図書館の利用について

  • 図書館施設の利用
    • 附属図書館は、本学の教職員、学生をはじめ、学外者の利用もできます。次のことに留意して利用してください。
      • 館内での飲食、所定の場所以外での喫煙はできません。(ただし1階多目的ホールは蓋付きの飲み物は持ち込み可能です。)
      • 他の利用者の迷惑にならないよう、館内での私語は慎んでください。
    • [ガイド]
    • *施設利用に際して、カウンターでの申込みを必要とするものがあります。
  • 図書館資料の利用
    • 図書や雑誌の閲覧は一部(沖縄閉架資料、貴重資料等)を除き自由に閲覧できます。次の利用者のために、利用した資料は必ずもとの場所へ戻してください。
    • [ガイド]
    • *施設利用に際して、カウンターでの申込みを必要とするものがあります。
  • 資料の幅広い利用
    • 図書館を通じて国立国会図書館や他大学の蔵書について閲覧・貸借・複写などの利用を行うことができます。また、国内にない資料の複写物を入手することもできます。このような相互協力活動をはじめとして、利用者の資料要求に応えるため、図書館ではさまざまなサービスを行っています。
    • [サービス例]
      • レファレンス・サービス
      • 図書館間相互協力サービス
      • 情報検索サービス
  • こんなときは
    • 図書館を利用していて疑問やわかりにくいことがありましたらいつでもカウンター、または相談窓口へご相談ください 。