パスワードの設定

[back] [home]

 データベース検索システムを利用者には、他人の不正使用を防ぐため、パスワード設定を定する必要があります。
 パスワードはデータベース検索システムへの最初のアクセス時に設定します。また、90日ごとにパスワードを変更をする必要があります。パスワードの変更は変更時期が近づくとシステムが自動的に促してきますので必ずご変更下さい。

 パスワードは、サーバーごとに管理されるため、ご利用になられるデータベースのサーバーごとに設定する必要があります。

◆パスワードの設定手順
  1. 制限の解除
    利用者登録番号(USER ID)は、予め利用できないように設定してあります。パスワードの設定の前にこの制限の解除を行いますので、附属図書館システム管理係(内8161,2206)までお電話ください。このときご利用になられるデータベースのサーバー名をお知らせください。約10分程度で解除可能です。
  2. パスワードの設定
    制限の解除後、パスワードの設定を行ってください。
    パスワードは、サーバーごとに管理されるため、ご利用になられるデータベースのサーバーごとに設定する必要があります。
    • ERLサーバー
    • NTサーバー
  3. ご注意
    パスワードの管理は、課金に関わるため、利用者ご本人の責任で行ってください。また、安全のために次のことにご留意ください。
    • 利用制限の解除、パスワードの設定、パスワードの変更はご本人が行ってください。
    • パスワードは他人が想像しやすいもの(利用者番号や内線番号と同じ等)は避けてください。
    • パスワードはアルファベットと数字の組み合わせで7文字まで入力できます。
◆ERLサーバーのパスワード設定方法
  • NTサーバーのパスワード設定方法 (工事中)

◆NTサーバーのパスワード設定方法
  • NTサーバーのパスワード設定方法 (工事中)

◆お問い合わせ
  • 利用制限の解除、パスワードの設定がうまくできない場合、その他ご質問がありましたら、システム管理係(内線8161,2206)までご連絡ください。

[back] [home]