生化学第一講座


A.研究課題の概要

 1. リボゾーム蛋白遺伝子の発現調節機構
 細胞内の蛋白合成を担っているリボゾームは, 約80種の蛋白と4種類のRNAから出来ています。 このリボゾームを合成する際, 各成分が等量ずつ作られています。このような調節がどんなメカニズムで行われているかを研究しています。
 調節に関わる転写調節因子を分離精製して, 解析することを試みる一方, この調節因子の一つであると考えられるets癌原遺伝子ファミリーに属する蛋白のcDNA クローニングを行ってその構造を調べています。
 2. 人のリボゾーム蛋白遺伝子の構造と先天性疾患との関係
 これまでが直接原因となっている病気は知られていませんでしたが, 両親からの蛋白遺伝子の片一方が欠ける事が, ターナー症候群あるいはその類似疾患の原因となっているのではないかと考えられるようになって来ました。私たちはこの可能性を検討するために, 人のリボゾーム蛋白遺伝子の構造と発現の解析を進めています。
 3. 鶏遺伝子サーフェイト領域の解析
 高等動物の遺伝子には意味を持たない部分が多く, 蛋白をコードする遺伝子はこの中に互いに遠く離れているのが普通ですが, 最初, マウスの遺伝子の中で腫瘍化活性のある部分として分離されたこのサーフェイト領域では, 数種類の遺伝子が密に詰まっている事が知られています。 しかしこのような遺伝子構成にどんな意味があるのか, あるいはどんな蛋白をコードしているのかも良く解かっていません。
 私たちは鶏にもこの領域が良く保存されていて, 独特のミニクロモソーム上にある事, そのコードする蛋白の一つがリボゾーム蛋白 L7a である事を明らかにしました。 またこれに隣接する三つの遺伝子の塩基配列を決定し, その塩基配列の特徴から細胞の基本的な機能を担う蛋白をコードしているものと考えていますが, 類似の蛋白の報告がまだ無く, その機能を明らかにするための解析を行っています。
 4. 遺伝性球状赤血球症と赤血球膜タンパク
 遺伝性球状赤血球症 (HS) は小球性の球状赤血球が末梢血液中に存在する先天性溶血性貧血です。 先天性溶血性貧血の大部分はこの疾患です。 この疾患は赤血球膜異常を示す疾患ですが, その原因がどこにあるのか未だ明らかではありません。 赤血球形態が変化するのは赤血球膜構成成分が異常を示す結果と考えられます。 特に赤血球膜骨格タンパクのバンドバンド4.2 タンパクがHSで特異的に欠損或いは減少していることを明らかにしてきました。 ここではこのバンド4.2 タンパクの生化学的な性質を調べ, このタンパクと HS の関係を分子生物学的に調べています。
 5. ヘリコバクター属菌の生化学的考察
 Heloicobactrt属菌には宿主の異なる9種類に分類されています。 その内ヒトを宿主にするH.pylorilは胃潰瘍の原因と考えられるようになったが, 他のHeloicobactrt属菌の生化学的性質は良く判っていません。そこでH.pylorilと比較し生化学的に検討しています。
B.研究業績
 1. 原著
G9501: Callen D F, Lane S A, Kenmochi N et al (1995) Integration of transcript and genetic maps of chromosome 16 at 1 Mb resolution provides a resource for the cloning of disease genes. Genomics 29 503-511.
 4. 報告
H9501: Kenmochi N, Goodman N et al (1995) Mapping of 66 human ribosomal protein genes : relationship to chromosomal disorders. Am J Hum Genet 57 (4) A262.
H9502: Quaye I K E, Toku S, Tanaka T (1995) Sequence requirement for nucleolar localization of rat ribosomal protein L31. An International Conference on the Structure and Function of the Ribosome 11.
H9503: Tanaka T, Toku S, Maeda N, Kenmochi N, Nakasone K, Machida M (1995) A comparative study of chicken ribosomal protein promoters. An International Conference on the Structure and Function of the Ribosome 27.
H9504: Quaye I K E, Toku S, Tanaka T (1995) Sequence requirement for nucleolar localization of rat ribosomal protein L31. The wilhelm bernhard workshop 44.
H9505: 剣持直哉, David Page, Nathan Goodman, 田中龍夫 (1995) リボソーム蛋白遺伝子のヒト染色体マッピング. 生化学 67 7 882.
H9506: 八幡義人 他12人 (1995) 赤血球膜蛋白band 4.2とband 3複合欠損型を示す遺伝性球状赤血球症の一家系. Intern J Hematol 61 1 634.
H9507: 松山玲子, 井上文英, 上田智之, 小杉忠誠 (1995) Helicobacter 属菌の二, 三の生化学的性質. 生化学67 7 862.