Mendeley 機関版導入のお知らせ

この度、附属図書館では文献管理ツールMendeleyの機関版を導入いたしました。Mendeleyは無料でも利用できますが、機関版を利用することで管理できるPDFの容量追加や作成できる非公開グループの数が増えるなどのメリットがあります。
この機会に是非Mendeleyを利用してみてください。

Mendeley
https://www.mendeley.com/

Mendeley 琉球大学のページ
https://www.mendeley.com/groups/7499321/university-of-the-ryukyus/

Mendeleyとは

エルゼビア社の提供する文献管理ソフトです。PDFファイルや論文のWebサイトから簡単に論文の書誌情報を取り込むことができます。登録した論文の情報はゼミや共同研究を行っているグループで共有することができます。また、自分がレポートや論文を書く際の参考文献リストも簡単に作成することができます。

無料版と機関版の違い

機能 無料版 機関版
1人あたりのユーザーディスク容量 2GB 5GB
非公開グループのディスク容量 100MB 20GB
1ユーザーが作成できる非公開グループの数 1 無制限
1つの非公開グループに参加できるメンバー数 3 25

機関版を利用するためには

1. Mendeleyのアカウントを作成します。すでにアカウントをお持ちの方は2.に進んでください。
Mendeleyのトップページにアクセスして「Create free account」をクリックします。メールアドレスが必要となりますが、このメールアドレスは琉球大学のメールアドレスである必要はありません。

2.ログインした状態で、Mendeleyの琉球大学のページにアクセスします。右上の「Join this group」をクリックします。以下のようなポップアップが表示されますので、
琉球大学が発行するメールアドレス(****@****.u-ryukyu.ac.jp)を入力します。

mendeley_join

3.入力したメールアドレスにMendeleyから認証のメールが届きますので、本文中のリンクをクリックすることで登録完了です。登録完了後にMendeleyにアクセスすると、下図のように「Groups」の「University of the Ryukyus」に「INSTITUTION」が表示されます。

関連リンク

製品サイト
クイックリファレンスガイド(日本語)※PDFファイルへのリンクです。
Quick reference guide(English)※This is a link to PDF File.
引用スタイルの設定・変更方法
サポートコミュニティ(Mendeley for Japanese)