教員、学位論文・レポート等課題の準備が必要な学生、実習等を受ける学生を対象にしたサービスについて(6/1~)

 6月1日からの大学の活動制限内容の変更にともない、教員および学位論文・レポート等課題の準備が必要な学生、実習等を受ける学生を対象にした「附属図書館資料の事前予約・窓口引渡し」「貸出・複写のための資料の確認(予約制)」、および、「ILLサービス(他機関からの資料取り寄せ)」を実施いたします。
 詳細を以下にまとめましたので、ご確認のうえ、お申し込みをお願いいたします。
 
 必ず「窓口受け取り・資料確認時の注意事項」をご確認のうえ、ご来館ください。

1. 附属図書館資料の事前予約・窓口引渡し


(2020年6月3日更新)
「1. 附属図書館資料の事前予約・窓口引渡し」について、現在予約多数のため、準備ができるまでに3平日程度の時間を要します。準備ができましたらメールにて連絡いたしますので、受け取りは準備完了のメールが届いた後にお願いいたします。


 【対象者】

  • ・教員
  • ・学位論文・レポート等課題の作成準備が必要な学生、実習等を受ける学生


 【対象資料】

  • ・教員:研究・講義準備に必要な図書・英語多読図書・雑誌・AV資料・参考図書・沖縄閉架資料
  • ・学生:学位論文・レポート等課題の作成準備、実習に必要な図書・英語多読図書


 【貸出冊数】

  • ・教員:合計20冊(ただし、沖縄閉架資料は10冊を上限とする)
  • ・学生:学部生 10冊、大学院生 15冊


 【貸出期間】

  • ・教員:図書・英語多読図書 40日
    • 雑誌・AV資料・参考図書・沖縄閉架資料 7日
  • ・学生:図書・英語多読図書 40日

     

    【学生の貸出対象外資料の複写提供について】
    • ・琉球大学附属図書館が所蔵する雑誌・参考資料・沖縄閉架資料については、必要箇所を複写して提供します。複写料金は発生しません。
    • ・複写は、著作権法第31条第1項の範囲内で行います。そのため、雑誌の最新号については、記事全体の複写に応じられません。あわせて、「図書館でコピーをする前に」もご確認ください。
    • ・一回の申請で5件までの申し込みとし、申し込み済の複写物を受け取ってから次の分をお申し込みください。より多くの方がご利用いただけるよう、ご協力をお願いいたします。

 【ご利用の流れ】

      (1) 蔵書OPACCiNii Articlesを利用して、必要な資料を検索してください。
      (2) 担当係宛にメールでご依頼ください。対象学生についても直接図書館にお申し込みください。
      メール送付の際には下記のテンプレートをご利用ください。
      (3) 資料の準備でき次第、メールで連絡します。なんらかの事情で準備できなかった場合は、その旨ご連絡いたします。
      (4) (3)のメールに指定している時間帯(平日9時から17時の間)に、図書館の正面玄関等で受け取りをお願いいたします(入館はご遠慮いただいております)。受け取りの際は必ず「窓口受け取り・資料確認時の注意事項」をご確認ください。教員については学内便で送付することも可能です。
      (5) ご利用が終わりましたら、返却ポスト、または、学内便で担当係まで返送をお願いいたします。


    【担当係およびメールアドレス】

    • 本館所蔵資料
    •   ・担当係:資料サービス係

        ・メールアドレス:20312102.ryudai.onmicrosoft.com☆apac.teams.ms(☆を@に変換してください)


    • 医学部分館所蔵資料
    •   ・担当係:医学情報係

        ・メールアドレス:tsigaku☆acs.u-ryukyu.ac.jp(☆を@に変換してください)

    【メールテンプレート】

       —ここから—

      件名:貸出依頼(部局・氏名)

      宛先:資料所蔵館の担当係のメールアドレス

      本文:
      附属図書館 御中

      以下の資料の貸出と複写を希望します。

    • (1)学部等:附属図書館
    • (2)名前:琉大 太郎(学生は学籍番号も記載してください)
    • (3)申込の理由:学生の場合は、卒業論文作成のためなど理由を明記してください。
    • (4)受け取り希望日時:平日の9時から17時の間で希望する日時をご記入ください。申込日当日・翌日の希望は対応できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
    • (5)受け取り方法:窓口・学内便のいずれかをご指定ください
        (指定がない場合は窓口での受け取りとさせていただきます)

    • (6)貸出冊数:2冊
    • (7)希望資料及びOPAC URL※:
        1.モンゴル覇権下の高麗 : 帝国秩序と王国の対応
         http://opac.lib.u-ryukyu.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB14041630
        2.危機対応学 : 明日の災害に備えるために
        http://opac.lib.u-ryukyu.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB26840631

    • (8)複写件数:1件
        1. 李 益柱,森平 雅彦 蒙古帝国の侵略と高麗の抵抗. 歴史評論.2001-11. 619号. p.30-41        
        https://ci.nii.ac.jp/naid/40003836364/


  —ここまで—

※ OPAC URLは資料の詳細画面で「Link This Page」を選択した際に表示される画面をコピーしてご利用ください。(PC版のみ)


2. 貸出・複写のための資料の確認(予約制)


 【対象】

  • ・教員
  • ・学位論文・レポート等課題の作成準備が必要な学生、実習等を受ける学生


 【申込方法】

  • ・「1. 附属図書館資料の事前予約・窓口引渡し」の【担当係およびメールアドレス】に以下の内容をご連絡ください。
  • (1)学部等
  • (2)名前(学生は学籍番号も記載してください)
  • (3)申込の理由:学生の場合は、卒業論文作成のためなど理由を明記してください。
  • (4)資料の確認を希望する日時:平日の9時から16時の間で希望する日時をご記入ください。申込日当日・翌日の希望は対応できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • (5)資料及びOPAC URL:「1. 附属図書館資料の事前予約・窓口引渡し」の【メールテンプレート】の(7)をご参照ください。

  • ・資料の準備でき次第、メールで連絡します。なんらかの事情で準備できなかった場合は、その旨ご連絡いたします。
  • ・多くの方が利用できるよう、1回1時間以内の利用となります。
  • ・来館の際は必ず「窓口受け取り・資料確認時の注意事項」をご確認ください。


3. ILLサービス(他機関からの資料取り寄せ)


 【対象】

  • ・教員:公費・私費による複写・貸借
  • ・学位論文・レポート等課題の作成準備が必要な学生、実習等を受ける学生:私費による複写・貸借


 【申込方法】


    【到着資料の受け取り方法】必ず「窓口受け取り・資料確認時の注意事項」をご確認ください。

  • ・教員:複写物は通常とおり学内便にて送付いたします。
  •     貸借物は窓口にて受け取りをお願いいたします。

  • ・学生:複写物・貸借物とも窓口にて受け取りをお願いいたします。


4. 窓口受け取り・資料確認時の注意事項

  • ・体調がすぐれない方は来館をご遠慮ください。
  • ・資料の事前予約の方は、事前に申し込みした資料を図書館の正面玄関(医学部分館の場合は裏口(通用口))で受け取ることのみ可能です。入館はご遠慮いただいております。
  • ・資料受け取りの際は、マスクの着用をお願いいたします。
  • ・複数の利用者がお待ちの場合、一定の距離を保ってお並びください。
  • ・貸出・複写のための資料確認の方はマスクの着用と、入館時の体温測定・手指の消毒をお願いいたします。


5.【参考情報】自宅からも利用できる電子リソース

電子BOOKで読めるシラバス掲載図書一覧
自宅からも利用できる電子リソース

Published:2020/05/29
Last Updated:2020/06/03