事  務  連  絡
平成16年1月6日


教員 各位


附属図書館長
(公印省略)



附属図書館データベース検索システムの利用手続の変更について(通知)



 日頃より附属図書館の運営にご協力いただきありがとうございます。
 附属図書館ではデータベース検索システムの利用を促進するため、利用の手続を下記の通り変更いたしますのでお知らせいたします。
 なお、近日中に、このシステムを反映して附属図書館ホームページのデータベース検索システムのページをリニューアルいたしますので、より一層のご活用をお願いいたします。
 また、別紙に、個別のデータベースについて、変更点を説明してありますのでご参照ください。





  1. 変更点:
    1. 利用申請の手続が不要になります。
    2. 附属図書館データベース検索システムの課金制度が廃止になります。

  2. 変更時期:平成16年1月1日

  3. 問い合わせ先:附属図書館電子情報係 内線(千原)8167、2207
                        E-mail:elrserv@lib.u-ryukyu.ac.jp





[別紙]

附属図書館データベース検索システム 利用の変更点



  1. BA、BA/RRM、PsycINFO

    これまで図書館外からの利用には利用申請が必要でしたが、不要になります。
    図書館外からの利用には課金されていましたが、無料になります。
    また、これまで図書館内のサーバにアクセスしていたものが、web経由で直接Ovid社のサーバにアクセスするようになるため検索ソフトのインストールも不要になります。
    利用手順はこれまでと同様です。
    附属図書館ホームページ:資料情報を探す「雑誌論文・記事」から「データベース検索システム」のページを経由してアクセスしてください。

  2. CA on CD

    これまで図書館外からの利用には利用申請が必要でしたが、不要になります。
    図書館外からの利用には課金されていましたが、無料になります。
    ただし、これまで通り図書館内NTサーバでの提供ですので、ネットワーク接続の設定、検索ソフトのインストールは必要です。「データベース検索システム」ページの「検索ソフトのインストール」をご参照ください。検索用のIDは「toshokan」に統一されます。
    NTサーバで提供されている他のデータベース(判例体系等)も同様です。

  3. MEDLINE

    平成16年1月1日以降は利用できなくなります。今後はPubMedをご利用ください。

  4. lexis.com

    利用申請が不要になります。
    ただし、学内LAN以外からの利用をご希望の方は別途「lexis.com学外利用申請書」が必要になりますので、電子情報係までお問い合わせください。

  5. Current Contents、Inspec

    2001年より中止になっていますので、「データベース検索システム」ページへの掲載を中止します。以前のデータをご利用になる場合は、サービスカウンターの端末でご利用ください。

  6. 聞蔵、医中誌Web、MAGAZINEPLUS、NACSIS-IR、Web of Science、JCR、
    International Civil Engineering Abstracts


    変更はありません。



[直前の画面に戻ります]