オンライン講習会のお知らせ[Web of Science / EndNote Web/Journal Citation Reports]

琉球大学で利用可能なデータベースのオンライン講習会が下記のとおり開催されます。
学内であればどこからでも受講可能です。
対象となるデータベースは文献検索データベース”Web of Science・”文献管理ソフト”EndNote Web”です。
研究を行う上でとても便利なデータベースですので、これから論文を執筆される方や利用方法を再確認されたい方は是非受講してください。
※今回からMacintoshの利用者にも利用していただけるようになりました!
※今回から「自分のPCでデータベースを操作しながらも学べる」形式の講習会も用意されています。ぜひご利用ください!

2/25(木)
14:30-15:10
「応用シリーズ2:検索結果のビジュアル化」
(Web of Sciecne)

* 全体像を把握するCitation Reports
* 検索結果をクローズアップするRefine
* 引用関係のマップ化Citation Map

トムソン・ロイターの製品は、検索結果をグラフにしたり、マップにすることによって視覚的に、全体的な傾向が分かるように設計されています。通常の講習会では、あまり詳しくご説明できなかった使い方についてご説明します。


2/25(木)
16:00-16:40  「インパクトファクターの簡単比較方法」

* どのジャーナルが影響力があるのか?
* Journal Citation Reportsから探す、Web of Scienceから探す
* ジャーナルの影響力を比べる方法

ジャーナルの影響力を示す指標の一つ、インパクトファクターを分かりやすく説明します。インパクトファクターが分かると、沢山ヒットした文献の中でも、重要な雑誌に気が付くようになります。さらに、「どれだけ長く引用され続けるか」など、この指標からわかるジャーナルの面白い特徴についてもご説明します。


2/25(木)
17:30-18:30 「必見!EndNote X3基本操作」
(Windowsのみ)

* EndNote概要
* PubMedからの文献情報取り込み
* 収録レコードのグループ分け
* フルテキストPDFの管理
* 参考文献リストの自動作成

EndNote デスクトップ版は、ご購入していただくソフトウェアーですが、機能が多彩です。例えば文献レコードを無制限に収録可能できたり、収録レコードをグループに分類して整理できたり、収録レコードに該当するフルテキストPDFの添付機能などは、全てドラッグ・アンド・ドロップで作業ができます。また、論文執筆時、参考文献リストを自動作成機能も、スタイルのカスタマイズなどができ、自由自在に使いこなせると、文献の整理が格段に楽になります。


また、WoSとJCR、EndNoteの講習会が英語でも開催されます。
こちらの日程は下記の通りです。

■2/17(Wed)
8:30-10:30
「EndNote Web for EndNote Users(in English)」

■2/18(Thu)
10:30-12:00
「EndNote Cite While You Write(in English)」

■2/24(Wed)
8:30-10:00
「EndNote Advanced: Q&A(in English)」


<受講手続き>
詳細は下記よりお願いします。
受講者各自で受講手続きをおとりください。
http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/