法医学講座


A.研究課題の概要

 1. 死後体内薬物の再分布 (宮崎哲次, 福家千昭)
 剖検時に採取した血液中の薬物濃度は必ずしも死亡時の濃度を反映していないことが知られている。 種々の薬物について, 死後早期に時間経過に伴い血中濃度が著明に増加することが明らかとなってきた。覚醒剤乱用者の剖検例において, 覚醒剤の血中濃度が採取部位により大きく異なることを報告したが, 生前に一定の平衡を保ちながら全身に分布していた薬物が, 死後に再分布することによるものであると考えられる。 今後このような薬物濃度の死後変化がどのように生じていくのかについて検討を加えて行きたい。
 2. 薬毒物の定量分析法の開発とその応用 (福家千昭)
 生体試料中の薬毒物を定量的に分析することは, 中毒死例における死因の解明や中毒患者に対する治療方針の決定などに関して必要不可欠なものである。これまで生体試料中の薬毒物やその代謝産物の簡易で迅速な定量分析法を開発し, 実際例に応用するとともに, それらの体内動態や体内分布について動物実験にて検討を行なってきた。今後これらのことを継続し, データの蓄積を行うとともに動物実験の結果を実際例に応用することを検討したい。
 3. DNA多型を利用した個人識別 (玉城尚)
 DNA多型を利用した個人識別法とは, 染色体上に散在するミニサテライトDNAを制限酵素で消化し, サザン法で検出される個人特異的なバンドで個人識別を行なうもので, 特に親子鑑定に有用な方法になっている。この方法を導入することにより, 従来よりも鑑定精度を向上させることができた。 現在, HLA-DQα遺伝子の多型を検出し, その遺伝子頻度を求める実験を行ない, 個人識別に利用することをめざしている。
 4. 突然死の研究 (伊藤礼子)
 青年突然死症候群, 成人突然死症候群などと称される原因不明の突然死を, 当教室でも毎年何例か経験する。これらの症例においては原因を特定できないのが実情であるが, 循環器系の何らかの異常が疑がわれるものが多い。 循環器系に異常を起こす原因の一つとして劇症型の心筋炎を挙げることができる。 この心筋炎はウィルスにより引き起こされると考えられており, PCRの手法を活用して, 原因ウィルスのゲノムを検出することにより解明できると考える。 そこで, ウィルスのゲノムを検出する方法を確立するとともに, 現在まで原因不明の突然死とされていた症例における心筋炎の割合を究明したい。

B.研究業績

 1. 原著
G9501: Yashiki M, Nagasawa N, Kojima T, Miyazaki T, Iwasaki Y (1995) Rapid analysis of nicotine and cotinine in urine using headspace-solid phase microextraction and selected ion monitoring. Jpn J Forensic Toxicol 13 17-24.
G9502: 屋敷幹雄, 宮崎哲次, 小嶋亨, 岩崎泰昌, 長澤信行, 村岡満太郎, ト部利真, 日下慎二 (1995) REMEDi HSの臨床および法医学における利用. 中毒研究 8 271-275.
G9503: Miyazaki T, Koijma T, Yashiki M, Iwasaki Y, Nagasawa N, Yasui W (1995) A case of fatal epidural hematoma caused by a slight car-collision and liability for the fatality. Res Pract Forens Med 38 231-234.
G9504: Iwasaki Y, Yashiki M, Nagasawa N, Miyazaki T, Kojima T (1995) Analysis of inflammable substances in blood using headspace-solid phase microextraction and chemical ionization selected ion monitoring. Jpn J Forensic Toxicol 13 189-194.
G9505: Yashiki M, Kojima T, Miyazaki T, Nagasawa N, Iwasaki Y, Hara K (1995) Detection of amphetamines in urine using head space-solid phase microextraction and chemical ionization selected ion monitoring. Forensic Sci Int 76 169-177.
G9506: Sadler DW, Fuke C, Court F, Pounder DJ (1995) Drug accumulation and elimination in Calliphora vicina larvae. Forensic Sci Int 71 191-197.
G9507: Kinoshita H, Ijiri I, Ameno S, Fuke C, Ameno K (1995) Additional proof of reduction of ethanol absorption from rat intestine in vivo by high acetaldehyde concentrations. Alcohol Alcohol 30 419-421.   
 4. 報告
H9501: 岩崎泰昌, 屋敷幹雄, 長澤信行, 宮崎哲次, 小嶋亨 (1995) ヘッドスペース・マイクロ固相抽出 (HS-SPME) - 化学イオン化検出法による血液中可燃性物質の分析法. 日法医誌 49 80.
H9502: 木下博之, 井尻巌, 飴野節子, 福家千昭, 飴野清 (1995) ラットを用いたIn Situ一回潅流法によるエタノールの腸管吸収に関する研究(第3報). 日法医誌 49 116.
H9503: 伊藤礼子, 大野曜吉, 佐藤喜宣, 玉城尚, 永盛肇 (1995) 自絞死の6例. 日法医誌 49 149.
H9504: 長澤信行, 屋敷幹雄, 小嶋亨, 宮崎哲次, 岩崎泰昌 (1995) マイクロ固相抽出(SPME)法による生体試料中ニコチン及びコチニンの分析. 日法医誌 49 177.
H9505: 福家千昭, 黒田直人, Pounder DJ, 飴野清, 飴野節子, 木下博之, 井尻巌 (1995) 胃内残存薬物の死後拡散について-AcetaminophenとAmitriptyline-. 日法医誌 49 194.
H9506: 宮崎哲次, 小嶋亨, 屋敷幹雄, 岩崎泰昌, 長澤信行 (1995) 骨形成不全症の学生における体育授業中の死亡事故. 日法医誌 49 235.
H9507: 井尻巌, 飴野清, 木下博之, 飴野節子, 福家千昭 (1995) 剖検により父による無理心中と判定された焼死例. 日法医誌 49 246.
H9508: 玉城尚, 伊藤礼子, 永盛肇, 内間栄行 (1995) ホルマリン固定臓器からのDNA抽出方法の検討. 日法医誌 49 276.
H9509: 宮崎哲次, 小嶋亨, 屋敷幹雄, 岩崎泰昌, 長澤信行, 安井弥 (1995) 頭蓋骨手術欠損部への外力による急性硬膜下血腫. 日法医誌 49 124.
H9510: 木下博之, 井尻巌, 飴野節子, 福家千昭, 飴野清 (1995) 特異な交通事故死の一剖検例について. 日法医誌 49 125-126.
H9511: 永盛肇 (1995) 亜熱帯地域における内因性急死. 日法医誌 49 155.
H9512: 伊藤礼子, 玉城尚, 永盛肇 (1995) ストッキングによる自絞死体の一剖検例. 日法医誌 49 157.
H9513: 玉城尚, 伊藤礼子, 内間栄行, 永盛肇 (1995) 固定臓器から抽出したDNAを用いたPCR法による性別判定. 日法医誌 49 165.
H9514: 長澤信行, 屋敷幹雄, 小嶋亨, 宮崎哲次, 岩崎泰昌, 坂井紘治 (1995) Solid Phase Micro Extraction (SPME) 法による尿中覚せい剤,ニコチンおよびコチニンの分析. 中国法医鑑識懇話会研究発表記録 41 29-30.
H9515: 伊藤礼子, 玉城尚, 永盛肇 (1995) 高度な死後変化がみられたため死因が不明であった一剖検例. 法医学の実際と研究 38 395-396.
H9516: 木下博之, 井尻巌, 飴野節子, 福家千昭, 飴野清 (1995) ラットを用いたIn Situ一回潅流法によるエタノールの腸管吸収に関する研究 (第4報). アルコール研究と薬物依存 30 214-215.
 5. その他
M9501: 井尻巌, 飴野清, 飴野節子, 福家千昭, 木下博之 (1995) アルコール酩酊と賠償医学. 賠償医学 19 25-31.
M9502: Ameno K, Fuke C, Ameno S, Kinoshita H, Shirakaw Y, Ijiri I (1995) HPLC quantitation of fenitrothion and 3-methyl-4-nitrophenol in biological fluids after prepacked cartridge extraction and its application to a poisoning case. J Liquid Chromatography 18 2123-2131.