精神衛生学教室


A.研究課題の概要

 1. 沖縄の社会文化的環境と精神衛生 (石津宏, 他)
本研究は, 沖縄のユニークな社会文化的環境のおよぼす精神衛生学的な意味について, 各方面からの研究を行おうとするものである。
  1)沖縄における疾病意識の構造と疾病様態について。
  2)沖縄における心身症・神経症のプライマリ・ケアの様態。
  3)沖縄における死生観, 宇宙観と県民性にみる精神衛生学的有意性。
 2. 心身医学とprevention for health, health promotion (石津宏, 他)
本研究は, 心身医学に基づいた心身の健康の保持, 増進について, 疾病の予防と健康増進について, 疾病の予防と健康増進医学に寄与する方略をさぐるものである。
  1)自律訓練法における研究。
  2)bio-psycho-socio-ethical ecological approachesに関する研究。
  3)human sexualityに関する研究。
 3. 精神障害者への認知, 態度に関する国際比較研究 (名嘉幸一, 他)
 精神病および精神障害者に対する態度(Attitude)研究は, その社会における社会的通念や偏見, ステレオタイプの検討に有用であるだけでなく, 精神障害者に対する医療・サービス, 関係者の教育・訓練を考慮する際にも無視することのできない領域である。 当教室におけるこれまでの研究としては, 高校教師と精神衛生専門職 (精神科医, 臨床心理学者, ソーシャルワーカー, 看護者等)を対象に, カナダと日本, オーストラリアの比較研究を試みてきた。 これら成果の一部カナダと日本の高校教師と看護者の国際比較については, 1993年度世界精神衛生会議(World Congress for Mental Health)において発表し, 論文にまとめた(Ryukyu Med. J., 15 (4) 1995)。
 4. 精神障害者の援助希求過程に関する研究 (名嘉幸一, 他)
 精神障害の発生に伴う患者と家族の対処行動(Coping behavior, help-seeking behavior)を明らかにすることは, 精神障害の治療とサービス, とりわけ地域の精神衛生サポートネットワークを考える際に有効である。本研究は, これまで主として記録と面接に依拠したretrospectiveな調査が中心であったが, 今後はprospectiveな調査方法をも工夫していくつもりである。これまでに得られた成果については, すでに沖縄心理学会, 日本民族衛生学会沖縄地方会, 世界精神衛生会議 (ニュージーランド, メキシコ), 分裂病に関する国際カンファレンス(International Conference「schizophrenia 1992」(カナダ) )等で発表済みである。また一部は論文として公刊した(Ryukyu Med J 15 (4) 1995)。
 5. 沖縄の自殺に関する研究 (名嘉幸一, 他)
 自殺死亡率と社会環境との関連を明らかにすることは,予防医学,社会精神医学的に重要な課題である。本テーマに関しては, 過去の沖縄の自殺死亡率の変動について, 主として人口動態統計学的に種々の統計的観察を行ってきた。今後はさらにその増減要因(コホート要因, 精神障害との関連等)の解明に向けた研究をすすめていく予定である。これまでの成果については, 日本自殺予防学会, 沖縄心理学会, 日本社会精神医学会において報告し論文としてまとめた。
B.研究業績
 1. 原著
G9501: Naka K, Oda M, Randall M, Inoue S, Ishizu H (1995) Attitudes toward mental illness : A cross-cultural comparative study of nurses and high school teachers in Canada and Japan. Ryukyu Med J 15 165-172.
G9502: Naka K, Ikei A, Randall M, Ishizu H (1995) Help-seeking behavior of schizophrenic patients of a typical mental hospital in Okinawa. Ryukyu Med J 15 173-179.
G9503: 與古田孝夫 (1995) 施設入所老人の主観的幸福感とその関連要因についての検討. 日精看会誌 4 37-46.
G9504: 與古田孝夫, 渡嘉敷敦子, 石津宏 (1995) 終末期医療における患者および家族の現状と健康障害についての検討. 心身医 35 511-517.
 4. 報告
H9501: 石津宏 (1995) 会長講演: 心身医学そして健康学・行動医学へ -心身医学に基づく精神衛生学-. 第34回日本心身医学会九州地方会抄録集 21-22.
H9502: 與古田孝夫, 枦山幸恵, 名嘉幸一, 石津宏 (1995) 中学生の学校不適応と父親への認識との関連について -特にいじめの側面から-. 第34回日本心身医学会九州地方会抄録集 83.
H9503: Randall M, 山本和儀, 小椋力, 名嘉幸一 (1995) 沖縄県における外国人留学生の心理的不適応 -背景となる要因と予防的戦略. 第14回日本社会精神医学会総会,日本社会精神医学会雑誌 3 168.
H9504: Randall M, 仲本晴男, 山本和儀, 小椋力, 名嘉幸一 (1995) 外国人留学生の適応状況の推移に関する研究 -GHQのサブスケールを用いた地域別の比較. 第2回多文化間精神医学会抄録集 23-24.
H9505: 名嘉幸一 (1995) シンポジウム:沖縄における長寿社会の光と影. 第37回全日本病院学会プログラム・抄録集 48-49
H9506: 与那嶺尚子, 與古田孝夫, 石津宏, 島袋利恵, 安里政紀 (1995) 地域住民の民間信仰に対する認識についての検討. 日本民族衛生学会第23回沖縄地方会抄録集 2.
H9507: 金城葉子, 與古田孝夫, 石津宏, 川満和枝, 新垣ナヘ (1995) 入院中の治療に対する患者の認識とかかわり状況についての検討 -放射線科退院患者のアンケート調査の結果から-. 日本民族衛生学会第23回沖縄地方会抄録集 2.
H9508: 宇良俊二, 與古田孝夫, 名嘉幸一, 石津宏 (1995) AIDSに対する学生の対処意識と問題点について. 日本民族衛生学会第23回沖縄地方会抄録集 3.
H9509: 與古田孝夫, 枦山幸恵, 石津宏 (1995) 中学生のもつ父親像と学校適応状況についての検討 -特にいじめとの関連から-. 心身医 35 (抄録号) 107.
H9510: 高江州なつ子, 石津宏, 與古田孝夫, 名嘉幸一, 比嘉盛吉, 仲本政雄, 金城博, 吉田延 (1995) 精神遅滞者在宅ケア介護者の蓄積疲労に及ぼす「生きがい」の心身医学的検討. 心身医 35 (抄録号) 124.
H9511: 糸光代, 與古田孝夫, 石津宏 (1995) いじめの状況と学校適応状況との関連についての検討 -鹿児島県鹿屋市内5中学の調査結果から-. 第27回沖縄県公衆衛生学会抄録集 37-38.
H9512: 照屋淳, 與古田孝夫, 石津宏 (1995) 若者の痴呆老人への介護意識とそれにかかる要因についての検討 -琉球大学学生,医療,福祉専門学校生のアンケート調査から. 第27回沖縄県公衆衛生学会抄録集 62-63.
H9513: 田口寿恵, 與古田孝夫, 石津宏 (1995) 大学生の飲酒状況とその関連要因についての検討 -琉球大学学生の調査結果から-. 第27回沖縄県公衆衛生学会抄録集 41-42.
H9514: 大城宜武, 名嘉幸一, Randall M, 金城尚美 (1995) 留学生の学習適応に関する研究. 沖縄心理学研究 18 11-12.
 5. その他
M9501: 井上新平, 名嘉幸一 (1995) 精神分裂病者のリハビリテーション -カナダ・バンクーバーを中心に. 精神医学レビュー 15 88-90
M9502: Randall M, Naka K, Kinjo N, Oshiro Y, Yamamoto K, Nakamoto H, Arakaki H, Ogura C (1995) A Comprehensive Survey of Factors Contributing to Psychological Stress and Maladjustment Among the Foreign Student Population of the University of the Ryukyus and a Consideration of Preventive Strategies. 「外国人留学生の学習教育環境の整備ならびに異文化適応への効果的援助システムの研究」(名嘉幸一代表) 平成5年度,平成6年度琉球大学教育研究学内特別経費研究成果報告書 1-29.
M9503: 金城尚美, 川平博一, 名嘉幸一, Randall M, 大城宜武 (1995) 外国人留学生の日本語とストレスに関する研究. 「外国人留学生の学習教育環境の整備ならびに異文化適応への効果的援助システムの研究」(名嘉幸一代表) 平成5年度,平成6年度琉球大学教育研究学内特別経費研究成果報告書 30-45.
M9504: 名嘉幸一, 宮平ルリ子, 新垣美奈子, 大城宜武 (1995) 日本人学生の留学生に対する態度および意識. 「外国人留学生の学習教育環境の整備ならびに異文化適応への効果的援助システムの研究」(名嘉幸一代表) 平成5年度,平成6年度琉球大学教育研究学内特別経費研究成果報告書 50-57.
M9505: 名嘉幸一 (1995) アメリカ,カナダの大学における留学生受け入れ体制について. 「外国人留学生の学習教育環境の整備ならびに異文化適応への効果的援助システムの研究」(名嘉幸一代表) 平成5年度, 平成6年度琉球大学教育研究学内特別経費研究成果報告書 66-76.