寄生虫学講座


A.研究課題の概要

 1. 糞線虫症に関する研究
 引き続き久米島をフィールドとした糞線虫症の集団対策を進めている。 同島で過去3年間の調査で検出された糞線虫感染者は300名にのぼり, これらに対する各種薬剤による治療を地元の医療施設と協力して実施した結果, 久米島全体で10%近くあった陽性率を4%程度に低下させた。 これら集団検査において得られた成績をもとに, 現在の糞便検査法による糞線虫感染の検出限界を明らかにし, その結果を報告した。また, 陽性者の治療を通して, その治療効果がHTLV-,僚妬4鏡によって著明に低下していることを明らかにしたが, さらに治療効果が男女間で有意に異なることも明らかになり, その結果も報告した。 これらの集団対策の効果と問題点について現在, 結果を取りまとめ中である。また, 最近, 本土で散発する糞線虫症疑いのケースの検査を依頼される機会が急増したが, そのなかで戦争中に南方で感染したとみられるケースが確認された。 これらのケースについても報告し, 本土における臨床医の注意を喚起した。
 2. 人畜共通寄生虫症の研究
 沖縄県で発生した肝毛頭虫症の症例を報告した。 本例はわが国で第2例目の人体症例である。 沖縄県で発生した米子裂頭条虫症, 大複殖門条虫症, マンソン孤虫症などについて, 虫体の形態学的同定を行った。 大複殖門条虫症は沖縄県での初例である。 その他県内外医療機関・研究機関から同定を依頼された虫体について形態学的観察を行った。
 3. 寄生虫の系統分類学的・動物地理学的研究
 インドネシアのハルマヘラ島, スラウエシ島の鼠類の寄生線虫を調査し, 新種Nippostrongylus marhaeniae, N. sembeliを記載し, その種分化の動物地理学的背景を考察した。 またOdilia属線虫がオーストラリアからハルマヘラ島まで分布することを報告した。 日本の食肉目哺乳類に寄生するMolineus属線虫を調査し, Molineus legeraeを再記載した。
 4. 開発途上国の寄生虫感染の疫学的研究
 ドミニカ共和国の都市スラムおよび貧困農村において住民の腸管寄生虫調査を行い, その疫学的特徴を解明した。また, ブラジルにおける腸管寄生虫の感染状況も調査し, その結果も現地の専門誌に報告した。 ブラジルでは新しく確立した血清学的検査法をスクリーニング法として応用したマンソン住血吸虫症の検査も行ない, この血清検査法の評価について報告した。
 5. 糞線虫類の形態学的研究
 沖縄産ジャコウネズミに寄生する糞線虫の1種Strongyloides akbariを再記載し, その人糞線虫症のモデルとしての可能性を考察した。

B.研究業績

 1. 原著
G95001: Kobayashi J, Hasegawa H, Forli A A, Nishimura N F, Yamanaka A, Shimabukuro T, Sato Y (1995) Prevalence of intestinal parasitic infection in five farms in Holambra, Campinas, Brazil. Rev Inst Med trop Sao Paulo 37 13-18.
G95002: Kobayashi J, Sato Y, Soares E C, Toma H, Brito M C, Dacal A R C (1995) Application of gelatin particle indirect agglutination test for mass screening of schistotsomiasis in endemic area of Brazil. Jpn J Parasitol 44 12-18.
G95003: Sato Y, Kobayashi J, Toma H, Shiroma Y (1995) Efficacy of stool examination on detection of Strongyloides infection. Am J Trop Med Hyg 53 248-250.
G95004: 佐藤良也, 當眞弘, 関川弘雄 (1995) 注意が必要な所謂"戦争"糞線虫症について. 日本医事新報 3733 31-34.
G95005: Hasegawa H, Syafruddin (1995) Nematode fauna of the two sympatric rats, Rattus rattus and R. exulans, in Kao District, Halamhera Island, Indonesia. J Helminthol Soc Wash 62 27-31.
G95006: Kohatsu H, Zaha O, Shimada K, Chibana T, Yara I, Shimada A, Hasegawa H, Sato Y (1995) A space-occupying lesion in the liver due to Capillaria infection. Am J Trop Med Hyg 52 414-418.
G95007: Hasegawa H, Syafruddin (1995) Nippostrongylus marhaeniae sp. n. and other nematodes collected from Rattus cf. morotaiensis in North Halmahera, Molucca Islands, Indonesia. J Helminthol Soc Wash 62 111-116.
G95008: Miyata A, Hasegawa H, Bello M C, Baron R (1995) Intestinal parasitic infections in some rural and urban areas of the Dominican Republic. Jpn J Trop Med Hyg 23 169-176.
G95009: Shimabukuro I, Hasegawa H, Kobayashi J, Hongvanthong B, Sato Y (1995) Redescription of Strongyloides akbari Mirza and Narayan, 1935 (Nematoda: Strongyloididae), an ovoviviparous parasite of Suncus murinus (Insectivora). Jpn J Parasitol 44 298-305.
G95010: Hasegawa H, Tarote D (1995) Nippostrongylus sembeli, new species (Namatoda: Heligmonellidae) collected from Rattus xanthurus of North Sulawesi, Indonesia. Raffles Bull Zool 43 337-342.
 2. 総説
S95001: Sato Y, Kobayashi J, Shiroma Y (1995) Serodiagnosis of strongyloidiasis. The application and significance. Rev Inst Med Trop Sao Paulo 37 35-41.
 4. 報告
H95001: 斉藤厚, 平田哲生, 長谷川英男 最近経験したイソスポ-ラ症の4症例. 病原微生物検出情報 16 200.
H95002: 長谷川英男, 宮城一郎 熱帯における水と健康. 熱帯 28 118-129.
H95003:佐藤正夫, 當眞弘, 渡辺俊樹, 高良政弘, 城間祥行, 喜友名進, 堀栄太郎, 藤田紘一郎, 小島荘明, 佐藤良也 (1995) HTLV-I感染細胞数増加に及ぼす, 糞線虫感染の影響. 第64回日本寄生虫学会大会, 浜松市, 寄生虫学会誌44 (増) 15.
H95004: 小林潤, 佐藤良也, 當眞弘 (1995) ゼラチン間接凝集反応による糞線虫症血清診断法の評価 -沖縄, タイ, ブラジルでの比較-. 第64回日本寄生虫学会大会, 浜松市, 寄生虫学会誌44 (増) 91.
H95005: 當眞弘, 島袋勲, 佐藤良也, 小林潤, 高良政弘, 野崎宏幸 (1995) 沖縄県久米島における糞線虫症集団検査成績(1993.1994年). 第64回日本寄生虫学会大会,浜松市,寄生虫学会誌44 (増) 92.
H95006: 島袋勲, 長谷川英男, 小林潤, Bouasy Hongvanthong (1995) 卵胎性糞線虫Strongyloides akbariの研究 (1)各期虫体の形態. 第64回日本寄生虫学会大会, 浜松市, 寄生虫学会誌44 (増) 168.
H95007: 長谷川英男 Nippostrongylus属の分岐分析による系統解析の試み. 第64回日本寄生虫学会大会, 浜松市,寄生虫学会誌44 (増) 170.
 5. その他
M95001: Hasegawa H, Takao Y, Yoneda Y (1995) Molineus legerae Durette-Desset and Pesson, 1987 and other species of the genus Molineus (Nematoda: Trichostrongyloidea: Molineinae) prasitic in carnivores of Japan. Biol Mag Okinawa 33 19-26.
M95002: 河野裕美, 長谷川英男, 子安和弘 (1995) 仲ノ神島海鳥繁殖地に棲息する野生ネズミの消化管内容物と寄生蠕虫. 沖縄島嶼研究 13 29-39.
M95003: Miyata A, Yamashiro T, Hasegawa H, Castro B, Florencia M (1995) Prevalencia de infecciones parasitarias intestinales entre los habitantes del sector de La Cienaga, Santo Domingo (Agosto, 1994). Arch Gastroenterol Rep Dom 3 11-16.
M95004: Miyata A, Yong H S, Hasegawa H, Syafruddin (1995) Seven new species of Trypanosoma Gruby, 1843 (Protozoa; Trypanosomatidae) detected in various cold-blooded vertebrates. Proc Jpn Soc Syst Zool 53 3-17.
M95005: Hasegawa H, Miyata A, Baron R, Castro B, Carmen P, Altagia E, Nelson O G (1995) Incidencia de infecciones parasitarias intestinales en El Valle, Provincia Hato Mayor, Republica Dominicana. Arch Gastroenterol Rep Dom 3 151-157.
M95006: Hasegawa H, Miyata A, Baron R, Castro B, Dorcas Paniagua (1995) Prevalencia de infeccion parasitaria intestinal en el barrio La Cienaga, Santo Domingo (Enero, 1995). Arch Gastroenterol Rep Dom 3 159-164.