病理学第一講座


A.研究課題の概要

 1. 癌細胞のエネルギー代謝を制御する物質が癌細胞の発熱現象に与える影響の解析
   (伊藤悦男, 森岡孝満)
 癌細胞のエネルギー代謝は正常細胞のものとは異なり, 急速で旺盛な解糖と抑制された呼吸を特徴とする。 この代謝の特性は従来代謝の欠陥と考えられてきた。 しかしこれは呼吸に不利な条件下でも旺盛な増殖を行なうための特異なエネルギー代謝であることがわかった。 またこの代謝時には反応に応じた発熱があり, グルコース添加時に発生する熱にたいする既知の主な代謝阻害剤の影響は調査が終わったので, 現在, 抗腫瘍性物質による影響を検索中である。
 2. 癌細胞のエネルギー代謝時のATP量の変化の測定 (嘉陽清美)
 癌細胞の呼吸, 解糖時および, これらを阻害剤で抑制した場合におけるATP量の変動を測定し, 熱量計による発熱反応に対応するATP量の変動を検索している。 この結果, 発熱反応とATP量の変動に相関関係が見られ, 発熱とATP産生とが一致する事を証明した。 この方法により抗癌性物質によるATPの変動を検索中である。
 3. 米糠由来抗腫瘍画分の抽出とその抗腫瘍作用の研究(森岡孝満, 新垣有正)
 米糠から抽出した脂肪酸とペプタイドからなる抗腫瘍画分(RBF)を抽出し研究を続けて来た。 その結果, RBFは癌細胞の増殖阻止, 殺細胞性を示し, 作用機序は熱量計の測定結果が脱共役剤のDNPと類似していることからエネルギー代謝阻害作用を示す事が判明しつつある。 また投与された癌細胞にはアポトーシスと思われる変化が増加しているので, 抗腫瘍性機序との関連を検討中である。
 4. 沖縄の泥岩(クチャ)の粉末による塵肺症の研究 (宮城恵利子, 嘉陽清美)
 沖縄本島南部は特有の泥岩と呼ばれる土壌からなる。これが乾燥すると微細な粉末が固まり岩状となる。 これが強風にあおられると微細な粉末になって空気中に含まれ, 大気中に浮遊する。 これが沖縄での呼吸器障害の発生に関与している可能性が高いと考え, 実験的にマウスに吸引させ塵肺症を作る実験を継続している。 その結果, 実験1カ月では軽微だった吸引が, 2カ月目から急激に病変が出始め, 異物性肉芽の様相を呈してきた。 現在は吸気中のクチャの含有量と, 吸引された肺中の含有量を計測・検討中である。
 5. 悪性リンパ腫におけるHemophagocytic syndrome (HPS)合併症例の免疫組織化学的研究
                                  (新垣有正)
 剖検例を対象に悪性リンパ腫のリンパ球マーカーを免疫組織化学的に検索している。 さらにHPS合併症例の各種ウイルス感染の有無をIn-situ Hybridization によって検索し, HPSの発症と各種ウイルス感染の関係を検討する。

B.研究業績

1. 原著  
G9501: 具志堅俊樹, 知名耕一郎, 百名伸之, 平山清武, 久田友治, 井上治, 新垣宣貞, 伊藤悦男 (1995) 胸部打撲後の胸腔内出血で発見されたEwing肉腫の1例. 小児がん 32 52-55.
G9502: 具志堅俊樹, 知名耕一郎, 百名伸之, 平山清武, 伊藤悦男 (1995) 小児固形腫瘍の発見契機に関する検討. 小児がん 32 130-133.
 4. 報告
H9501: 新垣有正, 伊藤悦男 (1995) Hemophagocytic Syndrome で発症した成人T細胞性リンパ腫の1剖検例. 日病会誌 84 239.
H9502: Ito E, Kayo K, Arakaki Y (1995) Experimental studies of the lung lesions caused by aspiration of the powder of the sillstone of Okinawa. 日病会誌 84 259.
H9503: 具志堅俊樹, 百名伸之, 知名耕一郎, 仲宗根元恵, 渡久地鈴香, 平山清武 (1995) 汎血球減少の自然軽快後に発症したFAB分類M0の急性骨髄性白血病の1例. 日小児会誌 99 280.
H9504: 川上哲夫, 西川健一, 小泉晶一, 清水宏之, 浅見恵子, 内海治郎, 有吉宣明, 渡部新, 具志堅俊樹, 他4名 (1995) 小児癌白血病研究グループ(CCLSG)ALL911プロトコールの寛解導入の成績. 日小血会誌 9 223.
H9505: 土橋治, 関根勇夫, 岡敏明, 武田武夫, 小泉晶一, 清水宏之, 窪田博道, 山村泰一, 具志堅俊樹, 他3名 (1995) 治療終了後の小児癌, 白血病患者における慢性肝障害の検討 -特にC型肝炎に関して-. 日小血会誌 9 259.
H9506: 百名伸之, 知名耕一郎, 具志堅俊樹, 楚南盛章, 平山清武 (1995) GーCSF投与中止後も3系統血球の改善を維持している重症型再生不良性貧血の1例. 日小血会誌 9 305.
H9507: 百名伸之, 知名耕一郎, 具志堅俊樹, 平山清武,加藤俊一 (1995) May-Grunwald-Giemsa染色塗抹標本にFISH法を行い細胞系統別に遺伝学的解析を行ったAML/TMDSの1例. 臨血 36 1062.