講習会・イベントのお知らせ

2019.07.09

【2019/7/17】判例・海外時事データベース Lexis Advance 講習会のお知らせ

20190717_Lexis_jp 
図書館を会場に判例・海外時事データベース Lexis Advance の講習会を開催します。

Lexis Advance は世界各国の新聞・企業情報・産業情報・人物情報などのビジネス情報を収録したデータベースです。 New York Times、The Washington Postといった米国の主要新聞をはじめ、The Times (London)、South China Morning Post 等の世界各国の新聞を検索できます。
また、米国を中心とした米国連邦法・州法・判例・行政規則・法律雑誌・解説書や書式集(Matthew BenderR の Chisum on Patents、Warren’s Forms of Agreements など)を収録する法情報データベースでもあります。

20190717_Lexis_en
講習会では、提供元のレクシスネクシス・ジャパンの講師が、実習を交えながら検索方法等を案内します。

また、今回は、日本語による回のほか、留学生向けに英語で案内する回が開催されます。
この機会にぜひご参加ください。

■日時
①2019年7月17日(水)13:30-14:30
 使用言語:日本語

②2019年7月17日(水)15:00-16:00
 使用言語:英語

■場所
図書館2階 ラーニング・コモンズ PCエリア
※事前申込み不要です。当日直接会場におこしください。


Lexis Advance

利用案内(日本語版、PDF形式)

Video and PDF (英語)
 ※”Video” や “Literature” のアイコンをお選びください。

2019.07.02

【2019/07/18 Thu.】琉球版人生ゲームを遊んで学ぶ 琉球の歴史と社会 【第2回さいえんす御殿】


さいえんす御殿とは、第一線で活躍されている琉球大学の研究者の方々に、ご自身の研究や取組をわかりやすく紹介していただく企画です。学部・学年・不問、前提知識も不要です。講義や講演会よりもカジュアルな形ですので、(蓋付きの)飲み物片手にご参加ください。

琉球大学の知に満ちた「御殿」で、さまざまな研究に触れてみませんか。

第2回は、本学の人文社会科学研究科で博士号を取得し、現在は県内大学の非常勤講師を勤める傍ら、附属図書館でも勤務されている前田勇樹さんによるものです。

琉球版人生ゲームとも言える「聖人上(シージンアガルー)」を実際に遊んでみます。その後、琉球の歴史や社会がゲームの中にどのように反映されているのかという点を
前田さんに解説していただきます。体験時間内にクリア出来た方には、図書館オリジナルグッズもプレゼントします。


講師:前田 勇樹(博士 附属図書館職員)
タイトル:琉球版人生ゲームを通じて学ぶ 琉球の歴史と社会
日時:2019年7月18日(木) 15:00~16:00(16:00以降も聖人上で遊べます。)
場所:附属図書館2階 ラーニング・コモンズ

ポスター

2019.07.01

【本館】職員コラム「きじむんのどぅーちゅいむにー」令和元年度版第2回掲示をはじめました

第2回


 月一回更新の当館職員によるコラム「きじむんのどぅーちゅぃむにー」の令和元年度第2回のパネル掲示をはじめました。
  このコラムは、本館2階沖縄開架資料室前にて掲示をし、PDF版をWEBページにて公開しております。
 今年度のテーマは「あなたの知らない琉球大学の秘密編」です。
 今年度第2回のコラムのテーマは「よろしく!”びぶりお文学賞”!」です。是非ご覧ください



<本編はこちら>
第2回「よろしく!「びぶりお文学賞」!」
No.2 – Do you know the Biblio Literary Award ?


バックナンバーはこちらからどうぞ



2019.06.25

【原稿募集】第13回琉球大学びぶりお文学賞

多くの学生が創作に取り組んで欲しいとの願いのもと、平成19年度に創設した『びぶりお文学賞』は、今年度で第13回を迎えることとなりました。
本文学賞は、作品の分野は限定しておりません。学生の積極的なチャレンジをお待ちしております。
応募資格は、沖縄県内の大学生(高等専門学校の場合は、本科4年次以上)及び大学院生となっています。

biblio10-poster


【募集締切】令和元年10月31日(木)必着

【発   表】
令和元年12月上旬(予定)

【小説部門】
受賞作1編 副賞 = 海外旅行(20万円以内)またはノート型パソコン(15万円以内)
※海外旅行は受賞した年度末までに帰国できる旅行にかぎります。帰国後に旅行内容を「海外見聞記」として図書館報「びぶりお」に寄稿していただきます。
佳作数編  副賞 = 1編につき図書カード5万円分

【詩部門】
受賞作1編 副賞 = 図書カード5万円分
佳作数編  副賞 = 1編につき図書カード1万円分

【選考委員】
〈小説部門〉西森和広(国際地域創造学部教授)/武藤清吾(教育学部教授)/村上陽子(沖縄国際大学准教授)
〈詩部門〉松原敏夫(山之口貘賞受賞詩人)/宮城隆尋(山之口貘賞受賞詩人)


【応募要領】
1.ジャンルは小説・詩の2部門とし、両部門の重複応募を認めます。
2.日本語で書かれた未発表作品とします。
※同人誌などにすでに発表したものは選考の対象外です。
3.応募資格は沖縄県内に本部が所在する大学・大学院大学・短期大学・高等専門学校に在学する学部学生(高専の場合、本科4年次以上)及び大学院生です。
※ただし、過去において受賞作となった作品の作者は、同一部門に応募することはできません。
4.応募方法
・小説部門の応募原稿は、20枚程度とし、1人1編の応募とします。
・詩部門の応募原稿は、1編2枚以内とし、1人3編までの応募とします。
・小説部門・詩部門ともに、A4判横長用紙にタテ書き、1枚につき30字×40行、文字の大きさは12ポイントとし、ページ番号を入れてください。
・書き始めにタイトル、氏名を明記する。ペンネームも可とします。
・別紙に、住所、電話番号、メールアドレス、氏名①(本名・ふりがな)、氏名②(ペンネーム・ふりがな)、大学名・学部・学科(大学院の場合は研究科)、学年、年齢を記入し、応募原稿に付してください。
・応募用の原稿テンプレートの使用も可能です。→応募用原稿テンプレート
・応募手段は、直接持参、郵送、Eメールのいずれかとします。印刷する場合は右肩を綴じてください。
5.募集締切 令和元年10月31日(木) 必着
6.応募に際しての注意事項
・応募原稿は返却しません。
・個人情報はびぶりお文学賞に関する連絡以外には使用しません。
・入賞作品は冊子『びぶりお文学賞作品集』および琉球大学学術リポジトリにて全文を公開します。応募した時点で公開に同意したものといたします。
7.著作権の取り扱い
・入賞作品の著作権は、琉球大学に帰属します。


【送付先・問合せ先】
〒903-0214 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
琉球大学附属図書館情報サービス課保存公開係
メール:tsokinawa(アット)acs.u-ryukyu.ac.jp ※(アット)は@へ置き換えてください
電話:098-895-8697

【前回のびぶりお文学賞について】
第12回琉球大学びぶりお文学賞作品集(非売品)を、附属図書館本館・医学部分館で配布していますので、ご希望の方はカウンター職員におたずねください。
また、これまでの受賞作品集の全文を琉球大学学術リポジトリにて公開していますので、こちらもぜひご覧ください。


★★第12回びぶりお文学賞作品集を発行しました!★★

びぶりお文学賞HPへ

2019.06.19

【2019/06/28 Fri.】第1回さいえんす御殿(うどぅん) 「農業するシロアリ!」 北條優先生

「さいえんす御殿(うどぅん)」始めました!

さいえんす御殿とは、第一線で活躍されている琉球大学の研究者の方々に、ご自身の研究や取組をわかりやすく紹介していただく企画です。学部・学年・不問、前提知識も不要です。講義や講演会よりもカジュアルな形ですので、(蓋付きの)飲み物片手にご参加ください。

琉球大学の知に満ちた「御殿」で、さまざまな研究に触れてみませんか。

第1回は、研究推進機構の北條優先生から、フィールド調査を通じて発見されたシロアリとキノコの共生関係について、紹介していただきます。

講師:北條優 (研究推進機構 特命講師)
これまでの研究

日時:2019年6月28日(金) 16:00~17:00
場所:附属図書館2階 ラーニング・コモンズ


タイトル:
農業を行うシロアリ キノコシロアリ
~フィールド研究から、沖縄におけるキノコシロアリとその栽培菌オオシロアリタケの共生関係が明らかに!~


概要:
 シロアリ類は家を食い荒らす害虫として悪名高いが、家を食べるシロアリはほんの一握りで、多くのシロアリは落葉、枯木、草、地衣類、腐葉土など、様々な食性を示し、生態系における植物故死体の分解者として重要な役割を果たしている。また、シロアリ類は高度な社会を営むコロニー単位で生活しており、生態学的にも面白い昆虫である。
 私はシロアリ類の中でも、オオシロアリタケと呼ばれる特殊なキノコを栽培する、いわゆる農業を行うシロアリであるキノコシロアリについて、西表島や沖縄島のフィールドを用いて研究を展開してきた。キノコシロアリとオオシロアリタケは、高度な依存関係を示す「共生関係」にあり、その生物現象の進化を探る上では、両者を統合して扱うことが重要である。
 本発表では、日本に生息する唯一のキノコシロアリであるタイワンシロアリと、それらが栽培する2種類のオオシロアリタケ類に関して、シロアリ-キノコの両視点からの、沖縄のフィールドを用いた研究を中心にこれまでの成果について紹介する。


ポスター

担当:附属図書館 電子情報係(mail:tssyscan@acs.u-ryukyu.ac.jp)

2019.06.19

院生の琉大ライフ : 学修相談窓口講習会(Graduate students’ life at University of the Ryukyus: Learning Support Desk Workshop)[2019/7/1-2019/7/12]

附属図書館では大学院生TAがレポートの書き方やそれぞれの専攻分野に関する勉強法などについてアドバイスする学修相談窓口(Learning Support Desk)を開設しています。

7月、学修相談窓口のメンバーが自分の研究テーマなどを発表するイベントを開催します。
大学院生が琉大でどんな研究をしているか聞いてみませんか?
琉大で学修・研究を進める上でのヒントが見つかるかもしれません。

—–
There is “Learning Support Desk” in the library.
Graduate students (Teaching Assistant = TA) at Learning Support Desk, give you some advices on how to write a report or how to study in each major field.

In July, Learning Support Desk members will hold a workshop introducing their research themes.

Why don’t you come and listen to what kind of research the graduate students are doing at University of the Ryukyus?

The workshop can give you some tips for your future studies and researches at University of the Ryukyus.
—–

*学修相談窓口(Learning Support Desk)について
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/?p=13138

場所 (Venue)

図書館2階 ラーニング・コモンズ プレゼンテーションエリア
Library 2F, Learning Commons, Presentation area

日程(Schedule)

①Eco-workshop(エコワークショップ)

日時(Date and time):7月1日(月) 15:15-17:00
担当(Speaker):Giovanniさん(理工学研究科 海洋自然科学専攻)
言語(Language):英語
20190701_LSDWS1

②Marine invertebrates and nudibranchs in Okinawa + Tips on self studying English effectively(沖縄の海洋無脊椎動物とウミウシ+英語を効果的に自学自習するヒント)

日時(Date and time):7月2日(火) 15:30-16:00
担当(Speaker):Kristenさん(理工学研究科 海洋自然科学専攻)
言語(Language):英語
20190702_LSDWS2

③The status of coral reef in Okinawa(沖縄のサンゴ礁の現状)

日時(Date and time):7月4日(木) 13:15-14:15
担当(Speaker):Pieraさん(理工学研究科 海洋自然科学専攻)
言語(Language):英語
20190704_LSDWS3

④理系大学院生の実態(Science graduate student’s life)

日時(Date and time):7月8日(月) 13:15-14:00
担当(Speaker):本屋敷さん(理工学研究科 環境建設工学専攻)
言語(Language):日本語
20190708_LSDWS4

⑤研究と院生生活(文系編)(My research and graduate students life (Humanities))

日時(Date and time):7月12日(金) 15:15-16:00
担当(Speaker):伊佐さん(人文社会科学研究科 琉球アジア文化領域)
言語(Language):日本語
20190712_LSDWS5

2019.05.07

【本館】職員コラム「きじむんのどぅーちゅいむにー」令和元年度版第1回掲示をはじめました

第1回


 隔月更新の当館保存公開係の職員によるコラム「きじむんのどぅーちゅぃむにー」の令和元年度第1回のパネル掲示をはじめました。
 このコラムは、本館2階沖縄開架資料室前にて掲示をし、PDF版をWEBページにて公開しております。
 今年度のテーマは「あなたの知らない琉球大学の秘密編」です。
 今年度第1回のコラムのテーマは「琉球大学千原キャンパスの自然 (前編)」です。是非ご覧ください



<本編はこちら>
第1回「琉球大学千原キャンパスの自然 (前編)」
No.1 – The nature found in the Senbaru campus of the University of the Ryukyus (the 1st part)


バックナンバーはこちらからどうぞ



2019.04.02

第12回びぶりお文学賞受賞作品集を発行しました

biblio-11


 「第12回琉球大学びぶりお文学賞」の作品集を発行しました。
 琉球大学附属図書館内にて無料で配布しておりますので、ご希望の方は
 ご来館ください。
 なお、こちらのページから、全文のPDFデータがご覧いただけます。

 メール=tsokinawa@acs.u-ryukyu.ac.jp (“@”は正しくは半角文字です)

びぶりお文学賞HPへ

2019.04.01

クイズで巡る図書館の旅(琉球大学附属図書館・本館)開催のお知らせ

図書館セルフツアー・ポスター
附属図書館では2019年4月1日(月)から、図書館クイズ企画を開催しています。

探索マップを頼りにクイズを解きながら、館内各所を巡りましょう。クイズをすべて解き終わるころには、図書館の基本的な使い方をマスターしているはずです。
クイズに参加し、アンケートをご記入いただいた方には、琉大図書館オリジナルグッズ(付箋、クリアファイル等)を差し上げます。※グッズの進呈は無くなり次第終了します

琉大図書館の使い方を学びたい方を中心に、どなたでもご参加いただけます。クイズは2種類あるので、お好きなほうをお選びください。もちろん、両方やっていただいても結構です。

 (初級編)新入生や、図書館の基本的な使い方を学びたい学生向け
 (中級編)より多様な資料やその使い方を学びたい学生向け


みなさまのご参加をお待ちしています。


【参加方法】

<1> 図書館玄関近くで配布されている「探索マップ」と「クイズ用紙」を手に入れます。
<2> マップとクイズをてがかりに館内をまわります。すべて終えたら、アンケートを記入し図書館2階カウンターへ向かいます。
<3> カウンター職員とクイズの答え合わせをし、アンケートを提出したら、図書館オリジナルグッズがもらえます。

 ※ 所要時間目安:30分
 ※ クイズ用紙へ記入する筆記用具をお持ちください。


【開催期間】

2019年4月1日(月)~2019年5月31日(金)
※ この期間以降も参加できますが、クイズ関連掲示が少なくなるため、期間内での参加がおすすめです。

2019.03.20

【本館】職員コラム「きじむんのどぅーちゅいむにー」平成30年度版第12回掲示をはじめました

第12回


 月一回更新の当館沖縄資料担当の職員によるコラム「きじむんのどぅーちゅぃむにー」の平成30年度第12回のパネル掲示をはじめました。
  このコラムは、本館2階沖縄開架資料室前にて掲示をし、バックナンバーをPDFにて公開しております。
 今年度のテーマは「十二支と琉球・沖縄」です。十二支に登場する動物と琉球・沖縄にまつわるトピックを附属図書館所蔵の貴重書などを交えながらご紹介いたします。
 今年度第12回のコラムのテーマは「辰」です。是非ご覧ください

バックナンバーはこちらからどうぞ