麻酔科学講座


A.研究課題の概要

 1. 局所麻酔薬の薬物代謝
 「局所麻酔薬リドカインの肝における薬物代謝」をテーマとする研究が進められている。 薬物およびその代謝産物の定量分析は, 高速液体クロマトグラフを用いて行っている。
 「幼若期のラット肝ミクロソームにおけるリドカイン代謝の加齢による変化」と「ラット肝ミクロソームにおけるリドカイン代謝に及ぼす各種バルビツレート前処置の影響」については, すでに大学院生島袋勉と垣花学の学位論文として発表され, これを主論文として学位が授与されている。
 さらに, モルヒネ, フェンタニールの血液中濃度定量法を確立して「麻薬と痛覚」の領域へ研究をすすめるべく企画し, モルヒネについてはすでに実験に着手した。
 2. 薬物の蛋白結合
 「局所麻酔薬リドカインの蛋白結合」の研究が, ゲル濾過法を用いて行われている。 この方法は, 従来この分野で広く用いられて来た限外濾過法あるいは平衡透析法と異なり, pHと温度の変化がどのように蛋白結合に影響するかを, 定量的に厳密に計測できる。そのために, 得られたデータを用いて, リドカインとアルブミンの結合状態を熱力学的に解析することが可能となった。この成果は, すでに雑誌「麻酔」に掲載され学位論文として発表されている。
 さらに, この方法を用いて, リドカインと(1-アシドグリコプロテインとの結合状態の解析が進められている。 この結果に基づいて, (1-アシドグリコプロテインとの結合状態は, アルブミンとの結合とはまったく様相を異にすることが, 熱力学的解析から証明されている。
 3. 血液中カテコールアミンの定量分析
 高速液体クロマトグラフによる血液中カテコールアミンの定量分析について, 電気化学的検出器の性能の比較検討を行い, この方法を用いて, 「急速少量脱血後の血圧回復に及ぼす因子」の研究が可能となり, すでに学位論文として発表されている。
 4. 海外における活動
 カリフォルニア大学サンディエゴ校で研究に従事している平良豊は, 脊髄虚血モデルの作成に関する論文を「Stroke」に投稿し受理されている。さらに脊髄虚血後神経学的予後に及ぼすNMDA,nonNMDA-antagonistの影響に関する論文は, Anesthesiologyへ投稿中である。
 臨床麻酔上では, 英国で開発され昨年末からわが国でも臨床に使用される様になった静脈麻酔薬プロポフォールの使用経験を伊波寛が, リーズ大学にて学んできた。
 5. Dysoxiaによる脳障害と活性酸素 (湯佐祚子)
 Hyperoxia, hypoxia, anoxia 及び ischemia による脳障害に関与する因子の検討の一連の研究として, 急速減圧時発生気泡による脳障害と高気圧酸素の影響をラット脳で検討した。 その結果, 急速減圧直後に発生する血液脳関門の破綻, 微小循環障害, 神経細胞の変性は経時的に早期では可逆性であるが, 減圧後48-72時間後にこれらの変化が再び発現することからmaturation phenomenon が示唆され, 発生気泡自体による早期の変化と空気塞栓による一過性脳虚血による影響が考えられた。 また急速減圧直後の高気圧酸素により血液脳関門の破綻は消失したが, 微小循環障害は残存た。
 活性酸素としては従来 H2O2 発生を指標として検討してきたが, nitric oxide (NO) がdysoxia による脳障害にも関与していることから, NO synthase inhibitor (L-NAME)を利用して脳虚血と再灌流後の平均動脈圧, 脳血流量の変化と excitatory neurotransmitters であるglutamate を同時に in vivo, in situ で連続測定し検討した。 その結果, 不完全脳虚血では再灌流後の一過性の脳血流量の増加は対照群では早期に回復するが, L-NAME 投与群では動脈圧は上昇するにもかかわらず脳血流量は低下し, glutamate level も減少した。完全前脳虚血ー再灌流モデルでは, 対照群と比較して L-NAME 投与により再灌流後の反応性充血は抑制されたが, 再灌流後は脳血流量の低下と glutamate level の高値が認められた。
B.研究業績
 1. 原著
G95001: 垣花脩, 奥田佳朗 (1995) 自動前処理システムのHPLCによる各種局所麻酔薬,静脈麻酔薬および抗不整脈薬の血中濃度測定法. 麻酔 44 1165-1170.
G95002: 徳嶺譲芳, 伊波寛, 奥田佳朗, 長嶺直治, 大塚康久, 砂川恵伸 (1995) 末期癌患者の疼痛管理におけるPatient-controlled analgesiaの役割. 沖縄医会雑誌 34 51-54.
G95003: 垣花学, 湯佐祚子, 川端徹也 (1995) 術後の悪心・嘔吐に及ぼす胃液貯留の影響. 麻酔 44 119-123.
G95004: 宮平誠司, 湯佐祚子, 早川和久, 山川良治, 長瀧重智 (1995) 網膜動脈閉塞症の高気圧酸素治療. 眼臨医報 89 1515-1518.
G95005: Yusa T, Nohara A, Sunagawa M (1995) Relationship between plasma neutrophil elastase and respiratory index of patients who had undergone cardiac surgery with cardiopulmonary bypass. J Anesth 9 324-328.
 2. 総説
S95001: 湯佐祚子 (1995) 減圧症 (潜水病) について. 沖縄医師会報 317 39-45.
 4. 報告
H95001: 湯佐祚子, 野原敦, 砂川昌秀 (1995) 脳虚血再灌流後の脳血液量に及ぼすL-NAMEの影響. J Anesth 9 S 350.
H95002: 石垣敬子, 湯佐祚子, 山城勝美, 寺田幸平, 豊見山直樹 (1995) もやもや病の局所脳血流量について. 日臨麻会誌 15 S169.
H95003: 野原敦, 湯佐祚子, 平田幸男 (1995) 急速減圧ラット脳における経時的変化, 第二報. 日高気圧環境医会誌 30 25.
H95004: 井上治, 島袋博之, 新垣宜貞, 半澤浩明, 湯佐祚子, 茨木邦夫 (1995) 高気圧酸素療法長期施行例の免疫学的検討. 日高気圧環境医会誌 30 29.
H95005: 砂川昌秀, 湯佐祚子 (1995) エンドトキシン刺激ラットの血中硝酸, 亜硝酸の変動に及ぼす高気圧酸素の影響. 日高気圧環境医会誌 30 30.
H95006: 松尾和彦, 湯佐祚子, 野原敦, 砂川昌秀 (1995) 低圧低酸素環境の事象関連電位に及ぼす影響. 日高圧医誌 30 45.
H95007: 橋本昌子, 笹良剛史, 比嘉康敏, 奥田佳朗 (1995) 多汗症に対する胸部交感神経ブロックの有用性について. 沖縄医会雑誌 34 96.
H95008: 濱田哲, 島尻隆夫, 石垣敬子, 比嘉康敏, 伊波寛, 奥田佳朗 (1995) 全身麻酔を契機に気管軟化症の存在が発見された先天性拘縮性くも指症の一例. 日集中治療医会誌 12 S162.
H95009: 中村清哉, 垣花学, 濱田哲, 宮田裕史, 大見謝克夫, 伊波寛, 奥田佳朗 (1995) 高齢者におけるプロスタグランジンE1 (PGE1) の肝腎保護作用. 日臨麻会誌 15 S298.
H95010: 島袋勉, 磯淳典, 平良豊, 垣花学, 宮田裕史, 比嘉康敏, 奥田佳朗 (1995) 診断・治療に難渋した左腰下肢痛の一症例 -薬理学的検査の有用性について- 腰下肢痛, 薬理学的検査, メキシレチン. 日本ペインクリニック学会誌 12 S231.
H95011: 富村賢志, 比嘉政人, 平良豊, 寺田泰蔵, 磯淳典, 奥田佳朗 (1995) 顔面の反射性交感神経性萎縮症に対して星状神経節切除が奏効した1例.日本ペインクリニック学会誌 16 S705.
H95012: 大見謝克夫, 湯佐祚子, 高良到 (1995) 網膜動脈閉塞症に対する高気圧酸素療法と星状神経節ブロック併用療法. 麻酔 44 S900.
H95013: 垣花脩, 平良豊, 伊波寛, 奥田佳朗 (1995) AAGに対するリドカインの蛋白結合-温度の影響について-.麻酔 44 S902.
H95014: 石垣敬子, 島尻隆夫, 大里彰二郎, 伊波寛, 奥田佳朗 (1995) 痙攣発作,意識障害の原因究明に難渋した高シトルリン血症の1例. 麻酔 44 S1585.
H95015: 徳嶺譲芳, 中村清哉, 吉村純彦, 伊波寛, 奥田佳朗 (1995) ミダゾラムによる不穏に対してフルマゼニルが有効だった4症例. 麻酔 44 S1590.
 5. その他
M95001: Yusa T (1995) Effects of nitric oxide synthase inhibition on CBF and glutamate release after forebrain ischemia-reperfusion. Free Radicals in Brain Physiology and Disorders, An International Conference. August 4-5, Tokyo, Japan.
M95002: Yusa T (1995) Effects of nitric oxide synthase (NOS) inhibition on CBF and glutamate release after cerebral ischemia-reperfusion. The 2nd Annual Meeting of Oxygen Society. November 16-20, Pasadena, CA, USA.
M95003: Matsuo K, Nohara A, Sunagawa M, Yusa T, Hirayasu Y, Ogura C (1995) Effects of simulated high altitudes on auditory event-related potentials. The XIth International Conference on Event-Related Potentials of the Brain. June 25-30, Okinawa, Japan.
M95004: 湯佐祚子 (1995) 高気圧酸素療法の基礎と臨床. 基礎麻酔学セミナー. 8月26-27日, 大阪.
M95005: Yamashiro K, Sakihara E, Tomiyama N, Koga H, Harakuni T, Kinjo T, Mukawa J, Yusa T (1995) Examination of cerebral hemodynamics in patients with moyamoya disease. The 9th Asian-Australasian Congress of Neurological Surgery. November 5-10, Taipei Taiwan, ROC.