保健医学講座紀要


A.研究課題の概要

 1. 物理的環境刺激の生体影響
 振動・騒音等の物理的環境因子は, 職域あるいは日常生活の中においても重要な健康影響因子として注目されている。 手持ちの振動工具の長年の使用によって引き起こされる振動障害は未だに職業病としての意義が大きい。また, 重機等の操縦者にも全身振動の負荷による脊椎への影響を始めとした障害が認められる。 騒音による影響も種々報告されており, また従来耳には聞こえないとされていた低周波数域の空気振動も問題視されているように種々な新しい環境刺激に対応するためにも基礎的検討が肝要である。
 2. 環境刺激の複合影響に関する評価法の検討
 振動と騒音とは共存する場合が多いが, 両者が同時に生体に作用した際に, 騒音の影響が振動に一部マスクされることが知られている。異なる環境因子が同時に負荷された際の影響を, それぞれの単独暴露の場合と比較しつつ, 複合暴露の際の影響発現の様式を, 刺激強度と反応の程度から追究することが必要である。
 3. 個人及び集団におけるライフスタイルの地域較差に関する疫学研究
 生体内の栄養成分の地域較差について摂取栄養素成分及び栄養調査の結果と併せて, がんなどの疾病の死亡率の地域較差との相関性について検討する。
 4. 地域における勤労者の健康に関する調査研究
  沖縄を含む各県の産業職場の従業員の作業, 作業環境, ならびに食生態及び食事摂取頻度などと, 健康特性との関連を明らかにし, 地域間比較を通して従業員に適した健康管理の再設計を行っている。
 5. 沖縄県の疾病構造に関する研究
 沖縄県は, 気候風土, 文化など他府県とは異なっており, 疾病構造においても肺がんなどによる死亡が高く胃がんによる死亡が低いなどの特徴を有する。 これらのことについて, 地理病理学的な観点も含め, 広く調査研究を行い, 公衆衛生学上の諸課題に取り組んでいる。
 6. 国際保健医療協力に関する研究
 琉球大学医学部は, 平成4年からラオス国に対する医療協力を進めているところであるが, 本講座においてはプライマリーヘルスケアシステムづくりを担当し, そのための長期専門家をラオス国に派遣しており, 保健・医療・福祉の面からラオス国の発展に寄与すべく鋭意努力している。

B.研究業績

 1. 原著
G95001: Tsuchiya H, Todoriki H, Hayashi T (1995) Metabolic hydroxylation of 1-methyl-1,2,3,4-tetrahydro-beta-carboline in man. Pharm Biochem Behav 52 677-682.
G95002: Tsuchiya H, Yamada K, Ohtani S, Takagi N, Todoriki H, Hayashi T (1995) Determination of tetrahydro-beta-carbolines in rat brain by gas chromatography-negative ion chemical ionization mass spectrometry without interference from artifactual formation. J Neurosci Meth 62 37-41.
G95003: 新城正紀, 有泉誠, 恩河尚清, 安里義男, 東朝幸, 宮里達也, 上原隆, 大野惇 (1995) 沖縄県の中小企業におけるエイズ対策の実施状況. 日公衛誌 42 322-329.
G95004: 遠山英一 (1995) 沖縄県における飲料水水質とその死因別死亡率との関連. 民族衛生 61 69-82.
G95005: 塚本昭次郎, 松村芳子, 他10名 (1995) アルコールモニター (Alcomed) を使用した呼気アルコール測定への応用. アルコール研と薬物依存 30 121-131.

 4. 報告
H95001: Tsuchiya H, Itoh U, Sato M, Ohtani S, Yamada K, Namikawa I, Takagi N, Todoriki H, Hayashi T (1995) Origin of tetrahydro-beta-carbolines excreted in human urine. Clinical Biochemist-Reviews 14 202.
H95002: Tsuchiya H, Takagi N, Todoriki H, Hayashi T (1995) Metabolism of 1-methyl-1,2,3,4-tetrahydro-beta-carboline and its in vivo hydroxylation deficiency in infantile autism. Clinical Biochemist-Reviews 14 355.
H95003: 等々力英美, 有泉誠 (1995) 海外派遣勤務者とその配偶者の生活習慣と食物摂取 -ドイツ・デュッセルドルフ市での事例-. 日公衛誌 42 1186.
H95004: 新城正紀, 有泉誠, 等々力英美 (1995) 戦後の沖縄の保健所における結核治療. 民族衛生 61 128-129.
H95005: 新城正紀, 有泉誠, 比嘉政昭, 東朝幸, 宮里達也, 安里義男, 上原隆, 大野惇 (1995) 沖縄県内の高校生に対するエイズ教育の効果・評価. 日公衛誌 42 1259.
H95006: 新城正紀, 有泉誠, 等々力英美, 知花幸子 (1995) 沖縄県における菊栽培農家の健康管理. 産衛誌 37 399.
H95007: 比嘉政昭, 大城信雄, 安里義男, 東朝幸, 宮里達也, 宮国毅, 上原隆, 大野惇, 新城正紀, 有泉誠 (1995) 高等学校におけるエイズ教育の効果・評価. HIVの疫学と対策に関する研究 (厚生科学研究費・HIV研究班) 457-464.
H95008: 新城正紀, 有泉誠, 比嘉政昭, 東朝幸, 宮里達也, 安里義男, 宮国毅, 上原隆, 大野惇 (1995) 高校生のエイズに対する意識の現状と今後の課題. 沖縄県公衆衛生学会第27回抄録集 39-40.
H95009: 遠山英一, 有泉誠, 等々力英美, 新城正紀 (1995) 沖縄県における飲料水水質の起源. 日衛誌 50 256.
H95010: 遠山英一 (1995) 沖縄県における飲料水中の成分濃度とがん死亡率の関連 -フッ素と子宮がん, 硝酸性および亜硝酸性窒素と肝臓がん-. 琉球医会誌 15 48.
H95011: 遠山英一 (1995) 子宮がん死亡率と飲料水中のフッ素濃度との関連. 日公衛誌 42 1429.
H95012: 塚本昭次郎, 磯部英二, 松村芳子, 他7名 (1995) ラットのエタノール代謝に及ぼすベザフィブラートの効果. アルコール研と薬物依存 30 212-213.
H95013: 塚本昭次郎, 鐘ケ江孝, 松村芳子, 他5名 (1995) アルコール代謝におけるカフェインの影響. 日法医誌 49 補冊号 185.

 5. その他
M95001: 有泉誠 (1995) 医学教育者のためのワークショップに参加して. なかゆくい 96 61-66.
M95002: 渡辺健志, 本間達也, 高橋弘彦, 佐藤, 佐久間成隆, 島田享典, 本間康男 (1995) スポーツ選手のマウスガードに関する実験的研究. 東北体育学研究 13 29-36.