部分開館中の図書館サービスについて(4月1日~5月中旬)

琉球大学附属図書館(本館)では、平成27年度に耐震補強・機能改善のための改修工事を行います。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますのが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

お知らせ] [サービスについて] [改修工事について] [English] [過去のお知らせ


部分開館中の図書館サービスについて              3月31日更新

 附属図書館(本館)の部分開館中のサービスについて、まとめてお知らせいたします。
 なお、4月1日より、開館エリアを順次拡大し、5月中旬から通常開館時間に戻る予定です。

★正面玄関から入館できます。
 4月1日以降の出入口は、元の正面玄関に戻ります(地図はこちら)。なお、入退館システムを導入しましたので、図書館へお越しの際は、学生証・職員証・図書館利用証をご持参ください。また、資料移動等の作業をしながらの開館ですので、状況によって、一部利用制限があることをご了承ください。詳細は「改修中の資料の利用について」をご確認ください。(平日8時半~17時)

★閉架資料の出納サービスも行っています。
 安全上、利用者が入れないエリアに保管した資料については、メールでの事前予約にて取り置きします。詳細はこちらをご確認ください。
また、貸出冊数・期間を通常の2倍に増やしています。(学部生20冊4週間,院生30冊4週間,教職員40冊8週間,学外者6冊4週間です)

★無料で図書・コピーの取り寄せができます。
 改修のため利用できなくなった資料について、図書取り寄せ(詳細はこちら)及び文献複写(ILL)(詳細はこちら)の無料化を引き続き実施しています。(学内者のみ)

★スタディルームもご利用ください。
 共通教育棟1号館1階スタディルームでは、新聞閲覧、PC60台及びプリンタの利用、17時以降の資料(取り置き本・ILL資料)の受け渡しを行っています。(平日21時15分まで)

本館改修工事のお知らせページへ