企画展「西洋人がみた琉球」を開催

poster-smallブール文庫設置50周年を記念して、下記のとおり企画展を開催します。
ブール文庫を中心に本学が所蔵する貴重資料の中から、琉球を訪れた西洋人達が残した渡航記や絵、写真等、西洋人がみた琉球王国を垣間見ることができる資料を紹介します。
一般の方も観覧可能です。多くの方々のご来場をお待ちしています。

  

【名称】 ブール文庫設置50周年記念企画展「西洋人がみた琉球」
【日時】 2009年7月30日(木)~8月6日(木) 10時~17時 ※土日を除く
【会場】 附属図書館1F多目的ホール

 

企画展チラシ
 
企画展案内チラシ(PDF)

 
 
ブール師(Earl Rankin Bull,1876~1974)は、米国のメソジスト監督教会から1911年、九州・沖縄地区へ派遣され延べ15年間日本で伝道をした宣教師である。1846年に来沖した宣教師ベッテルハイムの研究者としても知られ、1958年、生涯を通じて蒐集した膨大な沖縄関係資料を本学へ寄贈いただいた。 

>>> ブール文庫の案内ページへ