高気圧治療部


A.研究課題の概要

 1. 急性減圧症による中枢神経系障害に対する高気圧酸素の影響 (湯佐祚子, 野原敦)
 急性減圧症による脳の病理, 病態生理学的研究として急性減圧ラット脳で血液脳関門, 微小循環及び組織学的変化を経時的に減圧直後より72時間後まで検討した。 その結果, 急速減圧直後では血液脳関門の破綻, 微小循環障害と組織学的に濃染する神経細胞が見られた。 これらの変化は減圧後24時間迄は軽減していったが, 72時間後にはこれらの変化が再び認められmaturation phenomenonが示唆された。 更にこれらの変化に対する高気圧酸素の影響を検討した結果, 血液脳関門の破綻は消失したが, 微小循環障害は残存した。
 2. 骨形成に及ぼす高気圧酸素の効果 (井上治)
 間歇的な高気圧酸素暴露により, 犬の骨膜下骨欠損部における骨形成が促進されることを既に報告したが, 今回, 犬の骨接合部で骨形態計測を行い, 石灰化速度の亢進により骨形成が促進されることを報告した。
 3. 低気圧環境の脳機能に及ぼす影響 (松尾和彦, 湯佐祚子)
 低気圧環境 (高高度) の脳機能に及ぼす影響を事象関連電位と認知機能の面より研究する目的で, 健康正常成人ボランティアを対象に4,000 m高度類似環境で検討しその成果を報告した。 
 4. エンドトキシンによるNO発生に及ぼす高気圧酸素の影響 (砂川昌秀, 湯佐祚子)
 循環動態に影響しないエンドトキシン量投与により発生する血中NOを硝酸, 亜硝酸として測定し, その発生に及ぼす高気圧酸素の影響をラットで検討した。 その結果, 投与直後の高気圧酸素暴露はその発生を抑制し, 発生NOと高分圧酸素との反応の可能性も示唆されることを報告した。
 5. 高気圧酸素療法の新しい適応疾患の開拓 (湯佐祚子)
 1) 高気圧酸素療法 (HBO)の適応疾患として高気圧酸素の生理学的作用より考えて従来の適応疾患以外の治療にも利用出来ると考え, 現在迄に突発性難聴, 種々の原因による黄斑浮腫に対すHBOの効果を報告したが, 最近新しい適応疾患と考えられているradiation cystitis の症例を検討し報告した。 
 2) 救急的疾患としては網膜動脈閉塞症に対する高気圧酸素療法の効果を検討し報告した。

B.研究業績

 1. 原著
G95032: 垣花学, 湯佐祚子, 川端徹也 (1995) 術後の悪心・嘔吐に及ぼす胃液貯留の影響. 麻酔 44 119-123.
G95033: 宮平誠司, 湯佐祚子, 早川和久, 山川良治, 長瀧重智 (1995) 網膜動脈閉塞症の高気圧酸素治療. 眼臨医報 89 1515-1518.
G95034: Yusa T, Nohara A, Sunagawa M (1995): Relationship between plasma neutrophil elastase and respiratory index of patients who had undergone cardiac surgery with cardiopulmonary bypass. J Anesth 9 324-328.
 2. 総説
S95008: 湯佐祚子 (1995) 減圧症 (潜水病) について. 沖縄医師会報 317 39-45.
 3. 著書
T95001: 井上治 (1995) 手術療法ー切断と分節状切断. 富田勝郎編, 新図説整形外科講座13.骨・軟部腫瘍および類似疾患, メジカルビュー社, 東京, 110-116.
T95002: 井上治 (1995) Rotation-plasty (患肢温存的回転形成術) の適応と方法. 平澤泰介編, OS-NOW 18.骨腫瘍の診断と治療, メジカルビュー社, 東京, 203-209.
T95003: 井上治, 茨木邦夫 (1995) 手術手技 rotation-plasty. 富田勝郎編, 整形外科手術 9.腫瘍, 中山書店, 東京, 39-44.
 4. 報告
H95045: 湯佐祚子, 野原敦, 砂川昌秀 (1995) 脳虚血再灌流後の脳血液量に及ぼすL-NAMEの影響. J Anesth 9 (suppl) 350.
H95046: 石垣敬子, 湯佐祚子, 山城勝美, 寺田幸平, 豊見山直樹 (1995) もやもや病の局所脳血流量について. 日臨麻誌 15 S169.
H95047: 野原敦, 湯佐祚子, 平田幸男 (1995) 急速減圧ラット脳における経時的変化, 第二報. 日高気圧環境医会誌 30 25.
H95048: 井上治, 島袋博之, 新垣宜貞, 半澤浩明, 湯佐祚子, 茨木邦夫 (1995) 高気圧酸素療法長期施行例の免疫学的検討. 日高気圧環境医会誌 30 29.
H95049: 砂川昌秀, 湯佐祚子 (1995) エンドトキシン刺激ラットの血中硝酸, 亜硝酸の変動に及ぼす高気圧酸素の影響. 日高気圧環境医会誌 30 30.
H95050: 松尾和彦, 湯佐祚子, 野原敦, 砂川昌秀 (1995) 低圧低酸素環境の事象関連電位に及ぼす影響. 日高気圧環境医会誌 30 45.
H95051: 井上治, 伊佐真徳, 吉川朝昭, 島袋博之, 新垣宜貞, 半澤浩明, 茨木邦夫 (1995) 高気圧酸素療法が犬の正常骨改築に及ぼす効果に関する骨形態計測学的検討.日高気圧環境医会誌 30 40.
H95052: 井上治, 島袋博之, 新垣宜貞, 半澤浩明, 茨木邦夫 (1995) Hip rotaion-plastyの実際. 日整会誌 69 S329.
H95053: 井上治, 新垣宜貞, 半澤浩明, 島袋博之, 茨木邦夫 (1995) 当科における臼蓋部および仙腸部悪性腫瘍に対する患肢温存手術. 日整会誌 69 S1130.
H95054: 新垣宜貞, 井上治, 島袋博之, 上里智美, 茨木邦夫 (1995) 股関節に発生した滑膜性骨軟骨腫症の3例. 整外と災外 44 472-476.
H95096: 新垣宜貞, 井上治, 島袋博之, 半澤浩明, 金谷文則, 茨木邦夫 (1995) 当科における足部原発性悪性腫瘍の治療. 日整会誌 69 S857.
H95097: 新垣宜貞, 井上治, 半澤浩明, 島袋博之, 茨木邦夫 (1995) 内軟骨腫と軟骨肉腫の鑑別における P53免疫染色の有用性. 日整会誌 69 S980.
H95097: 半澤浩明, 井上治, 新垣宜貞, 島袋博之, 金谷文則, 茨木邦夫 (1995) 上肢に発生した胞巣状軟部肉腫の2例. 日整会誌 69 S1098.
 5. その他
M95006: Yusa T (1995) Effects of nitric oxide synthase inhibition on CBF and glutamate release after forebrain ischemia-reperfusion. Free Radicals in Brain Physiology and Disorders, An International Conference. August 4-5, Tokyo, Japan.
M95007: Yusa T (1995) Effects of nitric oxide synthase (NOS) inhibition on CBF and glutamate release after cerebral ischemia-reperfusion. The 2nd Annual Meeting of Oxygen Society. November 16-20, Pasadena, CA, USA.
M95008: Matsuo K, Nohara A, Sunagawa M, Yusa T, Hirayasu Y, Ogura C (1995) Effects of simulated high altitudes on auditory event-related potentials. The XIth International Conference on Event-Related Potentials of the Brain. June 25-30, Okinawa, Japan.
M95009: Yamashiro K, Sakihara E, Tomiyama N, Koga H, Harakuni T, Kinjo T, Mukawa J, Yusa T (1995) Examination of cerebral hemodynamics in patients with moyamoya disease. The 9th Asian-Australasian Congress of Neurological Surgery. November 5-10, Taipei, Taiwan, ROC.
M95010: 湯佐祚子 (1995) 高気圧酸素療法の基礎と臨床. 基礎麻酔学セミナー. 8月26-27日, 大阪.