改修中の図書館サービスについて(6月16日現在)

附属図書館(本館)改修工事中の図書館サービスについて、6月16日時点での情報をまとめてお知らせいたします。

★図書は予約制で貸出可能です。
 メールでの事前予約で必要な図書を取り置きします。また、貸出冊数・期間を通常の2倍に増やします。(学部生20冊4週間,院生30冊4週間,教職員40冊8週間,学外者6冊4週間となります)
 なお、閲覧室図書(一般・沖縄資料)及び参考図書について、資料を手に取って利用できるよう部分開館ができないか調整中です。詳細が決まり次第、改めてお知らせします。

★雑誌は無料でコピーを取り寄せできます。
 改修のため利用できなくなった雑誌については、文献複写(ILL)の無料化を実施しています。(学内者のみ)

★窓口を図書館と共通教育棟に設置します。
 7月1日より、共通教育棟1号館1階スタディルームでは、新聞閲覧、大学院生による学修支援、PC60台及びプリンタの利用、ノートPC10台の貸出、17時以降の資料(取り置き本・ILL資料)の受け渡しを行います。(平日20時半まで)

★学内の学習スペースを活用ください。
 前期試験が終わるまでの間、図書館隣の中央食堂ホールが下記のとおり利用できます。
  平日:21時30分まで、土曜のみ:11時半~14時半
 その他、各学部の学習スペースもご利用ください。

 諸事情により日程等が変更となる場合もありますので、最新の情報は、本館改修工事のお知らせページをご覧ください。

本館改修工事のお知らせページへ