生理学第一講座


A.研究課題の概要

 1. フィブリン結合性トロンビンの病態生理学的研究
 一旦形成されたトロンビンの生体内運命についての解明は行われていないが, 血栓溶解後の血管再狭窄へのフィブリン結合性トロンビンの重要性が示唆されている。本研究では, フィブリン結合性トロンビンの免疫化学的性質の解明, それより得られた知見を基に, フィブリン結合性トロンビンの測定法の開発, さらにはフィブリン結合性トロンビン活性の制禦方法を研究している。
 2. ハブ毒由来トロンビン様酵素 (ハブトビン) の家兎フィブリノーゲン分解機構の解明
 ハブトビンおよびウシトロンビンにより, 家兎フィブリノーゲンより遊離するFPAのアミノ酸配列は既に決定している。また, ウシトロンビンにより遊離するFPBのアミノ酸配列も既に決定している。本研究では, フィブリノーゲンのA(, B( chainのhabutobin切断部位の特定を行い, 今まで報告されているSerine proteaseによるフィブリノーゲン分解機構との異同を明らかにする。
 3. 抗原特異的ラットIgEの生体内運命
 当教室では, モノクローナルDNP特異的ラットIgEを作製し, その免疫化学的性質を既に明らかにしている。
 抗原特異的ラットIgEを用いて, 感作・非感作ラットのIgEの血管内, 血管外動態および血管内皮細胞との相互反応の解明を行っている。 これらの実験結果から, I型アレルギー反応初期の統禦方法を検索している。
 4. 沖縄のI型アレルギーの地域特性
 沖縄のI型アレルギー患者においては, 感作抗原の重複は他地域に比して少なく, 抗原の単一曝露を受けているとの結果が, 我々のこれまでの研究により明らかにされている。
 本研究では, 気象と喘息発作出現との関係を長期間にわたり調査している。 喘息発作出現数と平均温度, 平均蒸気圧, 平均相対湿度, 平均風速, 平均海面気圧との関係を調査している。 これらの調査結果を他地域のそれと比較し, 沖縄のI型アレルギー発症における気象条件の関与について, その地域特性を明らかにする検討を行っている。
 5. ハブトビンの線溶系活性化
 ハブトビンそれ自体は, in vitro実験では線溶系の活性化を生ぜしめない。 本研究では(2 -PI減少の発現機序を解明するために, ウシ肺動脈血管内皮細胞へのハブトビン添加による線溶系関与物質の放出について検討している。 ハブトビン刺激により培養血管内皮細胞からplasminogen activator (PA) およびplasminogen activator inhibitor (PAI) の放出がみられている。さらにPAはurokinase type PA (u-PA) であると同定している。また, 内皮細胞接着の離開がハブトビン添加により認められており, この離開現象へのextracellular matrix, u-PA, ハブトビンの関与について目下検討している。
B.研究業績
 1. 原著
G9501: Nakamura M, Yamashiro Y, Nakahodo K, Sunagawa M, Huang G-W, Kosugi T, Morimitsu T (1995) Plasminogen activators in tissue extract of aural cholesteatoma. Laryngoscope 105 305-310.
G9502: Hanashiro K, Sunagawa M, Saitoh S, Nakamura M, Kosugi T (1995) Administration of histamine-rat gammaglobulin conjugate suppresses IgE production in rats. Ryukyu Med J 15 13-17.
G9503: Nakamura M, Kinjoh K, Miyagi C, Oka U, Sunagawa M, Yamashita S, Kosugi T (1995) Pharmacokinetics of habutobin in rabbits. Toxicon 33 1201-1206.
G9504: Tamaki N, Hanashiro K, Saitoh S, Nakamura M, Kosugi T (1995) Evaluation of airway responses by measurement of the respiratory resistance in rats under nonanesthetized conditions. J Jpn Bronchoesophagol Soc 46 464-475.
G9505: Kosugi T, Masuda Y, Kinjoh K, Yamashita S, Sunagawa M, Nakamura M (1995) Effect of argatroban on the formation of artificial thrombus on dogs. Int J Tissue React XVII 109-116.
G9506: 渡慶次賀博, 仲真良彦, 中村真理子, 宮城智恵美, 砂川昌範, 小杉忠誠 (1995) 「はぶウマ抗毒素」によるハブトビン活性の抑制. 医と生物学 131 187-190.
G9507: 上田智之, 古閑敏徳, 当銘由承, 金城清徳, 金城紀代彦, 小杉忠誠 (1995) 自動水洗式ラックを設置したコンベラット飼育室内の粉塵数. 実験動物技 30 37-42.
G9508: 古閑敏徳, 当銘由承, 金城清徳, 上田智之, 小杉忠誠 (1995) 亜熱帯地域の動物実験施設 (琉球大学医学部附属動物実験施設) における過去10年間の施設稼動状況 (第二報) 実験動物技 30 195-200.
 2. 総説
S9501: Tamaki N, Kosugi T, Hanashiro K, Nakamura M (1995) Physiological significance of protease in airway secretion and the control of inflammation in airway tract by protease inhibitor. Ryukyu Med J 15 121-126.
 4. 報告
H9501: 宮城智恵美, 黄光武, 山下晋, 砂川昌範, 岡勇次郎, 中村真理子, 小杉忠誠 (1995) ハブ粗毒の家兎静脈内投与はDICを惹起する. 日生理誌 57 151.
H9502: 花城和彦, 砂川昌範, 玉城昇, 中村真理子, 小杉忠誠 (1995) Monoclonal DNP-specific rat IgE の作製. 第45回日本アレルギー学会総会. アレルギー 44 912.
H9503: 砂川昌範, 花城和彦, 中村真理子, 小杉忠誠 (1995) ハブトビンによるウシ血管内皮細胞からのプラズミノーゲンアクチベーター放出. 第36回日本脈管学会総会. 脈管学 35 810.
H9504: 中村真理子, 渡慶次賀博, 宮城智恵美, 砂川昌範, 小杉忠誠 (1995) ハブ粗毒による止血機構破綻に対する抗毒素の効果. 第36回日本脈管学会総会. 脈管学 35 810.
H9505: Nakamura M, Kinjoh K, Oka U, Miyagi C, Kosugi T (1995) Establishment of the ELISA-sandwich method for estimating Habu antivenom in circulating blood of rabbits. Jpn J Physiol 45 S94.
H9506: Masuda Y, Tamaki N, Nakamura M, Kosugi T (1995) Dog erythrocyte membrane protein enhances fibrinolytic activity of UK. Jpn J Physiol 45 S95.
H9507: Sunagawa M, Hanashiro K, Nakamura M, Kosugi T (1995) Habutobin enhances release of plasminogen activator from bovine pulmonary artery endothelial cells. Jpn J Physiol 45 S267.
H9508: Hanashiro K, Sunagawa M, Nakamura M, Kosugi T (1995) The establishment of a hybridoma producing monoclonal DNP-specific rat IgE. Jpn J Physiol 45 S267.
H9509: Tamaki N, Hanashiro K, Kosugi T (1995) Some anesthetics inhibited the increase of respiratory resistance of rats. Jpn J Physiol 45 S269.
 5. その他
M9501: 小杉忠誠 (1995) (新刊紹介) Airway Secretion: Physiological Bases for the Control of Mucous Hypersecretion. Tamotsu Takishima and Sanae Shimura 編 Marcel Dekker, New York, 1994. 日気管食道会報 46 270.
M9502: 小杉忠誠 (1995) 実験動物による新しい抗アレルギー薬開発の実験法とその評価. セミナーテキスト (株) 技術情報協会 1-24.
M9503: Huang G-W, Nakamura M, Kosugi T (1995) Relationship between concentration of crude venom from T. flavoviridis in the circulating blood and the appearance of DIC in rabbits. The Snake 27 31-41.