臨床病理学教室


A.研究課題の概要

 1. 酸化ストレスによる脂質代謝酵素系に及ぼす影響と動脈硬化症や老化過程における
  その意義(真栄平房子、宮城郁子) 
 好気的生物の体細胞は代謝に酸素を利用しており, 常に活性酸素やラジカルの脅威に晒されている。 細胞構成成分である不飽和脂肪酸が過酸化を受けた過酸化脂質は, 細胞毒の基本的機構として各種疾患の諸因或いはその指標としてのみならず, 老化過程とも関連が大きい。 自動酸化油やタバコの副流煙等の酸化的ストレスをラットに与えた飼育実験により, 肥満や動脈硬化症成立要因としてリポ蛋白リパーゼ(LPL)やコレステロールエステラーゼ(ChEase)等の脂質分解酵素の意義を示す研究を行い以下の事項がわかった。1)血中に増加した過酸化脂質は酸化変性LDLを生成し, 2)これを通して又は直接に血管壁表在LPL活性を低め, 3)或いは酸化変性LDLを介して細胞に取り込まれ同じく酸化に弱いChEaseへ阻害的に作用し, 血中脂質の変化や細胞内ChE蓄積の方向へ働く事が示唆された。 現在は, 細胞情報伝達経路で重要な役割をするプロテインキナーゼによるChEase活性化機構におけるラジカルの影響について研究を進めている。
 2. Chemotatic factorに対する好中球の形態変化 (polarization) に関する研究 (上江洲典子)
 形態変化を捉える方法としてはchemotactic factorに対する初期の反応 (polarization) をflow cytometoryで測定している。 とくにこれらの反応がsteroid hormonesによって抑制される現象を詳細に検討中であり, すでにpolarizationを反映するfoward scatterがdosedependentに抑制されている事実を明らかにしている。
B.研究業績
 1. 原著
G95001: 真栄平房子, 新城澄枝 (1994) フリーラジカルによる脂質分解酵素への影響と動脈硬化発症機構. 臨成人病 24 1446-1471.
G95002: Maehira F, Miyagi I, Kawano N, Kawano M, and Shinjoh S (1995) Tobacco smoke alters cholesteryl esterases and causes accumulation of cholesteryl esters in the rat aorta. J Clin Biochem & Nutr 18 145-155.
 3. 著書
T95001: 真栄平房子, 棚原麻美, 野甫綾乃, 宮城郁子 (1995) プロテインキナーゼによる大動脈性コレステロールエステラーゼ活性化への受動喫煙の影響と抗酸化物質の効果. ビタミンE研究の進歩V (日本ビタミン学会分科会ビタミンE研究会誌) 121-126.
 4. 報告
H95001: Maehira F, Zaha F, Tanahara A, Noho A, Miyagi I (1995) Effects of passive smoking of the regulation of rat aortic cholesterol ester hydrolases by signal transduction. The 36th International Conference on the Biochemistry of Lipids, Washington D. C., U.S.A., Abstract 73.
H95002: Maehira F, Harashima N, Nakahira T, Miyagi I (1995) Age-related changes of antioxidative proteins in aorta, liver, lung, and brain of rats. The 6th Congress of International Association of Biomedical Gerontology, Tokyo, Abstract 8.
H95003: 真栄平房子, 原田圭之助, 下地淳一郎, 宮城郁子 (1995) プロテインキナーゼによる大動脈性コレステロールエステラーゼ活性化への加齢の影響. 第6回ビタミンE研究会(日本ビタミン学会分科会)抄録集, 9.