった。 約7割の症例は好気性菌の単独あるいは複数菌の感染症であった。とくにレンサ球菌が66株と全体の60%を占めていた。
  B.研究業績
 1. 原著
G95049: 前川隆子, 砂川元, 儀間裕, 新垣敬一 (1995) 初回口蓋形成術後の経過と言語機能. 日口蓋裂会誌 20 12-134.
G95050: 佐々木次郎, 金城孝, 砂川元, 山城正宏, 藤井信男, 他42名 (1995) 歯科・口腔外科領域におけるritipenem acoxilの臨床的検討. 日化療会誌 43 (S-3) 415-425.
G95051: 小川一彦, 戸板孝文, 垣花泰政, 末山博男, 古謝静男, 真栄城徳秀, 砂川元, 新崎章, 中野政雄 (1995) 舌癌の組織内照射-頚部制御を中心に-. 日癌治療会誌 30 1859-1867.
 4. 報告
H95132: 我那覇宗教, 砂川元, 金城孝, 新崎章, 喜舎場学, 津波古判, 黒島直克 (1995) 口腔扁平上皮癌に対するinduction chemotherapyの効果に関する臨床病理学的検討. 口腔腫瘍 7 115.
H95133: 黒島直克, 砂川元, 金城孝, 新崎章, 喜舎場学, 津波古判, 我那覇宗教 (1995) 当科における口底癌の臨床病理学的検討. 口腔腫瘍 7 135.
H95134: 久志尚子, 砂川元, 金城孝, 新崎章, 喜舎場学, 黒島直克 (1995) 頬粘膜扁平上皮癌に対するinduction chemotherapyの効果に関する臨床病理学的検討. 口科誌 44 764.
H95135: 宮里清和, 砂川元, 金城孝, 新崎章, 津波古判, 我那覇宗教 (1995) 口峡咽頭扁平上皮癌に対するinduction chemotherapyの効果に関する臨床病理学的検討. 口科誌 44 765.
H95136: 新谷晃代, 砂川元, 儀間裕, 比嘉優, 新垣敬一, 神谷茂, 石嶺秀樹 (1995) 粘膜弁変法による口蓋形成術後の上顎歯列弓形態に関する検討. 口科誌 44 869.
H95137: 新崎章, 砂川元, 喜舎場学, 津波古判, 津波古京子, 我那覇宗教, 黒島直克 (1995) induction chemotherapy症例における細胞性免疫の検討. 頭頸部腫瘍 21 371.
H95138: 喜舎場学, 砂川元, 新崎章, 津波古判, 我那覇宗教, 津波古京子, 黒島直克 (1995) 口腔扁平上皮癌における頚部リンパ節転移と予後との関係. 頭頸部腫瘍 21 426.
H95139: 儀間裕, 砂川元, 黒江和斗, 小椋幹記, 山形圭一郎, 伊藤学而 (1995) 顎裂部に対する二次的自家骨移植の術後評価. 日口蓋裂誌 20 256.
H95140: 新谷晃代, 砂川元, 儀間裕, 金城孝, 新垣敬一, 前川隆子 (1995) 粘膜弁変法による口蓋形成術後の上顎歯列弓形態に関する検討. 日口蓋裂誌 20 294.
H95141: 新垣敬一, 砂川元, 儀間裕, 金城孝, 新谷晃代, 前川隆子 (1995) 唇顎口蓋裂患児の術後の舌房容積と下顎歯列弓形態について. 日口蓋裂誌 20 294.
H95142: 砂川元, 金城孝, 新崎章, 喜舎場学, 津波古判, 我那覇宗教 (1995) Induction chemotherapyを行った口腔扁平上皮癌症例の臨床病理学的検討 -予後不良例について-. 日癌治 30 493.
H95143: 我那覇宗教, 金城孝, 新崎章, 喜舎場学, 津波古判 (1995) 当科における舌・口底扁平上皮癌患者のQOLに関する検討. 日癌治 30 262.
H95144: Arasaki A, Sunakawa H, Kishaba M, Tsuhako W, Tsuhako K, Ganaha M (1995) Studies on cell-mediated immunity in oral cancer patients treated by induction chemotherapy. ICOOC 128.
H95145: 喜舎場学, 砂川元, 新崎章, 津波古判, 我那覇宗教, 黒島直克, 津波古京子 (1995) 舌・口底癌の頚部リンパ節転移に関する臨床病理学的検討. 日口外誌(抄録) 117.
H95146: 前川あやめ, 砂川元, 金城孝, 新崎章, 神谷茂, 金城康光 (1995) 口蓋部に発生したmalignant myoepitheliomaの1例. 日口外誌(抄録) 237.
H95147: 宮城克優, 砂川元, 金城孝, 比嘉優, 山内和夫, 宮里清和, 久志尚子 (1995) 当科における過去10年間の入院患者の臨床統計的観察. 日口外誌抄録 267.
H95148: 前川隆子, 砂川元, 儀間裕, 新垣敬一, 新谷晃代, 山内昌浩 (1995) Pieerre Robin症候群1例の言語機能および顎態に関する検討. 日口外誌(抄録) 270.
H95149: 砂川元, 津波古判 (1995) 口腔腫瘍へのレーザーの使用経験. 日本レーザー歯学会 (抄録) 20.
H95150: 金城孝, 砂川元, 儀間裕, 喜久川美沢 (1995) 琉球大学教育学部附属小学校における歯科検診結果についての検討. 沖縄県公衆衛生学会誌(抄録) 69-70.
H95151: 儀間裕, 金城孝, 砂川元, 国仲匡 (1995) 沖縄県における口唇裂口蓋裂の発生頻度について. 沖縄県公衆衛生学会誌(抄録) 73.
H95152: 金城孝, 砂川元, 新崎章, 喜舎場学 (1995) 過去3年間における歯性感染症の臨床的観察. 日本化学療法学会 101.
H95153: 喜舎場学, 砂川元, 新崎章, 津波古判, 我那覇宗教 (1995) 口腔領域悪性腫瘍の頚部リンパ節転移に対するinduction chemotherapyの効果の検討. 日本化学療法学会 108.
H95154: 新崎章, 砂川元, 金城孝, 喜舎場学 (1995) 口腔扁平上皮癌に対するinduction chemotherapyの効果に関する臨床病理学的検討. 日本化学療法学会 108.
 5.その他
M95001: 新崎章, 砂川元, 喜舎場学, 津波古判, 津波古京子, 我那覇宗教, 黒島直克 (1995) 若中年者の口腔領域扁平上皮癌におけるinduction chemotherapyに関する臨床病理学的検討. 頭頸部腫瘍 21 56-63.
M95002: 儀間裕, 砂川元, 新垣敬一, 前川隆子, 山城正宏 (1995) 口蓋裂を伴ったKniest Dysplasiaの4例. 日口腔外誌 41 233-238.
M95003: 佐々木次郎, 山城正宏, 砂川元, 喜舎場学, 藤井信男, 他38名 (1995) 急性歯性感染症に対するAzithromycinの薬効評価. 日化療会誌 48 1093-1118.
M95004: 砂川元, 新崎章, 喜舎場学, 津波古判, 我那覇宗教, 津波古京子, 黒島直克 (1995) 高度浸潤癌 (4D型) 口腔癌に対する治療法の検討. び慢性浸潤(4C,4D)口腔癌に関するサテライト セミナー イン サッポロ論文集 21-25.
M95005: 佐々木次郎, 山城正宏, 砂川元, 喜舎場学, 他15名 (1995) 歯科・口腔外科領域の感染症に対するazithromycinの臨床的検討. 日化療会誌 43 (S-6) 339-354.