講習会・イベントのお知らせ

2018.04.25

【本館】職員コラム「きじむんのどぅーちゅいむにー」平成30年度版第2回掲示をはじめました

第2回


 月一回更新の当館沖縄資料担当の職員によるコラム「きじむんのどぅーちゅぃむにー」の平成30年度第2回のパネル掲示をはじめました。
  このコラムは、本館2階沖縄開架資料室前にて掲示をし、バックナンバーをPDFにて公開しております。
 今年度のテーマは「十二支と琉球・沖縄」です。十二支に登場する動物と琉球・沖縄にまつわるトピックを附属図書館所蔵の貴重書などを交えながらご紹介いたします。
 今年度第2回のコラムのテーマは「午(うま)」です。是非ご覧ください

バックナンバーはこちらからどうぞ



2018.04.23

【2018/5/29】Mathematicaセミナー開催のお知らせ

ウルフラム社の提供する技術計算システムMathematicaの機能を紹介するセミナーを開催いたします。
Mathematicaにご興味をお持ちの方はこの機会に是非ご参加ください。

【関連リンク】
ウルフラム社
Mathematica

【講習会概要】
日時:2018年5月29日(火)15:00~16:30
場所:附属図書館2階ラーニング・コモンズ(プレゼンテーションエリア)

内容(講義形式)

煩わしい手計算はすべてMathematicaにおまかせ!

   線形代数(行列の固有値・固有ベクトル,特異値分解,etc.)
   微分積分,常・偏微分方程式(解析解,数値解)
   整数論,グラフ理論,各種最適化

可視化も簡単!

   2D・3Dプロット,アニメーション作成
   インタラクティブなプロット作成

データ解析もおまかせ!

   外部データ(数値,画像,Excelデータ,音声,etc.)の
   取込み,回帰分析
   統計解析(各種検定,ベイズ統計等)
   Wolfram|Alphaとの連携,計算可能な現実世界のデータに
   アクセス

高度な計算もすぐに実践!

   プログラミング,機械学習(Deep Neural Network, etc.)
   グラッフィクス・画像処理,金融工学計算,並列計算

クラウド上でもWolfram言語!

   Mathematica Online,Programming Lab,
   API/Web formの配備,計算アプリ作成

【参加申し込み】
以下のリンクよりお申し込みください。
お申し込みはこちらから

※本セミナーはサービスの紹介を目的としており、本学での導入を前提としたものではございません。ご了承ください。

2018.04.11

【4/13,20,27金】国際協働ワークショップ 「the Friday Movie Night and Talk」を開催します

 附属図書館グローバル・コモンズ津梁にて、国際協働ワークショップ 「the Friday Movie Night and Talk」が3週連続で開催されます。
 留学生と日本人学生で一緒に映画を観て、その感想や疑問などをシェアし考えを深めるカジュアルなタイプのワークショップとなっています。
 学部学科や国籍を超えて、皆で映画をみて色々話してみましょう。英語も日本語もOK!
 予約不要、参加費無料です。お気軽にご参加ください。

【開催場所】附属図書館2階グローバル・コモンズ津梁

【第1回目】2018年4月13日(金)18:00~20:30
【上映映画】『ザ・トゥルー・コスト』

【第2回目】2018年4月20日(金)18:00~20:30
【上映映画】『もうひとりの息子』

【第3回目】2018年4月27日(金)18:00~20:30
【上映映画】『それでも僕は帰る~シリア若者たちが求め続けたふるさと~』


  

 ※ペットボトルなど密閉できる容器の飲み物のみ持ち込みできます。
  館内マナーに対するご理解・ご協力をお願いいたします。

2018.04.05

【4月11日】JICA沖縄・琉球大学主催プレゼン「青年海外協力隊って?」を開催します

 附属図書館ラーニング・コモンズにて、JICA沖縄・琉球大学主催プレゼン「青年海外協力隊って?」が開催されます。
 青年海外協力隊へ参加された経験者から直接お話を聞ける、またとないチャンスです。
 事前申し込みは不要です。お気軽にご参加ください。

【 日時 】平成30年4月11日(水)13:00~14:20
【 場所 】附属図書館2階ラーニング・コモンズ
【 演題 】「青年海外協力隊って?」
【 講師 】亀谷奈央氏
【問合せ先】国際連携推進課(Tel:098-895-8032)



 ※図書館内へはペットボトルなど密閉できる容器の飲み物のみ持ち込みできます。
  館内マナーに対するご理解・ご協力をお願いいたします。

2018.04.02

【本館】職員コラム「きじむんのどぅーちゅいむにー」平成30年度版第1回掲示をはじめました

第1回


 月一回更新の保存公開係の職員によるコラム「きじむんのどぅーちゅぃむにー」の平成30年度第1回のパネル掲示をはじめました。
  このコラムは、本館2階沖縄開架資料室前にて掲示をし、バックナンバーをPDFにて公開しております。
 今年度のテーマは「十二支と琉球・沖縄」です。十二支に登場する動物と琉球・沖縄にまつわるトピックを附属図書館所蔵の貴重書などを交えながらご紹介いたします。
 今年度第1回のコラムのテーマは「巳(み)」です。是非ご覧ください

バックナンバーはこちらからどうぞ



2018.03.28

第11回びぶりお文学賞受賞作品集を発行しました

biblio-11


「第11回琉球大学びぶりお文学賞」の作品集を発行しました。
無料で配布しておりますので、ご希望の方は、直接琉球大学附属図書館の窓口までお越しください。なお、原則郵送はいたしませんので、来館可能な方に限ります。
電話=098-895-8167
FAX=098-895-8169
メール=tskikaku@to.jim.u-ryukyu.ac.jp (“@”は正しくは半角文字です)

なお、こちらのページから、目次および全文のPDFデータがご覧いただけます。

びぶりお文学賞HPへ

2018.03.07

【3月14日】ダイバーシティ推進セミナーを開催します

 附属図書館ラーニング・コモンズにて、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の一環として、平成29年度「第3回ダイバーシティ推進セミナー」が開催されます。
 講師に欧州基本権機関(FRA)のサミ・ネバラ氏をお迎えし、ヨーロッパにおける人材多様化の事例をご紹介いただきながら、大学として対応すべき課題についてご講演いただきます。
 事前申し込みは不要です。お気軽にご参加ください。

【日時】平成30年3月14日(水)13:30~14:30
【場所】附属図書館 ラーニング・コモンズ
【演題】「大学におけるダイバーシティの実現とは」
【講師】サミ・ネヴァラ (Sami Nevala) 氏(FRA:欧州基本権機関, 統計調査部門主任)
 ※逐次通訳あり。詳細は琉球大学ジェンダー協働推進室のサイトをご覧ください。



 ※図書館内へはペットボトルなど密閉できる容器の飲み物のみ持ち込みできます。
  館内マナーに対するご理解・ご協力をお願いいたします。

2018.03.01

【本館】職員コラム「きじむんのどぅーちゅいむにー」平成29年度版第12回掲示をはじめました

第12回


 月一回更新の当館沖縄資料担当の職員によるコラム「きじむんのどぅーちゅぃむにー」の平成29年度第12回のパネル掲示をはじめました。
  このコラムは、本館2階沖縄開架資料室前にて掲示をし、バックナンバーをPDFにて公開しております。
 今年度のテーマは「琉球・沖縄の古文書」です。琉球・沖縄の古文書資料にまつわるトピックを附属図書館所蔵の貴重書などを交えながらご紹介いたします。
 今年度第12回のコラムのテーマは「古文書の大敵」です。是非ご覧ください

バックナンバーはこちらからどうぞ



2018.02.16

【2月19日】琉球大学ジェンダー協働推進室中間報告シンポジウムを開催します

附属図書館ラーニング・コモンズにて、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」中間報告シンポジウム「女性のリーダーが活躍する大学を目指して」が開催されます。
女性活躍推進に興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。お気軽にどうぞ。

【日時】平成30年2月19日(月)13:30~16:00
【場所】附属図書館 ラーニング・コモンズ
 ※詳細な内容及び事前申し込みは琉球大学ジェンダー協働推進室のサイトをご覧ください。



 ※図書館内へはペットボトルなど密閉できる容器の飲み物のみ持ち込みできます。
  館内マナーに対するご理解・ご協力をお願いいたします。

2018.02.01

【本館】職員コラム「きじむんのどぅーちゅいむにー」平成29年度版第11回掲示をはじめました

第11回


 月一回更新の当館沖縄資料担当の職員によるコラム「きじむんのどぅーちゅぃむにー」の平成29年度第11回のパネル掲示をはじめました。
  このコラムは、本館2階沖縄開架資料室前にて掲示をし、バックナンバーをPDFにて公開しております。
 今年度のテーマは「琉球・沖縄の古文書」です。琉球・沖縄の古文書資料にまつわるトピックを附属図書館所蔵の貴重書などを交えながらご紹介いたします。
 今年度第11回のコラムのテーマは「古文書の蔵書印・蔵書票」です。是非ご覧ください

バックナンバーはこちらからどうぞ