皮膚科学講座


A.研究課題の概要

 1. ポルフィリン代謝異常症と皮膚におけるポルフィリン代謝 (野中薫雄, 廖明清, 宮城嗣名, 神山琢郎, 新城佳代)
 本邦におけるポルフィリン症は約600例である。 沖縄地方のポルフィリン症の疫学的調査は十分ではなく, 今後, 患者の掘り起こしと経過観察は注意深く行っていく必要がある。 皮膚科領域では晩発性皮膚ポルフィリン症(PCT), 骨髄性プロトポルフィリン症(EPP), 先天性ポルフィリン症などを臨床的に観察しなければならない。 皮膚ポルフィリン症の皮膚病変は可逆性であり, 日光曝露を遮断すると皮疹は軽減することが確認されている。 また, 病理組織学的にも特徴的なPAS陽性物質も日光曝露を遮断することにより沈着の軽減が観察された。 一方, ポルフィリン体の光毒性反応の機序は活性酸素の関与が証明されている。 このような結果からポルフィリン症患者の皮膚病変の治療に活性酸素抑制剤, 可視光線遮断剤の使用が有効であることが示唆される。 しかし, 現在, 有効な可視光線遮断剤はみられない。 したがって, 活性酸素抑制剤を利用する必要がある。 今まで我々は漢方剤の大黄にポルフィリン光毒性反応を抑制する物質を見いだした。 今年度以後の研究は1)沖縄地方に生息する薬用植物にポルフィリン光毒性反応を抑制する作用が存在するか否か検討する。 2) 臨床的に沖縄地方のポルフィリン症患者の掘り起こしを行う。
3) ferrochelatase活性は種々の細胞で認められているが, ヒト表皮細胞においては未だ報告されていない。 培養ヒト表皮細胞におけるferrochelataseの存在の有無について検討を行う。
 2. 沖縄県における皮膚悪性腫瘍の実態 (上里博, 高宮城敦, 當山兼正, 上原啓志, 半仁田優子)
 1983年から1992年における琉球大学医学部附属病院外来の悪性皮膚腫瘍統計では614例の悪性腫瘍のうち, 基底細胞癌が159例, 有棘細胞癌が110例, 光線角化症が91例, Bowen病が61例, ATLが56例などとなっている。 亜熱帯地方に属する沖縄地方の悪性腫瘍の特徴は紫外線やHTLV-(などに関する腫瘍が高率にみられることと思われる。 我々は過去3年間, 神戸大学を中心に全国主要施設の協力による各地域の紫外線測定班に参加し, 紫外線の測定を行っている。それによれば, 夏季から秋季には沖縄県における紫外線の強度は他府県に比し抜群に高いことがわかった。 沖縄県では高齢者の日光曝露部に光線角化症や有棘細胞癌を生ずる率が高い。 また顔面に生ずる有棘細胞癌の発生率は他地方に比べて有意に高い傾向がある。 以上のことは紫外線照射による影響が強く示唆される。 一方, Kaposi肉腫や悪性血管内皮細胞上皮腫などの血管系腫瘍も本土に比べて症例が多い。さらに良性腫瘍を観察すると, 毛包系腫瘍も本土とその頻度が異なっている。 たとえば, 立毛筋性平滑筋腫などは沖縄地方に多い傾向がある。 さらに沖縄地方は疣贅やコンジローマなどが多く, ヒトパピローマウイルス (HPV)の関与する腫瘍が多い。 我々は今後, 更に他の医療機関と連絡をとり, 沖縄県全域について疫学的調査を行い, その全貌を明らかにし, 発症機序を明らかにしていきたい。今後の腫瘍の検索については, 1) 種々の皮膚腫瘍におけるHPVとの関連性について検討する。 2) 光線性角化症, 有棘細胞癌などと紫外線の関連性について明らかにして行きたい。 3)毛包の分布や構造について沖縄地方と本土との比較を行い, 毛包由来の腫瘍発生の機序についても検討していきたい。
 3. 皮膚免疫アレルギー的研究 (萩原啓介, 比嘉禎, 青木武雄, 長嶺安司, 前川和代, 星山弓恵)
 沖縄地方の皮膚アレルギー性疾患に関する研究は未だ十分ではない。 1988年から1992年の琉球大学医学部附属病院皮膚科外来におけるアトピー性皮膚炎の新患患者数は外来患者総数の2.16%から5.34%であった。 本土大学病院における統計では10%から25%に達する施設もみられている。 この事は沖縄地方のアトピー性皮膚炎は本土に比べて患者数は少ない事を示している。しかし, 最近は成人型アトピー性皮膚炎が次第に増加しつつある。 沖縄地方と本土におけるアトピー性皮膚炎では抗原の違いがあるか否か, また沖縄在住者の皮膚反応性が異なっているかなど今後検討が必要と思われる。また, 接触皮膚炎, 蕁麻疹などの原因についても抗原検索を行って沖縄地方の抗原の特異性の有無についても検討していきたい。
 4. 熱帯皮膚病学 (丸野元美, KM Noor , ST Ramzi, 新垣肇, 照屋操, 武居公子)
 我々は過去4年間エクアドルに流行する皮膚型リーシュマニア症の臨床, 病理組織学, 治療法の検討を行ってきた。 その結果, エクアドルのアンデス山中の皮膚型リーシュマニア症の病変は低地のそれに比べて軽度であること, parmomycin軟膏外用は皮膚型リーシュマニア症に有効であること, 表皮内にもリーシュマニア原虫が生息していること, 抗マラリア剤内服療法が有効であることなどが判明した。 抗マラリア剤内服療法に関しては臨床的, 病理組織学的に観察し, 治療前後に組織球の形態異常を観察した。 この事が本剤の有効性と関連があるかどうか, 今後, 動物実験を行い, 作用機序を明らかにしていきたい。また, 将来的には中東型皮膚リーシュマニア症についても南米型リーシュマニア症と比較検討を行い, 本症の撲滅対策に役立てていきたい。 その他, 輸入感染症に対する診断技術の取得に心がけ, 患者の発見, 治療に取り組んでいく。
 5. ハンセン病の疫学的, 病理組織学的研究 (金城浩邦, 金城隆, 砂川涼子, 中野純一郎, 平良千恵子)
 沖縄県におけるハンセン病は本土地方で行われなかった在宅療法を取り入れ次第に減少傾向を示している。琉球大学医学部附属病院皮膚科外来ではハンセン病の治療にWHO推薦の多剤併用療法に準じた化学療法を試み, その治療効果判定, 患者の後遺症予防などを検討している。 この経験は現在アフリカ, 中南米, アジア諸国におけるハンセン病の治療に有効な方法を生み出すことができるかも知れない。 一昨年度より南米エクアドルにおける皮膚リーシュマニア症研究の際, 同時にハンセン病の疫学的, 血清学的調査および患者, 住民の啓蒙運動に取り掛かっている。 今年度はさらに地域を拡大し, 地元医師, 保健所などとの協力のもとに同国のハンセン病撲滅対策に協力して行きたい。 現在ハンセン病の病型分類は臨床像, 病理組織学的所見, 好酸菌染色による菌学的所見で行われている。 好酸菌染色は菌の検出率が方法によって異なっている。 我々は患者の正確な病態把握に病理組織学的検査が有用であると考え, 臨床像と病理組織学的所見を比較検討を行っている。 ハンセン病においては神経症状が治療後の後遺症に大きな影響を与える。 末梢神経内病原菌の観察は治療方針に重要な指針を与える。 病原菌の観察に最も有用な染色法はFite染色であると思われ, この事を確認するために現在まで観察されていない表皮, 汗管, 汗腺におけるらい菌の検出を試み, 臨床像との関連性を検討していきたい。 さらにPCRによる菌の検出を試み, 将来皮膚組織のin site hybridizationの可能性を検討したい。 末梢血NK細胞活性と末梢血および病変部皮膚の浸潤リンパ球のサブセット測定を行い, レプロミンテスト反応との相関性, 治療による変動を検討しているが, 引き続き症例の追加を行っていく。 また, 患者の診断, 治療経過の把握にサーモグラフィーが有用であるが, 今後も引き続き検討していく予定である。
 6. 真菌症の疫学的検討 (細川篤, 桃原広幸, 稲福和宏, 山本雄一, 李並平)
 沖縄地方は本土に比べてTinea versicolor,malassezia folliculitisの頻度が高い。 病原菌であるMalassezia furfurの増殖が上記疾患以外にどのような皮膚疾患で病因として関わっているか検討していきたい。 また, 沖縄地方における白癬菌の菌相や, 黒色癬の菌学的, 疫学的検索はいまなお検討を続ける必要がある。
B.研究業績
 1. 原著
G9501: 高宮城敦, 上原啓志, 廖明清, 野中薫雄, 宮里肇 (1995) Mucoepidermoid carcinomaの1例. 皮の臨 37 149-152.
G9502: 高宮城敦, 萩原啓介, 上原啓志, 宮城嗣名, Abdul Manan Bhutto, 上里博, 野中薫雄 (1995) 本邦における多発性立毛平滑筋腫の104例の統計的観察. 西日皮 57 76-79 .
G9503: Bhutto AM, Taira K, Nagamine Y, Maruno M, Takamiyagi A, Nonaka S (1995) A case of trichorexis nodosa developed in winter. J Dermatol 22 107-110.
G9504: Hagiwara K, Nonaka S (1995) A statistical assessment of atopic dermatitis at Ryukyu University Hospital from 1988 to 1992. Ryukyu Med J 15 31-35.
G9505: Bhutto AM, Uehara K, Takamiyagi A, Hagiwara K, Nonaka S (1995) Cutaneous malignant hemangioendothelioma: Clinical and histopathological observation of nine patients and a review of the literature. J Dermatol 22 253-261.
G9506: 細川篤, 野中薫雄, Gomez EAL, 橋口義久 (1995) エクアドル共和国太平洋岸の低地地域に於ける皮膚リーシュマニア症に対する2%fluorouracil(5FU)外用療法の試み. 沖縄医会誌 33 44-47.
G9507: 細川篤, 野中薫雄 (1995) 経中心静脈高カロリー輸液法(IVH)が原因と考えられる内因性カンジダ性眼内炎の2. 日医真菌会誌 36 167-173.
G9508: 細川篤, 上里博, 野中薫雄, 金城浩邦, 富永智 (1995) 未定型群小児らい. 西日皮 57 503-507.
G9509: 細川篤, 上里博, 野中薫雄, 川津邦男, 宮里肇 (1995) 琉球大学皮膚科外来におけるらい患者の組織内病原菌染色法の比較検討. 西日皮 57 779-781.
G9510: Gomez Landires EA, Andrial M, Hosokawa A, Nonaka S, Hashiguchi Y (1995) Oral treatment of new world cutaneous leishmaniasis with antimalarial drugs in Ecuador: A preliminary clinical trial. Jpn J Trop Med Hyg 23 151-157.
G9511: 細川篤, 上里博, 野中薫雄, 宮里肇, 伊集操 (1995) 琉球大学医学部附属病院皮膚科外来における過去10年間のらいの集計. 西日皮 57 1176-1183.
G9512: Atshushi H, Shigeo N, Hosokawa H, Nonaka S, Yoshida H, E A, Gomez et al (1995) Famuly examination of leprosy patient in low endemic area for the disease in ecuador. Jpn J Trop Med Hyg 23 71.
G9513: 細川篤 (1995) アンテベートによる虫刺症の治療. 医薬の門 70.
 3. 著書
T9501: 野中薫雄 (1995) 講座: 熱帯と皮膚の関わり(1). 西日皮 日本皮膚科学会西部支部, 福岡, 66-75.
T9502: 野中薫雄 (1995) 講座: 熱帯と皮膚の関わり(2). 西日皮, 日本皮膚科学会西部支部,福岡, 290-296.
T9503: 野中薫雄, 高宮城敦 (1995) 晩発性皮膚ポルフィリン症(porphyria cutanea tarda), 肝骨髄性ポルフィリン症(hepatoerythropoietic porphyria). 日臨, 日本臨床社, 大阪, 1427-1432.
T9504: 野中薫雄, 高宮城敦, 丸野元美 (1995) 皮膚科領域でのポルフィリン症. 日臨, 日本臨床社, 大阪, 1449-1445.
T9505: 野中薫雄 (1995) ホクロについて. 皮膚の手帖, 株式会社ファンケル, 横浜, 34-35.
T9506: 野中薫雄 (1995) 肝臓疾患と皮膚病変. Clinician, エーザイ株式会社, 東京, 525-530.
T9507: 野中薫雄 (1995) 講座: 熱帯と皮膚の関わり(3). 西日皮 日本皮膚科学会西部支部, 福岡, 525-534.
T9508: 野中薫雄, 高宮城敦, 丸野元美 (1995) ポルフィリンと皮膚. 琉球医会誌, 琉球医学会, 沖縄, 3-12.
T9509: 野中薫雄, 細川篤 (1995) リーシュマニア症. 医のあゆみ, 430-433.
 4. 報告
H9501: 廖明清, 松本ノリス, 平良佳代, 野中薫雄 (1995) IgA線状皮膚症の1例. 西日皮 57 177.
H9502: 神山琢郎, 比嘉禎, 當山兼正, 野中薫雄 (1995) グロブリン血症性紫斑を伴ったシェーグレン症候群の1例. 西日皮 57 177.
H9503: 長嶺安司, 宮里肇 (1995) TEN型薬疹発疹の1例. 西日皮 57 177.
H9504: 金城浩邦, 奥田勲, 長尾栄治, 野中薫雄 (1995) 経管栄養中にみられた後天性亜鉛欠乏症の1例. 西日皮 57 178.
H9505: 上里博, 具志堅初男, ブットー・アブダル・マナン, 野中薫雄 (1995) 糖尿病性浮腫性硬化症の1例. 西日皮 57 178.
H9506: 細川篤, 野中薫雄, 金城浩邦, 長尾栄治, 富永智, 新垣寛 (1995) Leprosyの集計 (琉大病院) と症例. 西日皮 57 178.
H9507: 金城隆, 萩原啓介, 野中薫雄 (1995) 足趾先端部に発生したacquired fibrokeratomaの1例. 西日皮 57 180.
H9508: 上原啓志, 高宮城敦, 金城隆, 野中薫雄 (1995) 紡錘状有棘細胞癌の1例. 西日皮 57 180.
H9509: 上原啓志, 高宮城敦, 金城隆, 野中薫雄 (1995) 顔面に生じた紡錐紡錘状有棘細胞癌と基底細胞癌の重複癌の1例. 日皮会誌 105 641.
H9510: 青木武雄, 武居公子, 星山弓恵, 平良佳代, 與那原優子, 上里博, 野中薫雄 (1995) 悪性リンパ腫に合併したカポジ肉腫の1例. 日皮会誌 105 416.
H9511: 長嶺安司, 高宮城敦, 中嶋安嗣, 野中薫雄 (1995) 骨髄性プロトポルフィリン症患者におけるferrochelatase遺伝子の解析. 日皮会誌 105 427.
H9512: 金城隆, 照屋操, 上里博, 野中薫雄 (1995) 過去に有棘細胞癌を有し, 骨盤内転移を認める膀胱腫瘍に合併した類天疱瘡の1例. 日皮会誌 105 449.
H9513: Nonaka S, Hosokawa A, Bhutto AM, Hashiguchi Y (1995) Differential diagnosis of cutaneous leishmaniasis in Ecuador. Jpn J Trop Med Hyg 23 69.
H9514: Bhutto AM, Nonaka S, Hashiguchi Y (1995) First case of diffuse cutaneous leishmaniasis in Ecuador. Jap J Trop Med Hyg 23 69.
H9515: 廖明清, 長嶺安司, 宮里史郎, 野中薫雄 (1994) 菊による接触皮膚炎. 日皮アレルギー 2 111.
H9516: 太田憲輔, 稲福和宏, 上里博, 野中薫雄 (1995) 日光蕁麻疹の1例. 日本皮膚アレルギー学会雑誌 3 69.
H9517: 宮城嗣名, 金城隆, 野中薫雄, 山城啓, 増田昌人 (1995) Myelodysplastic syndrome(MDS)治療中に生じた限局性白癬性肉芽腫の1例. 西日皮 57 396.
H9518: 市橋正光他 (1995) オゾン層破壊による有害太陽紫外線増加と皮膚障害 平成6年度研究成果報告. 307-309.
H9519: 比嘉禎, Abudal Manan Bhutto, 野中薫雄 (1995) Hypertrophic lupus erythematosus (hypertrophic LE)の1例. 西日皮 57 868-869.
H9520: 金城浩邦, 長尾栄治, 細川篤, 野中薫雄 (1995) 最近経験したhistoid nodule type leprosyの1例. 西日皮 57 885.
H9521: 太田憲輔, 細川篤, 丸野元美, 上里博, 野中薫雄 (1995)ペットより感染したと思われるミクロスポルム・カニス感染症の家庭内発生の1例. 西日皮 57 885.
H9522: 又吉長純, 野中薫雄 (1995) キチンキトサンにより誘発された扁平苔癬様皮疹. 西日皮 57 886.
H9523: 星山弓恵, 平良佳代, 青木武雄, 野中薫雄 (1995) 寒冷蕁麻疹の1例. 西日皮 57 886.
H9524: 前川和代, 武居公子, 平良佳代, 青木武雄, 上里博, 野中薫雄 (1995) 塩酸サルボクレラートが有効であったアレルギー性血管炎の1例. 西日皮 57 887.
H9525: 神山琢郎, 照屋操, 上原啓志, 野中薫雄 (1995) 心嚢内に腫瘍細胞が認められたATLの症例. 西日皮 57 888.
H9526: 武居公子, 平良佳代, 青木武雄, 宮城嗣名, 萩原啓介, 野中薫雄 (1995) 無色素性BCCの1例. 西日皮 57 888.
H9527: 稲福和宏, 太田憲輔, 新垣肇, 上原啓志, 上里博, 野中薫雄 (1995) 再発を繰り返した隆起性皮膚繊維肉腫の1例. 西日皮 57 888.
H9528: 細川篤, 野中薫雄, Gomez EAL, 橋口義久, 石崎宏 (1995) エクアドル共和国で見られたchromomycosis (Foncecaea pedrosi, type4)の1例. 西日皮 57 1099.
H9529: 宮城嗣名, 島田篤子, 野中薫雄 (1995) 沖縄赤十字病院皮膚科におけるの統計的観察. 沖縄赤十字病医誌 6 21-24.
H9530: 上原啓志, 高宮城敦, 野中薫雄 (1994) 紡錘状有棘細胞癌とそれとの鑑別を要した異型線維黄色腫の1例. 西日皮 57 655.
H9531: 高宮城敦, 安里剛, ブットー・アブダル・マナン, 上里博, 野中薫雄 (1994) 人乳頭腫ウイルスの誘発が考えられた悪性黒色腫. 西日皮 57 657.
H9532: Hosokawa A, Nonaka S, Hashiguchi Y, Atsushi H, Shigeo N, Yoshihisa H, Eduardo A, Gomez EAL (1995) Leprosy en Okinawa y Ecuador."GUAYAS" iv jornadas de actualizacion medico quirurgicas" AVANCES EN INFECTOLOGIA" y modulo de enfermeria. Hospital de treatro 58.
H9533: 桃原広幸, 細川篤, 上里博, 野中薫雄 (1995) 琉大病院のハンセン病の集計及びI反応を伴った境界群の供覧. 沖縄医会誌 34 124.